ここから本文

地域ビジネス活動

北陸支社

展示会・セミナー

終了しました

三菱電機グループ総合展示会2018 in 北陸

概要
名称

三菱電機グループ総合展示会2018 in 北陸

会期

2018年11月14日(水)10:00~19:00
2018年11月15日(木)10:00~16:00

開催場所・住所

石川県産業展示館1号館
【住所】金沢市袋畠町南193番地MAP
【交通機関】
■最寄の交通機関
 JR金沢駅から
 --北鉄バス 「下安原」行に乗車、「袋畠町西部緑地公園」下車後、徒歩5分
 --北鉄バス 「済生会病院」行に乗車、「西部緑地公園」にて下車
 --タクシーで約15分
■お車でお越しの場合
 北陸自動車道/金沢西インターから車で5分

入場料

無料です。
ご来場の際は、弊社グループ会社よりお渡しする招待状に同封された
「ご来場者カード」とお名刺2枚をご持参ください。

セミナー申し込み

お申し込み受付は終了しました。

締め切り

2018年11月8日(木)までにお申し込みください。
※定員となり次第、受付を終了させていただきます。

定員

各セミナー定員100名

対象

本展示会は三菱電機グループのお客様向けプライベート展示会です。
ご来場の際は、弊社グループ会社よりお渡しする招待状に同封された
「ご来場者カード」とお名刺2枚をご持参下さい。

主催・お問合せ先

 【お問合せ先:展示会事務局】
三菱電機株式会社 北陸支社 事業推進部 企画課
電話:076-233-5523 FAX:076-233-5520
E-mail:info-rkkb@nw.MitsubishiElectric.co.jp

特別講演
11月14日(水)

13:30~14:30(60分)

タイトル:
e-F@ctoryと知能化ロボットが実現する自動化ソリューション
講師:
三菱電機株式会社 名古屋製作所
ロボット製造部 ロボットテクニカルセンター
センター長 荒井 高志
概要:
FA技術およびIT技術を活用し、モノづくり全般に渡るコストを削減するe-F@ctoryとそれを支える知能化ロボットについてご紹介します。
11月15日(木)

13:30~14:30(60分)

タイトル:
ZEBが拓くこれからの省エネビルと三菱電機の取組み
講師:
三菱電機株式会社
ビルシステム新事業企画部
部長 松下 雅仁
概要:
ZEBとは何かを基礎からわかりやすく解説するとともに、ZEBの設備設計支援から竣工後の保守・運用サービスまでワンストップで対応する三菱電機の取組みについてご紹介します。
セミナー内容 / 時間
11月14日(水)
No.1

14:45~15:35(50分)

タイトル:
賢い補助金の活用 -空調・冷熱-
講師:
三菱電機株式会社
リビング・デジタルメディア事業本部
空調冷熱事業部 美濃 弘基
概要:
毎年、公募が継続されている「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金(エネ合補助金)」を中心に特長と採択傾向をご紹介します。
No.2

15:50~16:40(50分)

タイトル:
準天頂衛星利活用事業への取組み
講師:
三菱電機株式会社
戦略事業開発室
準天頂衛星利活用ソリューション検討チーム
小山 貴史
概要:
準天頂衛星システムセンチメータ級測位補強サービスを活用した高精度衛星測位ビジネスについてご紹介します。
11月15日(木)
No.3

11:00~11:50(50分)

タイトル:
IoTで変わるものづくり経営
講師:
株式会社エクス
代表取締役社長 抱 厚志
概要:
IoTやAIの登場でものづくり経営は大きな変革を求められています。モノがインターネットに繋がる時代に勝ち残るものづくり経営には何が必要なのでしょうか?本セミナーでは、最近のトレンドが意味するものを解説し、IoT時代に求められるものづくり経営について考察します。
No.4

14:45~15:35(50分)

タイトル:
三菱電機のAI技術への取組み
講師:
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
メディアインテリジェンス技術部門
部門長 三嶋 英俊
概要:
三菱電機のAI技術(Maisart)の取組みについてご紹介します。基盤技術としてディープラーニング等、当社の特徴的な技術について述べ、いくつかの応用事例について説明します。

ページトップへ