展示会・セミナー
テキスト版
プリントする

宙博 2010

宙(そら)から始まる環境エネルギー革命

名称
宙博 2010
会期・開場時間
2010年10月29日(金)〜31日(日) 3日間
10:00〜17:00(入館は閉場の30分前まで)
当社出展概要(出展コンセプト、展示物等)
三菱電機では、高度なノウハウと技術力によって数多くの人工衛星などの宇宙機を開発してきました。
コミュニケーションインフラを担う「通信・放送衛星」、気象や災害予防に役立てる「地球観測衛星」、高精度の位置情報検出を目的とした「測位衛星」、国際宇宙ステーションの日本モジュールやステーションへの物資補給機など、幅広い分野での技術提供で世界の宇宙事業に貢献していきます。
本展示会では、当社が開発した宇宙機のうち、4機を高精度の模型で紹介するとともに、当社の宇宙事業を動画でわかりやすくご案内いたします。
主な出展物
  • みちびき(QZS)
  • 宇宙ステーション補給機(HTV)
  • いぶき(GOSAT)
  • スーパーバードC2
当社出展品関連サイト
開催会場名・住所
科学技術館(日本科学技術振興財団)
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1
当社ブース出展場所(ホール番号/小間番号)
9号館
入場料
1,500円  
主催
宙博実行委員会
展示会公式サイト
http://www.sorahaku.jp/新しいウインドウで「宙博 2010」ページが開きます