課題省エネ|自動運転|MaaS|コスト削減
テーマ安全|ロボット|農業|高精度|エンターテイメント

省エネ・高効率な輸送サービスに貢献する
隊列走行を支援する技術です。

技術概要

高精度地図と高精度測位を利用した隊列走行支援システムを実現

  • インフラ通信システムから提供される高精度地図データと、車両に搭載されたセンサやプロセッサユニット等から取得される高精度測位結果を利用することで、複数車両の隊列走行を支援します。
  • 隊列の先頭車両は、高精度地図と高精度測位結果の照合により予定走行ルートからの位置ずれ情報を演算し、追従車両に送信します。隊列の追従車両は、先頭車両から提供された位置ずれ情報と先頭車両のセンサ追尾情報を用いることで、先頭車両を高精度に自動追従することが可能になります。
高精度地図と高精度測位を利用した隊列走行支援システムを実現
高精度地図と高精度測位を利用した隊列走行支援システムを実現

隊列走行支援システムを各種アプリケーションに適用し、運用面の効率化を実現

  • 人や物の輸送を伴う各種アプリケーションにおいて、本技術を適用できます。これにより、輸送エネルギーの削減、運用の高効率化を実現します。
適用例 効果
車両 複数の車両(トラック、バス、タクシー等)の隊列走行により、空力抵抗減による車両動力の削減と、追従車両の自動走行による運用面での効率化を実現。割り込みによる交通事故削減で安全運転を実現。
工場内物品搬送 工場内での複数の搬送パレットの隊列自動搬送による物品搬送効率の向上、追従搬送パレットの位置センサレスによる安価で高精度な追従誘導を実現。

活用イメージ

  • 道路輸送などのモビリティ分野で活用いただけます。
  • 車両分野以外においても、船舶、介護・福祉向けロボット、農業機械、社会インフラ保全、位置情報サービス、エンターテイメント等の各種アプリケーションでの応用も可能です。

提供ライセンス

ライセンス
方式
関連特許のライセンス(非独占的通常実施権)
関連特許 特許第5342556号ほか
技術指導 条件次第で相談可

※本ページの記載は2022年3月時点の情報に基づくものであり、特許の権利状況等は最新状況と異なる場合があります。

SDGsへの取組

  • 住み続けられるまちづくりを

SDGsとは?