東部研究所地区の生きもの調査レポート

各事業所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
地域の自然との共生に向けて様々な取組を実施
東部研究所地区

東部研究所地区では、2014年度に生きもの調査を実施し、その後は年に1回、主に外来植物の状況を把握するための追跡調査を行っています。
これらの調査結果をもとに、地元・鎌倉市の豊かな自然と調和する緑地づくりを進めてきました。2016年に造成したスマートハウス南側の緑地に続き、2017年には、正門近くの敷地に新たな緑地を造成。地域在来種の植栽・育成をはじめ、社員の憩いの場や教育のツールとしても活用することを目指しています。また、外来種の駆除・防除にも継続的に取り組んでいます。
これらに加え、社員が植物と触れ合う機会をつくるとともに、ストレス軽減などにもつなげる目的で、オフィスでの鉢植えの設置も進めています。

研究所所在地

〒247-8501 神奈川県鎌倉市大船5-1-1

主な研究内容

情報、マルチメディア、光電波・通信技術分野の研究開発

主な取組テーマ

  • 外来植物の適切な管理についての研究と実践[A-1-(2)]
  • 在来植物の苗の育成と導入[B-4-(2)][B-4-(3)]
  • グループの他の事業所や地域住民を対象とする情報発信[C-7-(1)]
  • 社員の憩いの場となる緑地の造成[C-6-(1)]
  • オフィスへの植物の導入[C-6-(1)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 構内植生に影響を及ぼす侵略的な外来植物を特定し、駆除・防除を実施
  • 地域在来種を導入するなど、生物多様性に配慮した緑地を2か所造成。スマートハウス南側の緑地は在来種育成や外来種に関する学習の場、正門近くの緑地は社員の憩いの場や子供向けの環境教育の舞台と、異なるコンセプトで管理・活用
  • 敷地内で地域の子ども向けの環境教育を実施

東部研究所地区の活動テーマ

生物多様性に配慮した緑地づくりと外来種対策を継続的に実施

東部研究所地区の担当者

東部研究所地区の担当者

業務部 管理グループ

東部研究所地区では、2014年度に実施した生きもの調査の結果をもとに、調査会社の方や、地域の有識者にもご意見を伺って活動の内容を定めました。現在は、主に、正門近くの敷地とスマートハウス南側の敷地に生物多様性に配慮して造成した2つの緑地の管理・活用と、外来種の駆除・防除に取り組んでいます。

上記の緑地には、いずれも地域の在来種を導入しており、在来の鳥類や昆虫類などが休憩や採餌に利用できる場所にしています。今後も継続的に取組内容のレベルアップを図っていきます。

生物多様性に配慮した2つの緑地

生物多様性に配慮した2つの緑地

主な活動内容

コンセプトの異なる2つの緑地を管理

スマートハウス南側の緑地(在来樹種の圃場)
スマートハウス南側の緑地(在来樹種の圃場)

スマートハウス南側の緑地では、あえて外来植物を残すとともに、その生態などを学べる看板を設置しています。また、在来種を育成するための圃場も設けています。圃場には近隣で採取した地域在来の樹木の種を植えており、2019年4月までに、ここで育った苗木約50本を地区内の各所に移植しました。

一方、正門近くの緑地では、トンボなどの利用を想定して水場を設け、周囲に地域在来種を中心とした樹木を植栽。四季折々に花が楽しめる樹種を植え、緑地が見える場所にベンチを置くなど、社員の憩いの場としての機能も持たせています。2017年7月には、鎌倉市の花であるリンドウの株を導入しました。この株は、鎌倉市みどり課の紹介で、リンドウ育成に取り組まれている市民の方から譲り受けたものです。地域とのつながりを意識した緑地管理に向けて、地元行政や地域住民の方との交流も重視しています。

トンボなどのため水場を設置
トンボなどのため水場を設置
市民の方から譲り受けたリンドウを植栽
2017年秋に初めての花が咲いた
市民の方から譲り受けたリンドウを植栽。2017年秋に初めての花が咲いた
ウォーキングマップ
ウォーキングマップ

現在、これらの緑地について改めて社員に周知し、興味を持ってもらえるよう働きかけています。その一環として、総務部門と協力し、イントラサイトで公開している「ウォーキングマップ」に緑地の位置を掲載。運動不足の解消に向けて昼休みなどに構内をウォーキングする社員に、緑地へ足を運んでもらうよう促しています。

オフィス・グリーン・プロジェクトを推進

デスクでの鉢植え設置
デスクでの鉢植え設置

社員が緑に触れ、興味と愛着を持つきっかけづくりを兼ねて、植物の持つストレス軽減効果などの活用に取り組んでいます。2017年からは、社員一人ひとりに鉢植えを配布し、デスクで育ててもらう「オフィス・グリーン・プロジェクト」を推進。2019年7月までに約500名に鉢植えを渡しました。2018年秋に実施した社員アンケートでは、「ストレス軽減の効果を実感している」との回答が多く寄せられています。


フォトギャラリー


このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報