有識者ヒアリングの実施

三菱電機グループは、各界でご活躍され、深い知見をお持ちの有識者の方々に、三菱電機グループのサステナビリティの取組について最新の潮流を踏まえてご意見を頂きました。持続可能な開発目標(SDGs)やESG(環境・社会・ガバナンス)投資などの国内外の動向を踏まえ、主に「三菱電機グループのマテリアリティ(重要課題)」、「三菱電機グループに期待すること」について、「三菱電機グループ サステナビリティレポート2020」を読んでご意見を頂きました。また、三菱電機グループのマテリアリティ特定に向けてのアンケートにもご協力いただきました。ここでは、それらの一部を報告します。

三菱電機グループに対する期待

ウォン・ライヨン博士 First Penguin Founder & Chief ファースト・ペンギン創立者

ウォン・ライヨン博士

First Penguin
Founder & Chief
ファースト・ペンギン創立者

専門分野:アジアにおけるサステナビリティ、ステークホルダーエンゲージメント、若者・女性のエンパワーメント(マレーシアを拠点に活動)

頂いたご意見:

  • 貴社が100周年を迎え、予測困難な次の100年に向けた活動を進めるにあたって、バックキャストの手法でマテリアリティ(重要課題)を検討する事が重要と考える。
  • SDGsの目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」および目標13「気候変動に具体的な対策を」への貢献に期待する。脱炭素社会の実現に対しての解決策は見つかっておらず、高い技術力を持つ貴社が技術革新を起こすことに期待する。
  • SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」への貢献に期待する。サーキュラーエコノミーの視点から、設計から廃棄までの製品ライフサイクルを考慮して原材料を少なくするなどの取組に期待する。
吉高まり氏 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 経営企画部 副部長 プリンシパル・サステナビリティ・ストラテジスト

吉高まり氏

三菱UFJリサーチ&コンサルティング
経営企画部 副部長
プリンシパル・サステナビリティ・ストラテジスト

専門分野:環境金融、気候変動、炭素クレジット、ESG投資・金融、SDGs、サステナブルファイナンス

頂いたご意見:

  • 投資家は、企業へリスクマネジメントとサステナビリティを考慮した成長戦略の構築を強く求めている。
  • 「人権」はグローバルな視点から重大なリスク要素と認識している。日本は少子高齢化が進んでいることから、よい人材を獲得するための人材戦略の視点からも非常に注目している。
  • 従来から環境は非常に重要と認識しており、近年はサイバーセキュリティやサプライチェーンマネジメントの重要度があがっている。
  • ガバナンスの観点では、役員の評価にESG面を考慮することに期待している。
  • 実績以外の情報開示しないことは、施策を講じようとしていないと見なされる。企業活動を通じたステークホルダーへの貢献を重視するステークホルダー資本主義が広がりつつある中、長期視点での企業価値向上の施策について、ステークホルダーと対話し理解いただくためにも、実績だけでなく、将来に向けた企業の在り方を発信することが重要である。それを踏まえ、貴社の素晴らしい技術や施策についてスピード感を持って発信することを期待する。
下田屋 毅氏 Sustainavision Ltd. 代表取締役

下田屋 毅氏

Sustainavision Ltd.
代表取締役

専門分野:サステナビリティ、ビジネスと人権、サプライチェーンマネジメント

頂いたご意見:

  • 新型コロナウイルス感染症による影響は、国内外の工場の非正規従業員等、弱い立場にいる労働者などにしわ寄せがいっている可能性がある。貴社にはグループ会社や取引先を含め、発注済みの契約をキャンセルすることなく、サプライチェーン上の弱い立場にいる労働者にも配慮することを期待する。
  • サステナビリティに配慮した調達基準等を徹底するためには、基準を満たす企業と取引をするという姿勢を明確に示す必要がある。新規の企業には契約条件の中に調達基準等を満たすことを入れ、既存の取引相手とはサプライチェーン全体での価値創出に向けて、基準の理解を進めるとともに不適合な事由があれば、共に取り組んで改善をしていくことが望ましい
  • 人権とは人を大切にすることを徹底すること。企業内の人権対応としては、従業員に自社で働きたいと思ってもらうためにも、会社が従業員を大切に考え、それを社長からはもちろん、管理職全員からもその大切にしている思いを伝えることが重要である。また、そのような取組を行うことは、従業員のモチベーションやロイヤリティを高めるとともに、優秀な人材の獲得にもつながると考える。

このページを共有

サステナビリティ
カテゴリ内情報