経済安全保障

近年、米国と中国の間で国際社会における主導権争いが激化する中、三菱電機グループは、幅広い先端技術分野について米中両国を含む世界各地でグローバルに事業を展開するとともに、防衛・宇宙分野の事業にも携わっており、各国の経済安全保障政策が企業活動に大きな影響を与えています。そこで、個別規制に対する従来の取組に加え、経済安全保障環境のダイナミックな変化に対応するため、社長直轄の「経済安全保障統括室」を設置しました。政策動向や法制度を調査・分析し、全社における輸出、情報セキュリティ、投資、開発等に関わる経済安全保障の俯瞰的な視点から統合的なリスク管理を行います。

また、社内各部門に経済安全保障事務局を設置するとともに、国内関係会社に経済安全保障室、海外関係会社に経済安全保障責任者(Economic Security Administrator)を配置し、グループ全社の経済安全保障体制を構築しています。


このページを共有

サステナビリティ
カテゴリ内情報