インフォメーションシステム事業推進本部

本部長メッセージ

様々なITサービスを推進し、脱炭素社会の構築に貢献していきます

織戸浩一
専務執行役
インフォメーション
システム事業推進本部長
織戸  浩一専務執行役
インフォメーション
システム事業推進本部長
2021年6月29日

インフォメーションシステム事業推進本部は、お客様の経営戦略や経営課題に踏み込んだご提案、社会課題を見据えたご提案に努め、お客様満足度の向上と、持続可能な社会の実現を目指しています。

具体的には、ビデオ会議、Web会議システム利用による人の移動の削減、帳票の電子化によるペーパーレス化推進といった働き方改革を支援するとともに、インターネットデータセンター設備の省エネルギー化を図ることで事業活動に伴うCO2削減を進めるなど、環境負荷低減に努めています。また、安全な社会の実現や労働力不足といった社会課題を解決する製品・サービスの開発にも積極的に取り組んでいます。

例えば、映像解析ソリューションでは、車いす・ベビーカー・つえ(白杖)等をもつヒトの検知に加え、立ち入り禁止エリアへの侵入や体調不良によるふらつき等の事象の変化(コト)を検知し、安心・安全に住み続けられる街づくりに貢献します。また、製造現場では、不良品検出等のモノの検知に活用することで、生産性向上や少子高齢化に伴う人手不足解消に寄与できると考えています。

今後もよりスマートな社会を実現していくために、幅広い要素技術を持つ三菱電機グループの強みを活かしながら、IoTやビッグデータ処理、AI関連技術をはじめとする最新のITを活用した次世代の情報システムの構築に取り組んでいきます。

  • IoT(Internet of Things) インターネットに様々な‘モノ’を接続し、遠隔から制御、操作、監視、情報収集する仕組み。

リスク・機会を認識・評価している主な社会課題

  • エネルギーの最適な利用
  • クリーンエネルギーの導入
  • 廃棄物削減・管理
  • 持続的な資源利用・開発
  • 気候変動への対応
  • 安全な社会の実現
  • 労働力不足への対応

重点的に取り組むSDGs


事業を通じた社会課題への取組

インターネットデータセンターを活用してお客様の環境負荷低減に貢献

インターネットデータセンター
インターネットデータセンター

サーバーや通信装置を設置するための専用施設であるデータセンターを運用し、お客様のサーバーをデータセンターにお預かりするハウジングサービス、データセンター内のサーバーをお客様へ貸し出すホスティングサービス、プライベートクラウドサービスなどの提供を通じて、お客様のIT活用による環境負荷の低減に貢献しています。また、データセンターの環境対応にも注力しており、空調機が送り出す冷気とサーバーから排出される暖気を分離することで高密度なサーバー集約を可能とするフロア設計や、水冷式空調設備などの効率的な空調設備によって効率的に電力を使用し、企業が自社でサーバーを構築、運用する場合に比べて、約36%のCO2排出量削減を実現しています。さらに、太陽光パネルを設置し、クリーンエネルギーによる消費電力の低減を図るとともに、屋上緑化によるヒートアイランド対策に取り組んでいます。

このほか、24時間365日体制でのサーバーやシステムの監視運用により、安定したシステム運用を可能とし、データセンターの物理セキュリティーと、柔軟な運用サービスにて、お客様のニーズに合わせたセキュリティー対策の実現も可能です。


働き方改革にも貢献するスマートオフィスソリューションを提供

「いつでも」情報の共有ができる、「どこでも」仕事ができる、「だれでも」同じ業務ができる、をコンセプトに、ICTを活用した様々なビジネスツールを提供。お客様の働き方改革実現と環境負荷低減を支援し、ビジネスの発展に貢献します。

例えば、ムリ、ムダな作業を減らすことで、残業時間の削減や過重労働の解消を実現し、事務所のエネルギー削減にも貢献します。また、ペーパーレス会議システムなどの活用により、紙資源の使用量を削減することも可能です。これらに加えて、出張回数の削減や、オフィススペースの有効活用にも寄与します。

スマートオフィスソリューション
スマートオフィスソリューション


このページを共有

サステナビリティ
カテゴリ内情報