ビルシステム事業本部

本部長メッセージ

三菱電機グループが持つ先進技術・環境技術を駆使し、安全性・快適性・効率性・環境のすべてにおいて、お客様にご満足いただけるソリューションを提供します

伊藤泰之
専務執行役
ビルシステム事業本部長
伊藤  泰之専務執行役
ビルシステム事業本部長

ビル内の縦の交通機関であるエレベーター・エスカレーターやビルマネジメントシステムを扱うビルシステム事業本部は、製品の納入とその後の保守において、常にお客様の安全・安心を最優先とした事業運営に努め、我々の製品・サービスを通じて快適で環境にやさしい社会を実現することが重要な使命であると考えています。この認識のもと、当事業本部では次の取組に注力します。

  1. 人と環境にやさしい製品を追求
    1. (1)誰もが安心して容易に利用でき、かつ高効率で省資源の製品・技術・サービスの開発を推進します。
    2. (2)既設品のリニューアルを推進し、消費電力の低減や安全性・利便性の向上を図るとともに、一部機器を流用することにより廃棄物排出量の抑制に貢献します。
    3. (3)国内外の製造拠点において、生産・試験工程で使用するエネルギーの削減と化学物質の管理徹底に継続的に取り組みます。
  2. ZEB※1ワンストップソリューションの提供
    総合電機メーカー初のZEBプランナー※2として、ZEBの設計支援から運用開始後の省エネ支援サービスまでをワンストップで提供するだけでなく、エネルギー効率化にとどまらないビルの付加価値向上に向けた取組をサポートします。
  • ※1ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル):省エネと創エネを組み合わせて正味(ネット)のエネルギー消費量をゼロとする建築物。
  • ※2 ZEBプランナー:2017年より経産省がZEB普及のために設定した登録制度。

リスク・機会を認識・評価している社会課題

主な課題

  • エネルギーの最適な利用
  • 革新的なインフラの開発と普及
  • 安心・安全・快適で持続可能なまちづくり
  • 廃棄物削減

重点的に取り組むSDGs


事業を通じた社会課題への取組

エレベーターのコンフォート・ユニバーサルデザイン・エコロジーの追求

国内標準形エレベーター「AXIEZ(アクシーズ)」

誰にとっても優しく、誰もが心地よく利用できるエレベーターを目指し、国内標準形エレベーターで1997年からユニバーサルデザインを採用しています。現行の「AXIEZ」では、色覚の個人差を問わず、より多くの人にとって見やすくなるよう、ボタンや液晶表示のデザインに配慮し、カラーユニバーサルデザイン認証を取得しています。また、外国の方にも安心してエレベーターをご利用いただけるよう、アナウンスと液晶表示での案内を、通常時は日本語・英語の2カ国語、緊急時は日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語で行います。

環境面では、従来から採用している永久磁石式モーターを用いたギヤレス巻上機の採用に加え、エレベーターのかご室天井へのLED照明の採用、エレベーター停止時の待機電力削減、かごとおもりのバランスの最適化などにより、従来比で最大20%の省エネを実現。また、回生コンバーターでの回生電力の活用や、回生蓄電システムの導入などにより、更なる消費電力の削減が可能です。

国内標準形エレベーター「AXIEZ(アクシーズ)」

海外標準形エレベーター「NEXIEZ(ネクシーズ)」
インド向けエレベーター 
NEXIEZ-LITE(ネクシーズ ライト)
インド向けエレベーター
NEXIEZ-LITE(ネクシーズ ライト)

タイにあるMitsubishi Elevator Asia Co., Ltd.で製造している海外向けの標準エレベーターにも、永久磁石式モーターを用いたギヤレス巻上機を採用しています。これにより、消費電力を従来比20%削減するとともに、小型・軽量化を実現しています。また、回生コンバーターでの回生電力の活用や、かご室内のLED照明の採用などにより、消費電力を更に削減することもできます。中南米やインド向けには、「NEXIEZ-LITE(ネクシーズ ライト)」など地域のニーズに対応した地域戦略機種を投入し、現地生産や現地調達を進めています。海外の低層住宅やオフィスでの使用を想定した4~6人乗りの「NEXIEZ-S(ネクシーズ エス)」は、かご周りの構造の簡素化や、部品の一体化による使用点数の削減などにより、更なる軽量化を実現しています。

防災管理機能

地震や火災、豪雨による浸水などへの備えとして、各種災害に対応した「防災管理機能」をエレベーターに搭載しています。例えば地震対策として、大きな揺れがくる前の初期微動(P波)をセンサで感知した場合や、気象庁から配信される緊急地震速報により大きな揺れを予測した場合は、かごを最寄り階に停止させ、エレベーター内に閉じ込められるリスクを低減します。また、保守メニューの地震時エレベーター自動診断復旧システム「ELE-Quick」は、地震により停止したエレベーターについて異常の有無を自動診断し、安全と判断した場合は運転を再開、早期の利用を可能にします。


セキュリティー連動・エレベーター行先予報システム「エレ・ナビ」
セキュリティー連動・エレベーター行先予報システム「エレ・ナビ」

エレベーターの利用者がセキュリティーゲートを通る際、社員証などのIDカードのセキュリティー情報から行き先階を自動登録します。さらに、どのエレベーターに乗車すればよいかをセキュリティーゲートの表示器で知らせます。これにより、エレベーターホールやエレベーター内でボタンを押す必要がなくなり、また、利用者を行き先階ごとにまとめることで停止する階を最小限にできます。出勤時などの特に混雑する時間帯における乗車時間の短縮、輸送効率向上により、エレベーターホールでの混雑が緩和されます。

メンテナンスサービスによるエレベーター・エスカレーターの安心・快適な利用のサポート

リモートメンテナンスサービス「ELE FIRST-i plus(エレファースト・アイ・プラス)」

「ELE FIRST-i(エレファースト・アイ)」は、リモート点検システムにより、24時間・365日、通常運行中の機器を点検し、故障に至る前の「変調」を捉えた場合は三菱電機ビルテクノサービス(株)の情報センターに通報することで、同社が予防保全を実施するサービスです。訪問点検時には、システムが取得したデータを活用してポイントを絞り、より細やかな点検・保全を行います。

また、閉じ込めが発生した際は、システムによる情報センターへの自動通報、エレベーターの状況分析を実施。救出可能と判断した場合は、スタッフがエレベーター内のインターホンによる通話とカメラで状況を確認した後、遠隔操作で利用者救出を図ります。また、同時にエンジニアを現地に出動させます。

さらに、カメラ画像の解析などにより、暴漢などの万一のトラブルや急病で動けない人などを検知し、アナウンスやブザー鳴動で異常を知らせるほか、各階停止運転などを行うことも可能です。

ELE FIRST-i plus(エレファースト・アイ・プラス)
ELE FIRST-i plus(エレファースト・アイ・プラス)
ELE FIRST-i plus(エレファースト・アイ・プラス)

「Elemotion+[ZERO]」
(エレモーション・プラス[ゼロ])
「Elemotion+[ZERO]」
(エレモーション・プラス[ゼロ])

エレベーター・エスカレーターのリニューアルによる安全性・快適性・機能性の更なる向上

エレベーターリニューアルメニュー
「Elemotion+(エレモーション・プラス)」

安全・安心、快適にお使いいただくために、適切な時期でのリニューアルが求められます。「Elemotion+」は、既設のロープ式エレベーターを、永久磁石式モーターを用いたギヤレス巻上機とインバーター制御を搭載した最新機種にリニューアルするメニューです。これにより、安全・安心かつなめらかで快適な乗り心地を提供するとともに、消費電力の最大約60%削減を実現します。また、かご室天井へのLED照明採用により、一層の省エネ化が可能です。さらに、予算や工期など、お客様のご要望に応じて、機器の取り替え範囲を選択することができ、廃棄物重量の削減にも貢献しています。

これらに加え、「Elemotion+[ZERO](エレモーション・プラス[ゼロ])」では、リニューアル工事中の連続停止期間0日化を実現しました。お客様がリニューアル計画を立てやすいよう配慮することで、より一層のリニューアル促進を図っています。

  • 三菱電機では竣工後25年を目安と考えています。
統合ビルセキュリティーシステム「MELSAFETY(メルセーフティー)」
MELSAFETY(メルセーフティー)

ビル統合セキュリティーシステムによる入退室管理と映像監視で安心・安全の提供

統合ビルセキュリティーシステム
「MELSAFETY(メルセーフティー)」

「MELSAFETY(メルセーフティー)」は、コンプライアンスや機密情報管理の更なる強化が求められる中、大規模から小規模まで、また、オフィス・病院・工場などあらゆる建物のセキュリティーニーズにお応えします。

入退室管理システムと映像監視システムの連携により、入退室管理と映像監視を同一画面上で行えるため、2つの記録を照らし合わせる手間が省け、効率的なセキュリティー管理を実現します。さらに、就業管理システムとの連携による正確で効率的な就業管理や、来訪者受付システムとの連携による受付の省力化、複数拠点管理・来訪者管理などにより、業務の効率化・省力化にも貢献します。


ビル統合ソリューション
「BuilUnity(ビルユニティー)」
ビル統合ソリューション
「BuilUnity(ビルユニティー)」

ビル設備運用システムによる、さまざまなビルの省エネと快適性へのサポート

ビル統合ソリューション「BuilUnity(ビルユニティー)」

「BuilUnity」は、中・小規模の建物向けに、中央監視システムとセキュリティーシステムの機能をパッケージ化した統合システムです。入退室履歴と在室者のID情報をもとに、在室状況に応じて、空調、照明などのビル設備を連携制御できます。また、クラウドサービスを契約いただくことで、スマートフォンやタブレットでビル1棟~複数棟の設備の状態をどこからでも監視・制御できるため、きめ細かな省エネに貢献します。

ビル設備運用システム&プランニング
「FacimaBA-system」
(ファシーマビーエーシステム)
ビル設備運用システム&プランニング
「FacimaBA-system」
(ファシーマビーエーシステム)
ビル設備運用システム&プランニング
「FacimaBA-system(ファシーマビーエーシステム)」

「Facima BA-system」は、中・大規模の建物において、空調、照明などの各種設備を監視・制御する中央監視システムです。ビルの電力ピークを監視し、空調・照明設備の運転をあらかじめビルの管理者が決めた優先順位で停止するデマンド制御機能や、空調ローテーション制御機能などにより、各種ビル設備を自動制御します。これにより、快適性・利便性に配慮した無理のない省エネなどを実現します。また、サポートサービスを利用いただくことで、ビル設備の運転データの収集・分析やエネルギー使用状況の見える化などを行い、ビル全体の省エネや運用コスト低減に向けたソリューションを提案します。


「ZEBプランナー・マーク」
「ZEBプランナー・マーク」

ZEBソリューションの提供による、多様化するビルオーナーのニーズへの対応

ZEBプランナーとしてZEBの普及に貢献

三菱電機は、ZEBのエネルギー消費性能計算の対象である「空調」「換気」「照明」「給湯」「昇降機」の5設備に加え、ZEBの実現に欠かせないBEMS、太陽光発電、受変電設備など、高度な省エネを実現する各種設備をラインアップしています。2018年2月には、電機メーカーとして国内初の「ZEBプランナー」として、Nearly ZEBを実現しました。

  • Nearly ZEB:正味で、基準一次エネルギー消費量から75%以上削減した建築物。
ZEB事例の模式図
ZEB事例の模式図

事業所での環境負荷低減

事業を通じて社会に貢献するだけでなく、事業活動に由来する環境負荷の低減に努めています。取組の一例を紹介します。

マザー工場・稲沢製作所の取組を海外拠点へ展開

ビルシステム事業本部は、日本・タイ・中国をはじめ世界10カ国の拠点で昇降機を製造しています。マザー工場である稲沢製作所では、エネルギー使用量が多い切削などの機械加工や塗装の生産設備の省エネ推進をはじめ、以下の取組を進めています。今後、地産地消を進め、海外製造拠点での生産比率が高まる中、これらの取組を海外拠点へ展開し、持続可能な社会の実現に向けた環境負荷低減を図っていきます。

生産設備の省エネ及びVOC排出削減の推進
昇降機の製造工程は多岐にわたっていますが、中でも消費電力の大きい機械加工工程では、最新加工設備への更新や加工時間の短縮などによる生産性向上により消費電力の抑制を図っています。また、塗装工程では前処理(部品の洗浄工程)や乾燥工程で多くの熱エネルギーを使用するため、処理液温度や処理液質の再検討により低温化し、省電力化を進めています。加えて、塗装ラインにVOC(揮発性有機化合物)除去装置を導入することでVOC排出を削減しており、この取組は中国にも展開しています。更に、使用する工場エアーを見える化(工場入口や設備への流量計設置)し、コンプレッサー使用による電力消費の削減活動に取り組んでいます。
再生可能エネルギーの導入
2019年3月に稼動した稲沢据付研修センターに太陽光発電モジュールを導入。これにより、稲沢製作所構内に設置した太陽光パネルは合計1,685枚となりました。これらのパネルから得られる電力(403kW)は、工場内設備や空調の運転に利用しています。グループ会社も含め、今後建設する建物などでも、太陽光発電モジュールの設置を進めていきます。
老朽化設備の更新/環境配慮アイテムの導入
老朽化したボイラー、コンプレッサー、変圧器及び空調機を効率的な設備に更新するとともに、環境配慮アイテム(LED照明、節水型便器、リサイクル資材)を導入し、省エネ化・省資源化を図っています。
梱包用木材・トラック利用台数の削減
新設エレベーターの部品(巻上機、制御盤、意匠品など)だけでなく、昨今需要が拡大しているリニューアルメニュー「Elemotion+(エレモーション・プラス)」の部品についても、梱包材のリターナブル化を推進し、使い捨て梱包木材の使用量ゼロ化を目指しています。また、大型車による一括輸送、段積みしやすい荷姿による積載効率の向上などにより、トラック利用台数の削減にも取り組んでいます。

このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報