半導体・デバイス事業本部

本部長メッセージ

低消費電力製品の提供を通じて社会の低炭素化に貢献しています

岡村将光
常務執行役
半導体・デバイス
事業本部長
岡村  将光常務執行役
半導体・デバイス
事業本部長

「持続可能な社会」を実現するには、発電した電力を低損失で利用することが大切です。三菱電機のパワー半導体デバイスは、多くのパワーエレクトロニクス機器に搭載され、電力損失の低減に大きな役割を果たしています。三菱電機ではこれに加えて、大幅な損失低減を図れるSiC(炭化ケイ素)を用いた最先端製品も提供し、低炭素社会の実現に貢献しています。

また、高周波・光デバイスでは、無線通信機器や光ファイバー通信向けに、化合物半導体技術を駆使した高機能・高効率・小型の製品を提供し、IT機器の低消費電力化を支えています。さらには通信設備の省スペース化を実現することで、冷却機能を簡略にし、総合的な省エネに貢献しています。

このほか、産業用カラーTFT液晶モジュールに白色LEDバックライトを搭載することで、水銀フリーの実現と低消費電力化に貢献しています。三菱電機は液晶モジュールで幅広い製品ラインアップを有し、計測機器、建設・農業・工作機械、POS端末などに採用されています。

これらに加え、生産時の環境負荷低減にも取り組んでいます。清浄度が高く多くのエネルギーを消費するクリーンルームでの空調設備の高効率化やウエハの処理装置の運用改善によるエネルギー削減、及び除害装置の導入による温室効果ガス(SF6/HFC/PFC)排出量削減を継続的かつ積極的に行っています。

リスク・機会を認識・評価している社会課題

主な課題

  • 水の適正使用
  • 化学物質の適正管理
  • 気候変動への対応
  • 生物多様性保全

重点的に取り組むSDGs


事業を通じた社会課題への取組

低消費電力化を実現する「SiCパワー半導体デバイス」を開発

SiC-SBD(ディスクリート)
SiC-SBD(ディスクリート)

三菱電機は電力損失を飛躍的に低減可能なSiCを用いた半導体デバイスの開発、製品ラインアップの拡大を進めています。

三菱電機は、2010年度に世界で初めてエアコンにSiCパワー半導体モジュールを搭載し、その後も鉄道車両や産業機器などへの搭載を推進してきました。2017年3月には、三菱電機従来製品比で電力損失を約21%低減※1した「SiC-SBD※2(ディスクリート)」を発売。引き続き、EV用充電器、太陽光発電、エアコンなどの電源システムの高効率化・小型化に貢献します。

今後も新技術・新製品開発を加速し、省エネ化への多様なご要求に対応していきます。

  • ※1三菱電機製パワー半導体モジュール「DIPPFC™」に搭載のSiダイオードとの比較。
  • ※2SBD(Schottky Barrier Diode):ショットキーバリアダイオード。

第5世代(5G)移動通信システム基地局向け「25Gbps※3 EML※4 CAN※5」を開発

25Gbps EML CAN
5Gbps EML CAN

携帯端末の普及や情報のクラウド化に伴い、データ通信量が急速に増大する中、移動通信システムは第5世代へ移行しつつあります。これを受け、トラフィックが集中する基地局と、基地局からの通信信号の集中制御を行う収容局との間で、大容量かつ高速の光通信システムの構築が計画されています。このような基地局ネットワークで使用される光通信用デバイスの新製品として、三菱電機は「25Gbps EML CAN」を2018年11月に発売。移動通信システムの高速大容量化・低消費電力化を実現し、省エネに貢献しています。

  • ※3Gbps(Giga-bits per second):1秒間に10億個のデジタル符号を伝送できる通信レート単位。
  • ※4EML(Electro-absorption Modulated Laser diode):変調器集積半導体レーザー。
  • ※5 CAN(TO-CAN):光通信用デバイスで広く用いられている生産性(量産性)にすぐれたパッケージ。

半透過型産業用三菱TFT液晶モジュールのラインアップを拡大

半透過型産業用三菱TFT液晶モジュール (左:8.4型VGA、右:10.4型XGA)
半透過型産業用三菱TFT液晶モジュール (左:8.4型VGA、右:10.4型XGA)

半透過型TFT液晶モジュール※6は、明るい屋外では外光を光源(反射モード)とし、暗い場所ではバックライトを光源(透過モード)とします。直射日光下でも視認性が高く、外光を利用することで消費電力を低減できることから、産業用の携帯型計測器向けなどで需要が高まっています。本製品のラインアップ拡大により、幅広い屋外用産業機器向けディスプレイの低消費電力化に貢献します。

  • ※6半透過型TFT液晶モジュール:パネルの1画素内に2つの領域(透過部と反射部)を形成し、基板上に外光を反射する構造を有したTFT液晶モジュール。

事業所での環境負荷低減

事業を通じて社会に貢献するだけでなく、事業活動に由来する環境負荷の低減に努めています。取組の一例を紹介します。

多くのエネルギーを消費するクリーンルームの省エネ化を推進

半導体・デバイスの製造は、製品の品質や信頼性向上のために、高い清浄度と高度な温湿度制御機能を持つクリーンルームで行われます。このクリーンルームの環境を維持するためには、製造装置と同程度のエネルギーを消費する空調設備が必要となることから、三菱電機では高効率な空調設備への置き換えを進めているほか、ウエハの処理装置の高効率化などあらゆる手段を駆使して省エネ化に取り組んでいます。

高効率な空調設備を導入
パワーデバイス製作所・熊本地区では、高効率の空調設備への置き換え及び統合管理を実施し、年間約1,660万kWh(CO2換算7,000t)を削減しています。
太陽光発電システムを設置
パワーデバイス製作所・福岡地区では、太陽光発電システムを工場の屋上に設置することで定格300kWの発電を行い、合計で年間約29万kWh(CO2換算120t)の削減効果を生み出しています。
氷蓄熱システムを導入
液晶事業統括部では、夜間電力を使用して蓄熱槽に製氷し、氷に蓄えた冷熱を空調に利用することで、国や電力会社から要求されている昼間電力のピークカットやピークシフトに貢献しています。
LEDイエローランプを採用
パワーデバイス製作所・高周波光デバイス製作所では使用する照明のLED化を計画的に進めています。2015年度には製造条件に影響するイエローランプも検証を重ねて実用化し、年間65万kWh(CO2換算275t)の電力を削減しました。今後も順次LED化を計画しています。

社内省エネ技術を結集してオフィス棟の省エネを実現

パワーデバイス製作所・福岡地区の設計技術棟は、エネルギー消費を制御・管理する三菱電機製システム「Facima」をはじめ様々な環境への配慮を施しています。これらの高い環境性能が認められ、福岡市建築物環境配慮制度のCASBEE福岡で最高評価のSランクを取得しました。さらに液晶事業における新たな技術管理棟についても、同様に環境への配慮が評価され、CASBEE熊本で推奨ランクA(大変良い)を取得しました。

  • CASBEE(キャスビー:建築環境総合性能評価システム):建築物を環境性能で評価し、格付けする手法で、産官学で共同開発された全国共通の評価システム。

水のリサイクルと排水による水質汚染の防止に注力

半導体製造工場では、多くの純水を使用します。水資源の枯渇と悪化防止の観点から、純水の再利用に取り組んでおり、排水中に含まれる有機性と無機性の汚染不純物を確実に除去し、廃液を処理・回収するフローを確立しています。


化学物質の管理を徹底

お客様からの製品の環境負荷情報に関するお問い合わせに対して迅速かつ正確に回答するために、化学物質管理システムを導入し運営しています。

生物多様性の保全に向けた活動を推進

パワーデバイス製作所、高周波光デバイス製作所において、2015年度から「生きもの調査(動物・植物)」を開始しました。専門家の指導を受けながら敷地内の生息種を調べた結果、絶滅危惧種に指定されている生物を含め、多数の地域固有の種を確認できました。今後はこれらの種の生育環境を整える活動を進めていきます。

また、パワーデバイス製作所では「生きもの図鑑」を作成し、近隣小学校、自治会への配布を実施。生物多様性に配慮した地域との共生にも取り組んでいます。


このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報