社会システム事業本部

本部長メッセージ

鉄道の安全・安定輸送や、安心・安全・防災・減災に寄与する製品・システム・サービスの提供を通じて、持続可能で安心・安全・快適な、豊かな社会の実現に貢献していきます。

漆間啓
専務執行役
社会システム
事業本部長
漆間  啓専務執行役
社会システム事業本部長

人々の暮らしを支える社会インフラ向け製品・システム・サービスを取り扱う社会システム事業本部では、省エネ製品や防災・減災、上下水処理に寄与する製品の開発・提供を通じて、社会の持続的な発展を支えています。
エネルギーの効率的な利用という面では、鉄道事業者向けにフルSiCパワーモジュール※1適用鉄道車両用インバータ装置を世界で初めて製品化。国内・海外で鉄道運行の更なる省エネ化を支えています。また、太陽光発電システムやZEB(net Zero Energy Building)化に貢献する電力の需給制御システム等も提供することで、省エネ社会の進展に貢献します。

近年、世界的に増加している自然災害に対しても、その予防・抑制に寄与する製品を提供しています。例えば、気象レーダー技術や河川管理システムの提供により、ゲリラ豪雨や洪水に関する自治体の住民への情報提供を支援しています。万一、災害が発生した場合は、ヘリサットシステムにより被災地の情報を確実に収集し、的確な災害対策の立案を支援します。

また、世界的に水不足が危ぶまれる状況下、海外では再生水へのニーズが高まっており、今後も増加傾向にあります。オゾン水を利用し消費電力25%低減、設置面積半減を狙ったろ過膜洗浄システム(EcoMBR®※2)の開発等により、限りある水をよりきれいな状態にする支援をしています。

各製品の生産に当たっては、設計・製造・試験の各工程における省エネ化推進と化学物質の徹底した管理に継続して取り組んでいきます。

今後も、これまでに蓄積した幅広い技術とたゆまぬ技術開発により、持続可能で安心・安全・快適な、豊かな社会の実現に貢献していきます。

  • ※1このパワーモジュール開発の一部は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託研究として実施したものです。
  • ※2下水や工業排水を処理して再生するためのろ過膜をオゾン水で洗浄する浸漬型膜分離バイオリアクター

リスク・機会を認識・評価している社会課題

主な課題

  • 水の適正利用
  • エネルギーの最適な利用
  • 気候変動への対応
  • 大気、水、土壌汚染対策
  • 廃棄物削減・管理

重点的に取り組むSDGs


事業を通じた社会課題への取組

フルSiCパワーモジュールを適用した鉄道車両用インバータ装置を提供

鉄道車両用インバータ装置
鉄道車両用インバータ装置

フルSiCパワーモジュールを適用した車両用インバータ装置を製品化し、2014度末から市場に投入。従来車両と比較して約40%の省エネ効果を実現しました。この製品は、数多くのお客様にご採用いただいています。

鉄道車両用空調装置の小型・軽量化を実現

鉄道車両用空調装置
鉄道車両用空調装置

配管の細径管化により熱交換器を約20%小型化するとともに、材料の見直しで約6%軽量化するなど、空調装置の小型・軽量化を実現しました。また、温室効果ガスである冷媒について、低GWPの代替冷媒への転換を推進することで、環境負荷低減を図っています。

  • GWP(Global Warming Potential):地球温暖化係数

駅舎補助電源装置S-EIVによる回生電力の有効活用を支援

駅舎補助電源装置S-EIV
駅舎補助電源装置S-EIV

鉄道車両がブレーキをかけたときに発生する回生電力を駅電気設備(照明・空調・エレベーターなど)に直接供給する「駅舎補助電源装置」を製品化し、1駅あたり約600kWh/日(一般家庭約60世帯分)の省エネ効果を実現しました。これにより駅舎の省エネルギーに寄与しています。また、従来より小型化し、蓄電池と組み合わせたハイブリッド型は2016年に、新エネ大賞「資源エネルギー庁長官賞」を受賞しました。

オーロラビジョンの消費電力削減及び軽量化を実現

オーロラビジョン
オーロラビジョン

LED駆動用の電源と駆動回路の高効率化、駆動電圧の最適化、高効率LEDの投入により、単位面積当たりの消費電力を3%削減しています。また筐体(きょうたい)構造の見直しにより、スクリーンの重量も40%削減しました。

ヘリコプター直接衛星通信システム(ヘリサット)による被災状況の適切な把握と、迅速な救護活動等を支援

地震・火災などの大規模災害の発生時に、被災地の空撮映像をヘリコプターからリアルタイムに伝送することで、被災地の状況を正確に伝え、適切かつ迅速な応急救護活動を含む初動対応に貢献します。

オゾン発生装置の小型・高効率化を実現

オゾン発生装置
オゾン発生装置

オゾン発生装置は優れた殺菌・脱臭・脱色・酸化力により、高度水処理や紙パルプの漂白に利用されています。この装置の酸素源部分について、電極をより細く、間をつめて配置する技術を開発し、さらにこれを空気源にも適用することで、小型・高効率化を実現しました。これにより、システム全体での消費電力を15%削減しています。


膜分離バイオリアクターによる水処理技術を開発

下水や工業排水を処理して再生するためのろ過膜をオゾン水で洗浄する、浸漬型膜分離バイオリアクター(EcoMBR®)による水処理技術を開発しました。省エネでコンパクトな装置で高速ろ過し、膜表面積あたりの処理水量を約2倍に増やすことができます。

事業所での環境負荷低減

事業を通じて社会に貢献するだけでなく、事業活動に由来する環境負荷の低減に努めています。取組の一例を紹介します。

継続的な改善活動を実施

製品供給を担う神戸製作所・伊丹製作所・長崎製作所の各拠点では、設備・試験・物流における改善活動やプロセス全体を通しての廃棄物の分別徹底などに日々取り組み、環境負荷の低減に努めています。

設備改善
神戸製作所や伊丹製作所に建設した新工場は、LED照明・高効率空調機・太陽光発電システムを備え、節電を実現しています。また、乾燥炉の熱源である熱媒ボイラーの排気を、製品洗浄用の温水生成に利用するなど、効率化のための設備改善を実施しています。
試験改善
車両用VVVF装置などの大電力機器の試験において、模擬負荷として接続した発電機の発生電力を破棄することなく利用するなど、エネルギーの有効活用に取り組んでいます。
  • VVVF:可変電圧・可変周波数制御。交流電動機のための制御方式
物流改善
リターナブル梱包の適用拡大や、トラック・飛行機から鉄道・船舶へのモーダルシフトにより、CO2と廃棄物の排出量削減を図っています。

このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報