ここから本文

地域ビジネス活動

四国支社

支社だより・活動報告

「第30回全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)」への協賛

当社は高知県の「まんがを高知県の貴重な文化資源として位置付け、まんがによる地域間・世代間の交流と高校生の文化活動を支援する」という主旨に賛同し、全国高等学校漫画選手権大会(通称:まんが甲子園)に第1回から連続協賛しております。
まんが甲子園は、「高校ペン児」と呼ばれる国内外の高校生たちが学校単位でチームを組み、出題されたテーマに沿って1枚の紙に「まんが」を描き、画力・想像力を競い合う大会で、予選を勝ち抜いた40校は最優秀賞を目指し高知県内の会場で作画を行います。
昨年は新型コロナウィルス感染対策のため開催中止となりましたが、今年は8月6~7日の2日間、高知・東京のスタジオと本選出場40校(海外含む)をWeb会議システムで繋ぎ、熱戦の模様をインターネットで生配信する大会史上初のオンライン形式で開催されました。
決勝戦のテーマは『30度目の正直』で競技が行われ、当社が贈呈する「三菱電機賞」は、新居浜工業高等学校(愛媛県)が受賞。副賞として「三菱空気清浄機」を贈呈。

【受賞作品】
子供のために目玉焼きを作るお父さんが何度も失敗を重ね30回
目で成功したシーンを描いた一コマ。