ここから本文

SMART QUALITY(スマートクオリティ)

SMART QUALITY

あしたを暮らしやすく、毎日を豊かなものに。MAGAZINE

MAGAZINE TOPへ

杏さんスペシャルインタビュー

歴史から学ぶ

後悔のないように、瞬間瞬間を大切に生きていく。

読書家・歴女としても知られる杏さんに歴史から学んだ毎日の暮らしで大切にしていることを教えていただきました。

歴史に魅かれたのは、新選組がきっかけ

中学生の頃、友達が貸してくれた『風光る』という漫画に夢中になりました。主人公は女性であることを隠して新選組に入隊した女性剣士。エピソードが具体的なうえに時代背景もしっかり描かれていて、妙にリアルなのです。若者たちが国の未来を憂い、命を賭けてぶつかりあった幕末という時代。私は一気に幕末の虜になりました。

こうなると学校の歴史の授業も俄然面白くなり、いろいろな時代に興味が向くようになりました。私の祖父が歴史好きで、質問するといろいろな話を聞かせてくれたことも、歴史への興味に拍車をかけたと思います。祖父は私の質問に合わせて自分の蔵書の中から本を送ってくれるようになり、新選組の本もたくさんもらったのですが、池波正太郎さんの『幕末新選組』がとくに印象に残っています。

歴史が教えてくれたこと

歴史を知ると、今私が生きているこの瞬間も歴史の一部なのだと感じます。NHK大河ドラマ『平清盛』では、北条政子を演じました。ご存じのように、政子は尼将軍と呼ばれ、鎌倉幕府で絶大な権力を振るった女性ですが、おなかを痛めた子どもたちを権力闘争の末にすべて失ってしまいます。私は頼朝の挙兵を後押しする若き日の政子を演じながら、「政子はこの後の自分の人生に悲劇的な事件が待っていることを知らないんだ」と思い続けていました。政子に限らず、歴史の断面ではすべての人が未来の自分になにが起きるのか、わからないまま生きています。突然の悲劇が襲いかかったとき、誰もが自分になにが起きたのかとっさに呑み込めないでしょうし、後悔しない人もきっといないでしょう。そう考えると、私自身に少しでも後悔のないように一日一日を一生懸命生きていきたい。あとから「これもやりたかった、あれもやりたかった」という想いを残さないように。

日々の小さなチョイスがとても大切に思えるようになったのも、きっと歴史を知るようになったからだと思います。瞬間瞬間を大切に生きていく大切さを、歴史が教えてくれました。

  • SMART QUALITY LIFE
  • おいしいごはんのある暮らし
  • 歴史から学ぶ