三菱住宅用太陽光発電システム 光熱費シミュレーション

Mitsubishi Electric | 三菱電機

Q.2取り付け方向を選択してください

我が家はいくらお得!?
取り付け方向 1
取り付け方向 2
取り付け方向 3

※最大3方向の屋根面への設置をシミュレーションできます。
複数方向へ設置する場合は、「取り付け方向 2、取り付け方向 3」の方向を選択してください。

戻る
次へ

Q.3 システム容量を選択してください

我が家はいくらお得!?
方角 kW
方角 kW
方角 kW

※値が大きいほど発電量が多くなります。
(例) 225W×15枚=3.4kW | 225W×20枚=4.5kW | 225W×25枚=5.6kW
システム容量は合計10kW未満としてください

戻る
次へ

Q.4 現在の光熱費を入力してください。

電気

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

ガス

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

灯油

使用しない
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
我が家はいくらお得!?
戻る
次へ

シミュレーション結果

  • 現在の光熱費/年
  • うち、電気料金/年
  • 導入後の光熱費/年
  • うち、電気料金/年
  • 光熱費削減額
  • 年間で約円削減

年間推定発電量 kWh/年

  1. 本シミュレーションでの年間推定発電量と電気料金換算額は、実際の設置時の導入効果(発電量と電気料金額)を保証するものではありません。あくまで目安としてお使いください。
  2. 年間推定発電量と電気料金換算額は、計算方法や選定機器、設置条件、お客様の生活パターンなどの違いにより他のシミュレーションの値と異なることがあります。
  3. 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構/財団法人日本気象協会「年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)」(平成24年3月)の日射量データを用いて算出しております。
  4. 太陽電池容量はJIS規格に基づいて、算出された太陽電池モジュール出力の合計値です。瞬時発電電力は最適条件(真南設置時・設置角度30°)の場合、最大でも次の損失により太陽電池容量の70〜80%程度になります。太陽電池損失/素子温度上昇による損失:4〜5月及び10〜11月…15%、6〜9月…20%、12〜3月…10%。パワーコンディショナ(PV-PN44KX)損失:2.0%、その他損失:2%(配線・回路ロス)。更に実使用時の出力は日射の強さ・設置条件(方位・角度・影などの周辺環境)、地域差及び温度条件、受光面の汚れによる経年劣化により異なります。
  5. 電気料金換算額は、年間推定発電量を各電力会社にて2015年4月から新たに太陽光発電システムをご契約された場合の売電価格にもとづき33円/kWh(出力制御対応機器設置義務なし)で算出したものです(2015年4月現在)。また、電気料金は、平成27年4月1日時点の従量電灯B・電力量料金単価・第2段階料金(東京電力)の1kWhあたりの単価25円91銭をもとに、月間の電気使用量を450kWhとし算出しています。なお、売電価格は年度ごとに見直されるため、売電単価が変更になることがあります。

変更する
変更する
変更する
変更する
  1. 本シミュレーションでの年間推定発電量と電気料金換算額は、実際の設置時の導入効果(発電量と電気料金額)を保証するものではありません。あくまで目安としてお使いください。
  2. 年間推定発電量と電気料金換算額は、計算方法や選定機器、設置条件、お客様の生活パターンなどの違いにより他のシミュレーションの値と異なることがあります。
  3. 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構/財団法人日本気象協会「年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)」(平成24年3月)の日射量データを用いて算出しております。
  4. 太陽電池容量はJIS規格に基づいて、算出された太陽電池モジュール出力の合計値です。瞬時発電電力は最適条件(真南設置時・設置角度30°)の場合、最大でも次の損失により太陽電池容量の70〜80%程度になります。太陽電池損失/素子温度上昇による損失:4〜5月及び10〜11月…15%、6〜9月…20%、12〜3月…10%。パワーコンディショナ(PV-PN44KX)損失:2.0%、その他損失:2%(配線・回路ロス)。更に実使用時の出力は日射の強さ・設置条件(方位・角度・影などの周辺環境)、地域差及び温度条件、受光面の汚れによる経年劣化により異なります。
  5. 電気料金換算額は、年間推定発電量を各電力会社にて2015年4月から新たに太陽光発電システムをご契約された場合の売電価格にもとづき33円/kWh(出力制御対応機器設置義務なし)で算出したものです(2015年4月現在)。また、電気料金は、平成27年4月1日時点の従量電灯B・電力量料金単価・第2段階料金(東京電力)の1kWhあたりの単価25円91銭をもとに、月間の電気使用量を450kWhとし算出しています。なお、売電価格は年度ごとに見直されるため、売電単価が変更になることがあります。

テキストテキストテキストテキスト

OK