ビルマネジメントシステム

ビル管理システム

ビル設備運用システム&プランニング

Facima

Facimaからのご提案

ビルの運用に、ファシーマからのご提案

ファシーマは、「省エネ」「BEMS」「セキュリティー」「BACnet」「運用サポート」の5つの視点から、
ビル運用のこれからのスタイルをご提案します。

BACnetご提案:
既存設備を活かしつつ、管理を高度化するには。

国際標準プロトコル「BACnet」対応のオープンなシステム。

空調に照明、受変電など、ビル機能は数多くの設備によって支えられています。どのビルでもそれらはみなメーカーも導入時期も異なります。つまりビル管理システムはオープンなシステムであることが重要なのです。「ファシーマBAシステム」・「ファシーマBAシステム touch」は国際標準のプロトコル「BACnet」などに対応。ビル管理システムの更新も既存設備をそのまま活かしたシステム構築が可能です。

対応プロトコル

BACnet A Data Communication Protocol for Building Automation and Control Networks。国内において、ビル設備のサブシステム間の通信として、一般に広く使用されています。ISO国際化標準の規格になっています。
CC-Link/MELSECNET シーケンサ間を接続し、制御と情報を同時に扱うことができる高速フィールドネットワークです。CC-Linkは、ISO国際化標準の規格になっています。
IPv4/v6 インターネットプロトコルのバージョンです。IPv6のアドレス空間は、現在主流のIPv4に比べ、飛躍的に大きくなっています。
L/NET ローカル機器を接続するための、三菱電機独自のネットワークです。省施工と省配線が特長です。

システム図

システム図

システム図

システム図

ページトップへ戻る