ここから本文

宇宙システム総合サイト

人工衛星 通信・放送衛星

Es'hail 2

カタールの国営衛星通信事業者であるEs'hailSat(エスヘイルサット)社から受注した通信衛星です。
2011年に当社が受注した「TURKSAT-4A/4B」に続く海外商用衛星で、日本の衛星メーカーとして、アラブ諸国から人工衛星を受注したのは初めてです。

納入先 Qatar Satellite Company (Es’hailSat)
打ち上げ時期 2018年
打ち上げロケット ファルコン9
打ち上げ場所 ケープカナベラル
軌道 静止軌道
質量
電力
設計寿命 15年以上
当社担当 プライムコントラクター

累計16機目の「DS2000」衛星

当社の標準衛星バス「DS2000」を使用した衛星としては16機目、商用通信衛星としては5機目となります。そのうち4機※1が軌道上で運用中であり、これら軌道上での高い信頼性と品質の実績により今回の受注に至りました。
当プロジェクトは衛星の納入のみならず、地上局と技術者へのトレーニングサービスもあわせて提供します。

※1: スーパーバードC2号機(スカパーJSAT)、ST-2(シンガポール/台湾)、TURKSAT-4A(トルコ)、TURKSAT-4B(トルコ)

カバーエリア

「Es’hail 2」は、2018年に打ち上げが予定されています。打ち上げ後は東経26度に位置し、中東・北アフリカ地域のアルジャジーラやべインスポーツといった大手放送局の直接放送サービスや政府向け通信サービスなどに加えて、世界で初めて静止軌道上からのアマチュア無線サービスに利用される予定です。

当ページで使用している画像の著作権は、三菱電機株式会社に帰属します。無断での使用や転載を禁止致します。

ページトップへ戻る