品質保証と品質改善活動

品質保証・品質改善活動体制

四つの品質基本理念のもと、品質に関する法令・規格を遵守するとともに、品質保証・品質改善のため、全事業本部に品質保証推進責任者を設置など全社に体制を整備し、品質保証に関する規則を定め、品質保証及び品質改善活動を展開しています。また、経営層に対し、執行役会議にて品質状況を定期的に報告しています。

品質保証・品質改善活動の推進体制(三菱電機単体)
品質保証・品質改善活動の推進体制(三菱電機)

個々の製品については、国内・海外の製作所が責任を持って品質を保証し、市場調査から開発・設計、製造、物流、出荷後の保守・サービス、更には製品の廃棄に至るまでの業務プロセスにおける品質保証活動に対する具体的な改善活動を実践しています。

また、品質マネジメントシステム(QMS:Quality Management System)の運用に当たっては、ISOなどの国際的な認証規格にも照らしてPDCAサイクルの進捗を定期的に検証し、より良い品質の実現を目指してプロセスの改善を図っています。


品質改善活動の展開

「失敗GAKU知恵Q増」
「失敗GAKU知恵Q増」
管理面からの視点と技術分野からの視点で教訓や留意事項、改善事例、対策を体系的に閲覧・利用できます。

三菱電機グループでは、製品の開発・設計段階からの品質の作り込みを行うとともに、製造・出荷後の保守・サービスに至る全業務プロセスにおいて品質改善活動を推進し、製品の品質・安全性・信頼性の向上に取り組んでいます。

品質の「見える化」により、不具合への迅速な対応と未然防止を図り、その内容を開発・設計・製造・サービス部門などへフィードバックする取組などを推進し、品質の向上に効果をあげています。

開発・設計においては、顧客要求、製品の基本機能を把握し、機能・安定性・安全性、信頼性を確保・保証する設計(品質作り込み設計フロー)を実践・けん引できる人材(お客様の声を品質に作りこむキーパーソン)を育成し、国内の対象部門に配置が完了しました。その人材を通じた品質作り込み設計に必要な要素技術ガイドラインの周知により、開発・設計品質の向上を進めています。

調達品に関しては、三菱電機グループの重要なパートナーである取引先に品質第一の考え方を理解いただき、連携して品質改善に取り組んでいます。

また、品質第一の風土醸成を徹底するため、eラーニングにより「三菱電機の品質に関する基本的な考え(理念)」について、繰り返し教育しています。教育内容は、三菱電機グループ内外の状況変化などを踏まえて毎年見直しています。さらに、階層別研修や全社的会議での講話を継続して実施することで、品質意識の向上に繋げています。

国内外の関係会社を含め、全業務プロセスで職場の問題解決、課題達成及び教育・訓練の手段であるDQ小集団活動を実践し、製品・サービス及び管理・風土などの質の向上に取り組んでいます。

品質不具合については、過去の不具合内容、先人の知恵からの教訓や解説、改善事例などをデータベース化した品質関連情報共有システム「失敗GAKU知恵Q増」を構築しています。さらに、不具合の共通要因について原理原則をまとめた内容を注意喚起として加え、全社で活用することで品質作り込みや品質改善対策、不具合の未然防止・再発防止、若手技術者への教育などに繋げています。

また、過去の品質不具合品の現物を展示する「品質の部屋」を各拠点に設置し、社員教育に活用しています。

  • 小集団活動にDiamond Qualityの頭文字をつけた三菱電機グループ内におけるQCサークルの呼称

「品質の部屋」

「品質の部屋」入口
入口
「品質の部屋」内部
内部

品質不適切行為への対応

1. 欧州向け三菱電機カーオーディオ製品に関する件

三菱電機三田製作所及び三菱電機子会社が製造する欧州向けカーオーディオ製品の一部において、欧州域内のラジオ受信器に関する規制(欧州RE指令)に適合しない製品を出荷していました。一部の自動車メーカー向けに出荷していたもので、対象となる自動車メーカーへ報告を行いました。なお、不適合製品そのものの安全性には影響がないことや、車両に搭載される周辺機器に誤動作等が生じないことを三菱電機として確認しております。当該製品の設計を担当する三田製作所では、品質保証部門による適合宣言書及び適合性評価試験の管理、法規制定・改正時の複数部門による合同レビュー導入等の再発防止策を実施し、信頼の回復に努めてまいります。

  • Radio Equipment Directive:欧州委員会が定めた欧州域内のラジオ等電波受信器に対する指令
2020年12月15日
欧州向け当社カーオーディオ製品に関する件(第2報)新しいウィンドウが開きます
2020年11月06日
欧州向け当社カーオーディオ製品に関する件新しいウィンドウが開きます
2. 品質管理上の不適切行為などに対する再発防止策

前述した1項に加え、これまでに判明した品質管理上の不適切行為の再発防止策として、「不適切行為をしない、させない」品質第一の風土再醸成のため、全従業員向け及び管理者向けに技術者倫理教育を継続実施するとともに品質保証推進責任者会議などで品質講話を実施しています。また、効果的な牽制を行うため、各拠点の品質管理体制を強化し、内部監査で品質データの実地確認などを実施しています。


このページを共有

サステナビリティ
カテゴリ内情報