このページのメインコンテンツへ
ホーム機器トップページに戻る
会社情報 のページへ
商品情報 のページへ
品質方針 のページへ
環境方針
採用情報 のページへ
環境方針
環境基本理念
三菱電機ホーム機器株式会社は、未来の人々と地球環境を共有しているとの認識の下、地球環境の保全が経営の最重要課題の一つと位置付け、これまでに培った技術や新たに開発する技術を用いて、「小型・軽量」、「高性能」で「省資源」、「省エネルギー」に配慮した製品の開発・生産・提供を通じ、グローバル環境先進企業として地球の資源や生物多様性を犠牲にすることなく、「持続可能な社会」と「安心・安全・快適」な生活が両立する豊かな社会実現に向け貢献します。
環境基本方針
1. 環境マネジメントシステムを経営管理システムの一つと位置付け、ライフサイクルの視点を持って環境保全活動を推進し、環境負荷低減に努めると共に、環境目標を設定して継続的改善を図ります。
2. 環境保全に関する法規制及び当社が同意する要求事項を順守するとともに、自主管理基準を設定し環境保全レベルの向上に努め、環境経営基盤の強化、CSR・コンプライアンス徹底を図ります。
3. 環境に配慮した製品づくり(エコプロダクツ)を推進します。
(1) 低炭素社会への対応として、製品の消費・待機電力等の効率化を図り、製品使用時のCO2削減貢献量を拡大します。
(2) 循環型社会の形成のために、製品の長寿命・軽量化、包装材削減・再生材活用等による3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進します。
(3) 有害物質(RoHS2,REACH等)の製品への不使用管理の徹底を図ります。
(4) サプライチェーンを通じたグリーン調達を推進します。
4. 生産の効率化を推進し、環境負荷の小さい工場(エコファクトリー)を目指します。
(1) 環境負荷低減のために、電気を主とするエネルギー使用削減・フロンガスの大気排出予防による生産時CO2排出削減を推進します。
(2) 資源の有効利用を図るため廃棄物の発生を抑制し、分別による効率的な再利用と再資源化によりゼロエミッションを推進します。
5. 物流の効率化を推進し、温室効果ガス排出の少ない物流(エコロジス)を目指します。
6. 当社で働く人及び当社のために働く人に対し環境教育を実施し、環境方針を周知し、自然共生社会への貢献を行い環境マインドを育成します。
7. この方針は、一般の人にも開示します。
2019年05月20日発行(第13版)
代表取締役社長  横山 淳一
▲ ページトップに戻る