電力・産業システム事業本部

本部長メッセージ

環境にやさしく、災害や人為的脅威、電力市場の変化にも対応できる高性能機器と次世代電力システムの開発により、"いつもある安心・安全・快適な社会"の実現に貢献していきます

高澤 範行
常務執行役
電力・産業システム事業本部長
高澤 範行常務執行役
電力・産業システム
事業本部長

電力業界を取り巻く環境・市場ニーズは、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーの普及やICT/IoTなどデジタル技術の進化により、大容量・高電圧のハードウェアから、再生可能エネルギー関連機器をはじめとする中小容量・電圧ハードウェアやネットワーク化されたシステム・ソフトウェアへと急激に変化しつつあります。さらに、電力自由化の進展や業界再編なども急速に進展しており、電力業界は大きな転換期を迎えています。

こうした中、電力・産業システム事業本部では、基盤事業である発電機や開閉器、変圧器の高効率化、地球温暖化係数が高いSF6ガスの使用量低減や全廃を目指した環境配慮型機器の開発に継続的に取り組むとともに、「経済性・信頼性を両立する質の高い電力系統」「ICTを活用し相互接続性を実現することによるエネルギー最適利用」「緊急時にも対応したレジリエントなエネルギーインフラ」の実現に貢献する監視制御システム、スマートメーターシステム、蓄電システムなどの開発を進めています。

今後は、これらに加え、再生可能エネルギー導入拡大下での需給管理、需要制御を含む分散型エネルギー源の統合管理、電力事業者間をつなぐ全国での電力需給など新しい需要に対応する電力系統安定化機器・装置・ソリューション事業を推進していくことで、"いつもある安心・安全・快適な社会"の実現に貢献していきます。

  • Information and Communication Technology/Internet of Things

リスク・機会を認識・評価している主な社会課題

  • エネルギーの最適な利用
  • クリーンエネルギーの導入
  • 持続的な資源利用・開発
  • 化学物質の適正管理
  • 気候変動への対応
  • 大気、大地、土壌汚染対策
  • グローバルパートナーシップの強化

重点的に取り組むSDGs


事業を通じた社会課題への取組

いつもある安心・安全・快適な社会の実現に貢献する発電、系統変電、受配電を支える電力機器やシステムの開発

水素間接冷却タービン発電機「VP-Xシリーズ」

CO2排出量の削減を始めとした世界的な環境負荷低減要請の高まりを背景に、タービン発電機に対しては高い信頼性に加えて効率向上などの高性能化に対する要求が高まっています。三菱電機では、このような要望に応えるべく大出力・高効率の水素間接冷却タービン発電機"VP-Xシリーズ"を開発し、900MVA級までの製品化を実現しました。

水素間接冷却方式は、水冷却方式と比べ、固定子冷却水供給装置などの付帯設備が不要という利点があります。これらVP-Xシリーズにより、これまで水冷却方式でしか対応できなかった900MVA級の大出力域への高効率水素間接冷却方式の適用を実現。運用・保守の両面からお客様に様々なメリットを提供しています。

また、VP-Xシリーズで開発した大出力化・高効率化・コンパクト化の要素技術は、既設発電機の部分更新へも適用が可能です。このため、これらを新たなアップグレードサービスメニューとしてお客様へ提供し、既設発電機の高性能化に対する多様な要望に応えています。

  • 2014年12月8日時点、三菱電機調べ
高効率タービン発電機VP-Xシリーズ
高効率タービン発電機VP-Xシリーズ
870MVA検証機
870MVA検証機
環境負荷低減 開閉器

温室効果ガスの削減を目指し、ドライエア絶縁によりSF6ガス使用量をゼロにした真空遮断器を搭載する70kV級C-GIS(密閉形複合絶縁スイッチギヤ)の普及拡大を進めています。また、従来の油圧操作機構に変えてバネ操作機構を採用し、メンテナンス作業を大幅に低減するとともに、エネルギーロスの少ないGCB(ガス遮断器)のシリーズ化を進めており、500kVまでの製品化を完了。使用材料、運転電力の抑制、長寿命化機器の拡大を推進しています。

密閉形複合絶縁スイッチギヤ
密閉形複合絶縁スイッチギヤ
ガス遮断器
ガス遮断器
環境負荷低減(植物油入、走行風自冷式)変圧器

電力用変圧器においては、内部の絶縁油として、有限な資源である石油由来の鉱油に代わり、植物由来の絶縁油を使用した植物油入変圧器(製品名:MELCORE-NEOTM)を開発しました。絶縁油が植物由来であるため、持続可能な生産、土壌汚染防止の特長及びカーボンニュートラルを有します。また、難燃性の絶縁油を使用することで優れた防災性を有し、鉄道、データセンターなどの環境配慮/防災性が求められる施設に納入しています。また、鉄道車両に搭載される変圧器は、車両の走行風を利用して本体を冷却する走行風自冷式変圧器を開発、納入され、電動送風機を使わず走行風のみで冷却するシステムとしていることから省エネに大きく貢献しています。

植物油入変圧器のカーボンニュートラルイメージ
植物油入変圧器のカーボンニュートラルイメージ
植物油入車載(鉄道車両)用変圧器
植物油入車載(鉄道車両)用変圧器
監視制御システム

従来機種比で更なる高機能・高性能を実現するとともに、体積・重量を最大30%削減し、省資源・省スペース化にも貢献する監視制御システムです。消費電力も従来に比べ最大33%削減しています。またCPUカード・入出力ユニットは、一世代前のハードウェアでも交換可能なよう設計しています。最小限の設備更新で導入できるようにすることで、資源投入量をはじめとする環境負荷の低減につなげています。

計装制御システム
計装制御システム
モジュール型AVR(自動電圧調整装置)

従来機種では制御基板がカードスロットに収納されたユニット構成となっていましたが、最新機種では制御基板を本体内に納めた一体型ユニット(モジュール型)とすることで、従来比5分の1に小型化しました。メンテナンスの容易性向上や製造時の環境負荷低減を実現するとともに、消費電力も約2分の1に削減しています。三菱電機はAVRを日本のみならず世界各国の発電所の多くに納入しており、電力の安定供給に貢献しています。

カードスロットタイプ(従来機種)
カードスロットタイプ(従来機種)
モジュールタイプ(最新機種)
モジュールタイプ(最新機種)

電力システムの新しい価値創出を目指してソリューション事業を推進し、お客様の経営に貢献

電力市場向けパッケージ型ソフトウェア製品「BLEnDer®(ブレンダー)」シリーズ

2003年の販売開始以降、各製品の機能拡張および製品ラインナップの追加を進め、現在では、数々の発電・小売り事業者様への納入実績を有する合計15シリーズのパッケージ製品を保有しています。

これまでも、そしてこれからも、「BLEnDer®」は、電力市場とエネルギー動向の変化を捉え、電力送配電ネットワークのスマートな運用と電力事業の拡大に貢献すべく、サポートしていきます。

  • 2019年4月時点、三菱電機調べ
「BLEnDer®(ブレンダー)」シリーズ ラインナップ
「BLEnDer®(ブレンダー)」シリーズ ラインナップ
分散型電源運用システム/VPP(Virtual Power Plant)システム

自然エネルギー発電設備や蓄電池など、各所に点在するエネルギー源(分散型エネルギー源)同士を連携させることで、一つの発電所レベルの電力供給能力を持つ仮想発電(VPP:Virtual Power Plant)システムを構築できます。これをCO2フリーな電源として供給電力の調整などに活用することで、低炭素社会の実現に貢献することができます。

また、自然エネルギー発電による電力系統の不安定化解消にも役立てることが可能です。三菱電機は、VPPの利活用に必要となる制御技術やインターフェース技術、各種設備などを提供します。

VPPシステム
VPPシステム
スマートメーターシステム

スマートメーターシステムは、電力の小売り全面自由化の根幹となるシステムです。電力の購入先を自由に選択するためには、「いつどれだけ電気を使ったか」という情報が必須となります。大量の検針データを確実かつ低コストで収集するためのシステムを開発し、複数の電力会社で実際の運用を開始しています。また、このスマートメーターシステムは、個別需要家の節電・省エネ行動に必要な電力使用量をリアルタイムに提供する機能を備えています。

スマートメーターシステム
スマートメーターシステム
大容量蓄電池制御システム

電力系統の柔軟な運用には蓄電システムが必須となります。出力が変動する再生可能エネルギーによる発電と化石燃料による発電のバランスをつかさどるキーシステムとして、離島をはじめとする小規模な電力系統へ蓄電池制御システムを納入し、実証が進んでいます。離島以外の本系統でも再生可能エネルギーの余剰問題対策として蓄電池制御システムに期待がかかっており、風力発電、太陽光発電など再生可能エネルギーを出力抑制することなく最大限に活用し、低炭素社会の実現と電力系統の安定運用の両立に寄与する製品の拡大に注力しています。

蓄電池制御システム
蓄電池制御システム
スマート中低圧直流配電ネットワークシステム「D-SMiree」

環境問題や資源・エネルギー問題緩和への貢献に向け、「省エネ」「創エネ」「蓄エネ」に対応した次世代の直流配電システム「D-SMiree」を提案しています。従来の交流配電方式に替わる直流配電方式の提案によって、「省エネ」(変換回数の削減)、「創エネ」(太陽光・風力など複数発電設備の最適連系)、「蓄エネ」(エネルギーマネジメントシステムによる蓄電システムの最適な充放電制御)を実現し、消費型エネルギー社会から地産地消型エネルギー社会への変革に貢献します。

実証棟建屋外観
実証棟建屋外観
実証棟電気室
実証棟電気室


このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報