サプライチェーンマネジメント(調達)

調達方針と取引先選定基準

三菱電機グループでは、国内外のお取引先を公平・公正に選定・評価するため、「資材調達基本方針」及び「CSR調達方針(サステナビリティ調達方針)」の考え方をお取引先に説明し、ご理解いただくとともに、三菱電機グループが定める取引先選定評価基準に基づきお取引先を適正に評価することで、調達におけるサプライチェーンにおけるリスクを低減させています。

三菱電機グループでは、取引先選定評価において評価項目に品質・価格・納期・サービス対応のほか、環境規制への取組、サステナビリティへの取組を含めています。総合的に評価の高いお取引先から優先的に調達することを基本方針としています。

資材調達基本方針

三菱電機グループでは、次の3つの基本方針に基づき、資材を調達しています。

  1. Easy Access And Equal Opportunity
    1. ~常に公平に新しいパートナーを求めています~
    2. 広く門戸を開放して公正にお取引先を選定し、契約にもとづく誠実な取引を行います。
  2. Mutual Prosperity
    1. ~相互理解を深め、信頼関係の構築に努めています~
    2. 製品の開発段階からお取引先の参画を得て、コスト・技術面などでWin-Win関係を構築します。
  3. Ecological Soundness
    1. ~環境負荷の少ない資材の調達を推進します~
    2. お客様からの要求内容と環境関連法規を踏まえて、環境負荷の少ない部品・サービス等を調達します。

CSR調達方針

2007年に「CSR調達方針」を定め、この指針に基づき、資材調達活動を行っています。

また、サステナビリティへの取組に対する三菱電機グループの考え方やお取引先に遵守いただきたい事項をより周知するため、2018年より「CSR調達ガイドライン」を制定いたしました。本ガイドラインの内容について、お取引先へ活動推進に向けた同意確認を実施しています。

  1. 国内外の法令及び社会規範の遵守
    1. (1)法令遵守の徹底
    2. (2)人権尊重、あらゆる差別・児童労働並びに強制労働の禁止
    3. (3)適切な労働環境の整備、安全衛生への配慮
  2. 製品・サービスの品質と安全性の確保
  3. 環境への配慮
    1. (1)環境負荷の少ない資材の調達
    2. (2)環境マネジメントシステムにもとづく有害化学物質管理の徹底
  4. 企業倫理にもとづく公正な取引の推進
    1. (1)公正、対等な立場での、法令、契約にもとづく誠実な取引の実行
    2. (2)情報システムセキュリティー構築による情報の管理・保護の徹底
    3. (3)不正、贈賄等、企業倫理にもとる腐敗行為の徹底排除

調達サプライチェーンマネジメントの推進体制

三菱電機グループでは2020年度より購買活動の体質強化に向けた戦略「G-STEP」(Globally Sustainable procurement, Target costing and Cost co-creation by Enhancement of Partnership)として、持続可能な安定調達を通じて三菱電機グループの経営目標である「すべての企業活動を通じてサステナビリティの実現に貢献する。これにより経済的価値と社会的価値を両輪とした企業価値の更なる向上に努める」に向けて、以下の施策を展開、推進し、過去最善の原価率以下の達成を目指します。地域別最適調達に向けた活動推進のため、中国、アジア、欧州、米州の4地域の資材企画室を通じ、資材責任者会議等で購買戦略を展開しています。

  • 重点活動項目
    • (1)安定調達強化に向けた体制の構築
    • (2)原価企画活動の更なる強化
    • (3)集中購買の拡大
    • (4)調達品質管理の強化
    • (5)活動施策を支える調達プラットホームの強化
    • (6)グローバル最適調達の強化

また、調達サプライチェーンにおける労働慣行や環境問題等、多様な問題に対するリスク低減に向けた活動も推進し、BCP(事業継続計画)を強化していきます。

調達サプライチェーンマネジメント推進体制

調達サプライチェーンマネジメント推進体制

主要地域における現地調達比率(三菱電機グループ)

主要地域における現地調達比率(三菱電機グループ)

  • ※1現地調達比率:海外生産拠点が、それぞれの裁量で調達している材料・部品等(原産国にはよらない)
  • ※2地産率:現地調達のうち、海外拠点所在国の原産品の調達比率
  • ※3他国産:現地調達のうち、海外拠点所在国以外の原産国からの調達比率

責任ある鉱物調達への方針

三菱電機グループでは、以前から紛争鉱物※1の取引を資金源としている武装勢力への関与がないように、調達サプライチェーンの透明性を図ってきました。さらに、コバルトの採掘現場において、劣悪な労働環境による人権侵害の可能性があることも重要な問題と認識しています。三菱電機グループでは「経済協力開発機構(OECD)紛争地域及び高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデューディリジェンスガイダンス※2」を尊重し、深刻な人権侵害や環境破壊の助長や加担に関与する鉱物を調達サプライチェーンから排除します。

紛争鉱物規制に関する調査実績報告

三菱電機は一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)の「責任ある鉱物調達検討会」に参加し、業界団体と連携した本規制への対応を進めています。お取引先への調査は、自動車業界や電機電子業界などが共通的に使用する調査様式(CMRT※1紛争鉱物報告テンプレートやCRT※2コバルト報告テンプレート)を使用して行っています。2020年度では、717社のお取引先に調査を実施し、639社のお取引先から調査様式の回答を入手いたしました。そのうち、製錬所をすべて特定できたお取引先は491社でした。引き続き、製錬業者情報の精度の向上などをお願いしており、本規制への対応を引き続き進めていく方針です。

  • ※1責任ある鉱物イニシアチブ発行の紛争鉱物調査帳票
  • ※2責任ある鉱物イニシアチブ発行のコバルト調査帳票

2020年度 紛争鉱物調査で特定した精錬業者数とリスト(特定した精錬業者数:364社)

2021年4月2日時点
錫(スズ) タンタル タングステン
108社
(対象国:1社)
43社
(対象国なし)
50社
(対象国なし)
163社
(対象国:1社)

新しいウィンドウが開きます2020年度で特定した製錬所リスト(PDF:264KB)

  • ※対象国:紛争鉱物の対象国として指定されているコンゴ、及び、アンゴラ、ザンビア、タンザニア、ウガンダ、南スーダン、ルワンダ、中央アフリカ共和国、コンゴ共和国、ブルンジの計10ヵ国を指します。

調達サプライチェーンにおけるサステナビリティへの取組強化

環境課題への取組

2006年以降、三菱電機グループでは、お取引先の環境問題への取組状況を「グリーン認定制度」により評価しています。これは、三菱電機グループの「グリーン調達基準書」に基づき、お取引先の環境マネジメントシステム認証取得状況や環境関連法規遵守状況、納入品に含有する化学物質管理状況などを調査し、基準に達したお取引先を認定していく制度です。三菱電機グループでは、この制度を通じてお取引先の環境問題への取組状況を適正に評価し、認定水準に満たないお取引先には適切なアドバイスを行い、是正いただくことで、環境リスクを低減させています。

新しいウィンドウが開きますグリーン調達基準書(PDF:1,110KB)

新しいウィンドウが開きますGreen Accreditation Guideline(PDF:473KB)

社会的な課題への取組

2009年より人権、労働慣行、安全衛生、法令遵守、製品安全性など、サステナビリティへの取組状況も取引先評価項目の一つに追加しています。また、2018年に制定したCSR調達ガイドラインにはRBA(Responsible Business Alliance :責任ある企業同盟)が策定・公表しているRBA行動規範(RBA Code of Conduct : Version 6.0)に由来しています。お取引先が本ガイドラインの内容を推進いただくことを確認するために、本ガイドラインの最終ページには「同意確認書」を添付しています。

新しいウィンドウが開きます三菱電機グループ CSR調達ガイドライン(PDF:782KB)

新しいウィンドウが開きますMitsubishi Electric Group CSR Procurement Guideline(PDF:448KB)

尚、今後「CSR調達ガイドライン」と「グリーン認定基準書」を統合し「サステナビリティ調達ガイドライン」を作成予定です。

2021年度の重点活動目標として、以下を掲げています。

1.CSR調達ガイドラインに対する同意確認書の入手徹底
三菱電機グループでは2021年9月末まで継続的に取引があるすべてのお取引先(約4,000社)からのCSR調達ガイドラインに対する同意確認書の入手を目指しています。2018年度から2020年度で合計約2800社から、CSR調達ガイドライン同意確認書への署名をいただきました。未回答のお取引先からの入手完了を目指します。

2.調達サプライチェーンにおける重大な人権侵害リスク(外国人労働者に対する強制労働、危険有害労働)の把握と是正に向けた活動の継続
これまでの調査に加え、2019年には三菱電機グループの生産活動において主要な協力工場390社を対象に外国 人技能実習生に関するアンケートを実施しました。技能実習生法に抵触するリスクがあるお取引先はありませんでしたが、引き続き、外国人技能実習生に対する人権侵害防止に向け、活動を推進します。

外国人技能実習生に関する調査へ

3.調達サプライチェーン全体に向けた苦情処理メカニズムの構築
2次お取引先以降のサプライチェーンからの苦情を受け付け、問題解決に結びつけるために「苦情処理メカニズム」の充実化を検討していきます。現在、苦情処理の窓口として、以下を設置しています。

【サステナビリティ】人権の尊重の取組

【三菱電機について】グリーン調達・CSR調達

4.調達サプライチェーンでの脱炭素に向けた活動の取組
環境ビジョン2050ではバリューチェーン全体で脱炭素を目指しています。お取引先での生産時に発生するCo2の削減を把握し、削減を呼び掛けていきます。

環境ビジョン2050


お取引先への依頼事項

三菱電機グループの調達基本方針及びCSR 調達方針をご理解いただくとともに、貴社サプライチェーンに対しても周知いただきますようお願いいたします。また、三菱電機グループでは調達サプライチェーンで取り組むべき重点内容を以下のとおり設定していますので、貴社内及び貴社サブライヤー様へ周知徹底をお願いいたします。特に、新規お取引先につきましては、原則として三菱電機グループのCSR調達方針をご理解いただいた上、遵守への同意並びに調査票のご提出をお願いしています。

詳細につきましては、弊社各種ガイドライン(グリーン認定基準書、CSR調達ガイドライン)をご参照ください。

  • 三菱電機グループの「グリーン調達基準書」「CSR調達ガイドライン」は、下記に掲載しており、法令や社会規範などの変化にあわせ、適宜見直しています。

【三菱電機について】グリーン調達・CSR調達

お取引先への依頼重点事項
  1. 法令及び社会規範の遵守
    1. 事業を行う各国・地域の法令、国際的取決め、取引倫理、社会規範などの遵守をお願いいたします。
      (贈賄・横領・違法政治献金などの腐敗行為排除、独禁法・下請法・外為法などの関連法令遵守、知的財産の違法な入手・使用の禁止、適切な情報開示、契約にもとづく誠実な取引の実行など)
  2. 人権の尊重
    1. 事業を行う各国・地域において、基本的人権の尊重をお願いいたします。
      (強制労働・児童労働・虐待・人身売買・ハラスメントなどの非人道的扱いの禁止、あらゆる差別の禁止、適切な賃金の支払い、適切な労働時間の管理、団結権の尊重など)
  3. 安全衛生への配慮
    1. 事業を行う各国・地域において、安全衛生への配慮をお願いいたします。
      (機械装置類などへの安全対策、事故や健康障害の発生リスクの評価と対策、大規模災害・事故などに対する事前対策など)
  4. 環境への配慮
    1. 環境負荷の少ない製品・サービス提供のための取組をお願いいたします。
      (環境マネジメントシステムの認証取得・維持管理、環境関連法令の遵守、製品に含有する化学物質の適切な管理など)
  5. 製品・サービスの品質と安全性の確保
    1. 提供する製品・サービスの品質・安全性確保のための取組をお願いします。
      (安全性確保のための設計・評価・試験、安全性に関わる法令等の遵守、品質マネジメントシステムの構築・維持管理など)
  6. 情報システムのセキュリティー対策
    1. コンピューターネットワークへの脅威に対する適切な防御への取組をお願いいたします。
      (コンピューターウィルス、サイバーアタックに対する防御策構築、機密情報・個人情報の適切な管理による情報漏洩防止など)

お取引先に対するサステナビリティへの取組評価内容と活動実績

取引先調査の基本的な考え方

三菱電機グループでは、お取引先の「グリーン調達基準書」及び「CSR調達ガイドライン」の要請事項おける取組を確認するため、購入額上位80%に含まれる主要お取引先に対し、調査票への回答をお願いしています(新規取引では取引開始検討時に、継続取引では一定期間経過(原則3年ごと)時に実施)。お取引先からの回答に対する三菱電機グループでの評価結果をフィードバックするとともに、評価の低い項目があるお取引先とは個別に打ち合わせなどによるコミュニケーションを図り、是正をお願いしています。なお、CSR調達ガイドラインの制定に併せ、調査票の様式を2018年に改訂しました。


活動実績

2006年から国内のお取引先を調査対象としていましたが、2017年度以降は海外のお取引先も対象に加え調査を実施しています。2017年度は中国及びタイ地区を重点的に調査し、2018年度には欧州や米国のお取引先に対象を拡大しました。

「グリーン認定・CSR調達に向けた調査票」の回収状況(三菱電機)

2021年4月7日現在
  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
既存サプライヤー 696社 1,201社 455社 511社
新規サプライヤー 25社 60社 97社 69社
回答回収率 99.0% 96.0% 82% 88%
  • 1.全取引先数:約10,000社(うち購入額上位80%に含まれるお取引先約2,500社に実施)
  • 2.2017~2019年の3年間で上記のお取引先(約2,500社)すべてに対してアンケートを実施しました。
  • 3.上記件数には、改善指導実施後、再度調査票が提出されたケースも含みます。
  • 上記には19年度に調査したサプライヤーで基準に達しなかったサプライヤーや未回答サプライヤーの合計74社が含まれています。19年度で調査したサプライヤーのうち、未認定であった5社は取引を停止しました。5社の内訳は、グリーン非認定:2社、CSR要是正:1社、未回答:2社、です。

「グリーン認定・CSR調達に向けた調査票」の回収状況(三菱電機国内外関係会社)

2021年4月7日現在
  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
調査サプライヤー数 1,378社 595社 1,169社 1,080社
回答回収率 94.0% 60.5% 74% 71%

2020年度のCSR調達ガイドライン 同意確認書入手状況

2021年4月7日現在
  三菱電機 国内外関係会社
依頼社数 639社 2,469社
回答入手数(率) 570社(89%) 2,031社(82%)
  • 依頼社数を分母とし、算出した比率

2020年度グリーン認定のお取引先認定比率(三菱電機)
2020年度グリーン認定のお取引先認定比率
(三菱電機)
2020年度グリーン認定・CSR調達 お取引先調査結果(三菱電機)
2020年度グリーン認定・CSR調達 お取引先調査結果(三菱電機)

2020年度の指導社数及び改善指導内容(三菱電機)

2021年4月12日現在
項目 指導対象数 完了数 主な改善指導内容
環境 64社 24社 含有化学物質管理の強化(管理規定作成や含有化学物質の把握)
人権・労働慣行・安全衛生 96社 26社 2次お取引先へのサステナビリティ実践の働きかけ
お取引先の現場確認による品質改善・安全指導の様子(海外サプライヤー)
お取引先の現場確認による品質改善・安全指導の様子(海外サプライヤー)
お取引先の現場確認による品質改善・安全指導の様子(海外サプライヤー)

外国人技能実習生に関する調査

三菱電機では生産活動において主要な協力工場390社を対象に外国人技能実習生に関するアンケートを実施し、全社から回答を入手しました。そのうち、136社で技能実習生を採用しており、各お取引先で「優良な実習実施者」の有無や、実施状況でのリスクの有無について確認しました(「優良な実習実施者」として認定を受けているお取引先は50社)。アンケートの結果、「優良な実習実施者」として認定を受けていない86社中、内24社で改善が必要な項目があることが判明しましたが、技能実習生法や労働基準法等、遵法に抵触しているお取引先はありませんでした。
改善事項については指導するとともに、引き続き外国人技能実習生に対する人権侵害防止に向け、活動を推進していきます。

  • 外国人技能実習機構による認定制度。技能の修得実績、受け入れ体制、実習生の待遇、法令違反の有無及び実習生の相談・支援体制についての合計得点が満点の6割以上の得点で、「優良な実習実施者」の基準に適合する。「優良な実習実施者」として認定されると、実習期間の延長や受け入れ人数枠が拡大される。
改善項目と社数
改善事項 社数(重複有)
宗教上の理由で特別に便宜が必要な場合(礼拝や食事等)に対して「要望を受け付ける」「検討し措置をする」ための手続きや仕組みがない 9社
危険物や避難経路など安全衛生上重要な表示は、実習生が理解できる言語で表示されていない 17社
監理団体からの監査内容を記録・保存していない 5社
外部や内部へ通報する仕組みが確保されていない 2社
危険物に対する多言語化への指導(群馬製作所)
危険物に対する多言語化への指導(群馬製作所)
出入口や避難経路(群馬製作所)
出入口や避難経路(群馬製作所)

お取引先とのコミュニケーション

三菱電機グループでは、「資材調達基本方針」及び「CSR 調達方針」の考え方をお取引先にご理解いただくため、各事業所においてお取引先への説明会を開催しています。このような活動を通して三菱電機グループの考え方にご賛同いただくため、調査票の内容に基づき定期的にお取引先と意見交換も実施しています。また、お取引先においてもサステナビリティへの取組を更に進めていただくようお願いしています。2020年度では新型コロナ感染への予防のため、大規模な説明会は実施しておりませんが、Microsoft teamsを活用しオンラインによる説明会を実施しています。

今後も事業継続計画(BCP)活動支援や欧州RoHS指令などの化学物質規制改正に関する説明会やコンプライアンスに関連する講座(輸出管理、情報セキュリティー管理、下請法等)も開催していきます。

  • 災害などの緊急事態が発生したときに、企業が損害を最小限に抑え、事業の継続や復旧を図るための計画。

サプライヤーとのパートナーシップの強化に向けた取組

三菱電機グループでは、開発の源流段階から部品・材料の共同開発を行い、先端製品の採用、素材のリサイクル、材料の使用量削減などを実施するVE(Value Engineering)活動をお取引先と一体となって実践しています。

三菱電機幹部からの表彰(稲沢製作所)
三菱電機幹部からの表彰(稲沢製作所)

この活動では、小型軽量化による材料の使用量削減や環境に対する負荷低減を推進し、三菱電機とお取引先双方にとって売上げ拡大や技術力の向上につながるWin-Winの関係を構築しています。特に成果の大きかったお取引先につきましては、三菱電機より表彰を実施しています。

この活動は日本国内のみならず、英国、米国、中国、タイ、インドネシア、メキシコ、インド、コロンビア等のお取引先にも積極的に展開しています。VE講習会における筆記試験・VE実践などにより一定水準に達したことを確認できた受講者には、インストラクター資格を与えるなど、社内外の人材育成にも努めています。

東南アジア地区におけるVE講習会(インドネシア)
東南アジア地区におけるVE講習会(インドネシア)
東南アジア地区におけるVE講習会(インド)
東南アジア地区におけるVE講習会(インド)
東南アジア地区でのお取引先表彰(マレーシア)
東南アジア地区でのお取引先表彰(マレーシア)
中国地区におけるお取引先との打ち合わせ
中国地区におけるお取引先との打ち合わせ

調達関連法規に関する教育の実施

三菱電機グループでは、調達業務に携わる社員に業務を遂行する上でかかわりのある法令を遵守させるため、調達関連法規に関する様々な教育を行っています。例えば、国内では独占禁止法、下請代金支払遅延等防止法、建設業法など、調達業務に特にかかわりのある法令に関し、「資材調達関連法規講座」を開催し、遵守徹底に向けた指導・教育を行っています。また、海外においても、贈収賄や横領など、公正な取引に反する行動がないよう、行動指針やチェックシートを使用した指導・教育、調達業務に携わる現地社員などを対象にした調達関連コンプライアンス教育などを行っています。調達サプライチェーンにおけるCSRへの取組を更に進めていくため、「サプライチェーンCSR推進検討会」開催などによる各事業所活動情報・指導情報の共有化、調達部門社員向けCSR教育などを行い、CSRへの取組を一層強化しています。

タイ地区における調達関連コンプライアンス教育
タイ地区における調達関連コンプライアンス教育
調達部門社員向けCSR教育
調達部門社員向けCSR教育

企業情報

CSR・サステナビリティに関するご意見等は、こちらからお願いします。

ご意見・お問い合わせ

CSR・サステナビリティ報告に関するアンケートは、こちらからお願いします。

アンケート
このページを共有

サステナビリティ
カテゴリ内情報