弊社製品を安全・上手にお使いいただくために

テキスト版ページへ

ルームエアコンを安全にお使いいただくために

ルームエアコンを安全にお使いいただくために以下の事項をお守りください。

設置に関するご注意 のページへご使用上の注意 のページへお手入れ・その他のご注意 のページへ

設置に関するご注意

  • つぎのような所では使わない。
  • ・可燃性ガスが漏れるおそれのある所(発火の原因になります。)
    ・高周波機器や無線機器などがある所(誤動作の原因になります。)
    ・機械油が多い所(樹脂の破損の原因になります。)
    ・油の飛まつや油煙がたちこめる所(樹脂の破損の原因になります。)
    ・海浜地区など塩分が多い所(腐食による冷媒漏れの原因になります。)
    ・温泉地など硫化ガスが発生する所(腐食による冷媒漏れの原因になります。)
    ・積雪により室外機がふさがれる所
    ・クレーン車や船舶など移動するものへの設置

  • 電源はエアコン専用を単独で使用する、延長コードは使わない、中間接続は行わない。
  • 発火や火災の原因になります。

  • 電源プラグは下向きに差し込む。
  • 発熱や発火の防止になります。

  • 差し込みが緩いコンセントは使わない。
  • 感電や発火の原因になります。

  • アースを確実に行う。
  • 感電や火災の防止になります。

  • 漏電遮断器を取り付ける。
  • 感電や火災の防止になります。

  • 長期間の使用で傷んだ据付台などを使用しない。
  • ユニット落下やそれに伴うけがなどの原因になります。

  • 指定以外の冷媒を機器内に封入しない。
  • 機械的不具合、誤作動や故障を起こし安全性確保に重大な障害をもたらす原因になります。

▲ ページトップに戻る

ご使用上のご注意

  • 長時間冷風を体に直接あてたり、冷やし過ぎない。
  • 体調悪化や健康障害の原因になります。

  • 燃焼器具と一緒に運転するときは、エアコンの風が直接あたらない所に置く、こまめに換気する。
  • 不完全燃焼や酸素不足の防止になります。

  • 吹出口や吸込口をふさいだり、指や棒などを入れない。また、室内機や室外機の吸込口やアルミフィンにさわらない。
  • けがの原因になります。

  • エアコンに水をかけない。
  • 感電や発火の原因になります。

  • 殺虫剤や可燃性スプレーなどを吹きつけない。
  • 火災や変形の原因になります。

  • 室外機の上に乗ったり、物を載せない。
  • 落下や転倒によるけがの原因になります。

  • 電池について。
  • ・乳幼児の手の届く所に置かない(誤飲の原因になります。)
    ・乾電池の交換は2本とも新品にする(発熱、液漏れや破裂の原因になります。)
    ・充電したり火の中に投入しない(液漏れ、破裂や発火の原因になります。)

  • 長期間使用しないときは、電源プラグを抜くか、ブレーカーを切る。
  • ほこりによる発熱や発火の防止になります。

  • 濡れた手で操作したり電源プラグを抜き差ししない。
  • 感電の原因になります。

▲ ページトップに戻る

お手入れ・その他のご注意

  • エアコンのクリーニングについてのご注意
  • エアコン内部の洗浄は熱交換器などの汚れを除去する方法が一般的ですが、その洗浄方法や使用する洗浄剤の選定・取り扱い・処理に高い専門性が必要です。お客様自身で実施したり、正しい洗浄剤の選定と洗浄方法で行わないと、内部部品の破損による水漏れや電気部品の故障などを引き起こすことがあります。 エアコンの内部洗浄は、高い専門知識を有する業者に依頼をしてください。 「お買い上げの販売店」や「三菱電機修理受付センター」にご相談してください。
  • もし、誤った洗浄剤の選定・使用方法で内部洗浄を行うと、エアコン内部に残った洗浄剤で、樹脂部品の破損・電気部品の絶縁不良などが発生し、エアコン自体が運転できない故障となったり、最悪の場合は、発煙・発火につながる恐れがあります。

  • クリーニングの注意事項
    ■電気部品、ファンモーターなどには“絶対に”洗浄剤がかからないこと。
    ■洗浄剤は、樹脂材(プラスチック)をおかさない適正なものを使用すること。
    ■樹脂部品に損傷を与えるような高温高圧スチームでの洗浄を行わないこと。
    ■汚れが排水経路に詰まらないように十分にすすぎを行うこと。

    <エアコン内部の洗浄を行われたお客様へ>
    お客様自身で実施したり、誤った洗浄剤の選定や使用方法で内部洗浄を行い、エアコン内部に洗浄剤が残っていると、樹脂部品の破損や電気部品の絶縁不良などが発生し、エアコン自体が運転できない故障となったり、最悪の場合は、発煙や発火につながるおそれがあります。

    下記のような症状(異常)が見られる場合は、運転を停止し、電源プラグを抜いて、「お買い上げの販売店」や「三菱電機修理受付センター」にご連絡いただき、点検サービス(有料)をお受けください。
    ・焦げ臭いにおいがする
    ・風量や温度調節ができない
    ・リモコンで停止しても、運転が止まらない
    ・リモコンで運転しても、すぐ停止する
    ・異常な振動や音がする

  • エアコンの操作やお手入れは不安定な台で行わない。
  • 転倒によるけがの原因になります。

  • フィルターの取付け時などに金属部(熱交換器)に触らない。
  • けがの原因になります。

▲ ページトップに戻る