このページの本文へ

ここから本文

これからのビル運営に欠かせないサービスロボットの移動を支援

変化に対応するスマートオフィス 三菱電機 これからのビル運営に欠かせないサービスロボットの移動を支援変化に対応するスマートオフィス 三菱電機 これからのビル運営に欠かせないサービスロボットの移動を支援

左)SEQSENSE社のセキュリティーロボット「SQ-2」
右)ZMP社の宅配ロボット「DeliRo™」

人手不足や新型コロナウイルス感染防止で、サービスロボットへのニーズが高まる中、課題となるのがロボットの円滑なビル内移動だ。三菱電機ではIoTプラットフォーム「Ville-feuille(ヴィルフィーユ)」を開発、これを活用したロボット移動支援サービスの提供をスタートした。

三菱電機の「Ville-feuille(ヴィルフィーユ)」は、クラウド上に蓄積したビル設備データの利活用を可能にする、オープンなIoTプラットフォームだ。

「社会環境が大きく変化する中で、これからのビルには、従来の安全・安心、省人・省力、省エネルギーに加え、働きやすさやWellnessなどの新しいニーズへの対応はもちろん、今後新たに生まれてくる未来のニーズにもタイムリーに応えるスマートさが求められます。そうした“スマートビル”を実現するための基盤として開発したのが“Ville-feuille”です。このプラットフォームを活用することで、運用コストの削減やビルの価値向上など、ビルが抱えるさまざまな課題解決に資するサービスを順次提供していくことができます」

三菱電機ビル事業部スマートビル新事業企画部の杉山智昭氏はそう説明する。

杉山 智昭の写真
三菱電機株式会社ビル事業部
スマートビル新事業企画部
サービス事業推進課
杉山 智昭

エレベーターと連動してロボットの移動を支援

同社は今年10月に、Ville-feuilleを活用した新たなビル運用支援サービスを発売。その第1弾が「ロボット移動支援」である。警備、清掃、搬送などの自走式サービスロボットの位置情報を基に、エレベーターや入退室管理システムなどのビル内設備を制御し、ロボットの円滑なビル内移動を支援するサービスだ。

Ville-feuille 概念図

「労働力不足への対応や新型コロナウイルス感染拡大防止を目的に、サービスロボットへのニーズが高まっています。ビル内で自走式サービスロボットを効率よく活用し、その機能を最大限に発揮させるためには、エレベーターとの連携によるロボットの縦移動実現が不可欠でした」

Ville-feuilleが、ロボットのリクエストと位置情報から最適なエレベーターを呼び出し、ロボットに対しては適切な乗降タイミングを指示する。ロボットが細かいエレベーター制御をする必要がないため、ロボットメーカーの設計・開発への負担も少ない。複数台数・用途のロボットを同時に運用することも可能になり、ビル管理のための人手不足を補うとともに、省力化を進めることもできる。

将来的には入退室管理システムとの連携も予定している。ロボットがセキュリティーゲートや自動ドアを通過する際に、入退室管理システムにロボットの通行権限を認証させて、ゲートや扉の解錠や通行のタイミングの指示を行うことで、セキュリティーを確保したシームレスなロボットの横移動が可能になる。

現在、ロボットの通行や接近をアニメーションライティング誘導システムで知らせる仕組みも開発中だ。視認性の高い光のアニメーションを用いたサインを床面に表示してロボットの運行を知らせることで、いきなりロボットが現れることへの心理的衝撃を和らげ、人とロボットの安全な通行を支援する。こうした設備連携が、ロボットと人が共存するスマートビルの実現を推進するのである。

ビルの枠を超えてスマートシティ化にも貢献

「ロボット移動支援サービスを導入すれば、例えばビルの入り口で荷物を受け取った配送ロボットが、ビル内のセキュリティーゲートやエレベーターを通って各フロアの部署に荷物を届けるという、サービスロボットによるラストワンマイルの配送作業も可能になります。警備や清掃、消毒を含めて、各種のサービスロボットがビル内を違和感なく動き回る、ロボットフレンドリーな環境が実現します」

ロボット移動支援サービスを導入できるのは、三菱電機製エレベーターを導入するビルに限られる。従来は大規模ビルなどに導入するエレベーターへの特注対応が中心だったが、10月8日に発売した最新の標準形機械室レスエレベーター「AXIEZ-LINKs(アクシーズリンクス)」は、Ville-feuilleのロボット移動支援サービスとの連携が可能だ。標準形エレベーターでの対応が可能になったことで、中小規模ビルにおけるロボット活用の可能性が広がった。

Ville-feuilleとは、「都市」を意味する「Ville(ヴィル)」と、「千の葉」の意味を持つ洋菓子「Mille-feuille(ミルフィーユ)」を掛け合わせた造語で、「都市やビルへ多くの価値の葉を繁らせる」という意味がある。杉山氏は、枝葉を広げる意味をこう説明する。

「Ville-feuilleは、あらゆるニーズや環境変化に対応して発展し続けるもの。時代に応じた、その時々の価値を次々と提供し続けていくことで、スマートビルが有機的につながるスマートシティの構築にも貢献していきたいと考えています」

ロボット移動支援サービスの特長

ビル内の設備とつながり、人とロボットが共存する環境を提供する

  • 1エレベーターと連携し、フロアをまたいだロボットの稼働を実現
  • 2入退室管理システムと連携し、セキュリティーを確保しつつシームレスな横移動を実現(将来)
  • 3ロボットの通行や接近を人に通知し、安全と安心を提供(将来)

自走式サービスロボットが
稼働する最先端スマートビル

「ビル管理でのサービスロボット導入は必然」と語るのは、今年9月に開業した大規模複合施設「東京ポートシティ竹芝」(東京都港区)のビルマネジメントに携わる東急不動産の森智章氏だ。東京ポートシティ竹芝は、地上40階、地下2階のオフィスタワーと隣接する18階建てのレジデンスタワーから成る街区。JR山手線の浜松町駅、新交通ゆりかもめの竹芝駅から近く、すぐそばに東京湾を望むエリアでの新たな街づくりの中核施設である。

東京ポートシティ芝浦
東京ポートシティ芝浦

森氏は、これまで幾つも複合施設の管理を担当してきた中で、ビルの清掃員と警備員の確保が年々難しくなっていく状況を見てきた。少子超高齢化で人口が減っていくと予測される中、いかにして快適な環境を整備し、サービスを提供するかという課題に、ロボットやAIの活用は欠かせないという。

そのため、三菱電機のロボット移動支援サービスをいち早く導入し、現在、SEQSENSE社の警備ロボットの「SQ-2」が6階以下の下層階を巡回している。

森 智章氏の写真
東急不動産 東京ポートシティ竹芝
マネジメントオフィス
森 智章氏

「自走式サービスロボットとエレベーターとの連携は、実に効率的です。フロアごとにロボットを配置するか、別フロアに移動させるために人手を必要とすることにかかるコストが不要で、自走式のメリットを最大限生かすことができます。今後さまざまなサービスロボットを導入していく上でも、メーカーを問わないシステムの汎用性の高さが導入の決め手になりました」

警備ロボット「SQ-2」がエレベーターから出てくる写真
東京ポートシティ竹芝で稼働しているSEQSENSE社の警備ロボット「SQ-2」。エレベーターと連携してフロアをまたいで巡回中。

東京ポートシティ竹芝では、これからのスマートビルの環境整備と効率的な運用に向け、先端技術を活用したさまざまな実証実験が行われている。サービスロボットの運用を含め、スマートビルの新たなスタンダードが生まれる施設に違いない。

2020年11月28日号「週刊ダイヤモンド」
※この記事は週刊ダイヤモンドからの2次転載です。

ページトップへ戻る