京都製作所の生きもの調査レポート

各事業所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
生きものが利用しやすく、多くの種を見ることができる緑地を目指して
京都製作所

京都製作所はJR長岡京駅の北東に位置し、事業所の周辺は市街化されているものの、北側には耕作地も残されています。また、西側には「西山」と呼ばれる山があり、東側には「桂川」が流れています。こうした周辺環境とのつながりを知り、生きものの生息・生育場所という観点から見た「緑地の質の向上」と、今後の「生物多様性保全活動の方向性」を検討するため、調査を実施しました。

一見すると建物ばかりに見える構内においても、様々な生きものが生息・生育し、利用していることが分かったことで、生きものが利用しやすく、多くの種を見ることができる緑地に改善していくための活動を始めています。

事業所所在地

〒617-8550 京都府長岡京市馬場図所1番地

主な取扱製品

液晶テレビ、デジタルサイネージ(電子看板)、EV用パワーコンディショナ、ディスプレイウォール、業務用プリンター、レーザー光源

主な取組テーマ

  • 都市の緑地生態系の一部としての機能維持・質の向上[B-4-(1)][B-4-(3)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 四季を通じた調査で生きものの緑地利用の特性を把握
  • 都市部で減少している良好な草地環境の維持
  • 生きものとの共生を考えた「草地ビオトープ」を整備

京都製作所の活動の方向性

以下は三菱電機グループの各事業所による生物多様性保全活動の方向性を示した一覧表です。

京都製作所の活動がどの方向性に当てはまるのかを、色で示しています。

調査結果をもとに「草地ビオトープ」を整備し、社員へ情報発信

活動の方向性

A
生きものへの
負の影響を低減する

  • 1.「開発圧※1」「外来種圧※2」の抑制  ※3
  • (1)生きものに対する影響把握
  • (2)外来種管理
  • 2.「希少種」「固有種」への注意喚起と保全
  • (1)構内生物リストの公開
  • (2)希少種、固有種の保全
  • (3)周辺の保全課題への協力
  • 3.農薬影響の管理や、緑地・天然資源の保全
  • (1)生きもの殺傷の抑制
  • (2)水や土壌等の天然資源への配慮

B
生きものとの
より豊かな共生を目指す

  • 4.機能緑地の設定
  • (1)緑地管理の体制
  • (2)飛翔性生物の利用地の整備
  • (3)「みどり+生きもの」優先地の整備
  • (4)事業所周辺への「みどりの連続性」の提供
  • (5)事務所周辺の生物多様性保全活動への貢献
  • 5.緑地の単純化、特定化など、産業的志向からの脱却
  • (1)植生の多様化・多層化
  • (2)植物などの特性に合致した緑地管理
  • (3)地域への貢献・配慮

C
働く中で社員が
自然との関係を取り戻す

  • 6.生態系サービスの職場での積極的享受
    (休憩所、フロア)
  • (1)文化的サービスの享受・場づくり
  • (2)供給サービスの享受・場づくり
  • 7.「無関心」「無関係」状態から、
    「全員が関係ある」状態へ
  • (1)理解と行動促進の教育
  • (2)職場・業務での関係創出
  • ※1開発圧:棲みかの破壊。事業拠点を新たに建設することや、天然資源の採取などのために開発が行われること(サプライチェーンでの開発を含めて)、などが該当。操業による水の使用が周辺地域や水源、ひいては生きものの生息環境に影響を与える場合などもこれに含まれると考えられる。
  • ※2外来種圧:その地域にもともと存在しない生きものが、外構や建物の脇の緑地、生垣などをつくる際に地域の外から樹木や草木を導入することがある。何気なく行われる生きものの移動が、地域固有の種の生息を脅かしたり、遺伝的な汚染の原因となることがある。
  • ※3外来生物法の「特定外来生物の飼育、栽培、保管又は運搬」に関する規定に則り活動を実施。

生きもの調査結果

京都製作所は、外部の調査会社の協力のもと、2016年11月、2017年2月、5月、8月に生きもの調査を実施しました。四季を通じての合計で、88科259種の植物、1目2科2種の哺乳類、7目20科29種の鳥類、1目2科2種の両生類、9目26科49種の昆虫類を確認。希少種も4種が確認されました。

新しいウィンドウが開きます京都製作所 生きものリスト(PDF:135KB)

考察と行動

四季を通じた調査の結果、調査にご協力いただいた専門家から、以下のような報告と構内緑地をエコアップ(生きものの生息環境に配慮した環境に改善すること)する提案をいただきました。これらを受けて京都製作所では、取り組みやすさや、製品生産への影響なども考えたエコアップ施策と社員への情報発信と啓発を推進する考えです。

報告の主なポイント

管理された低茎草地に、農耕地の草地に生育する種を確認。
構内の草地のほとんどがよく管理された草丈の低い草地だったが、ヒナギキョウやスズメノヤリなど、農耕地の草地に生育する種を確認した。宅地化した製作所周辺では草地は少なく、製作所が草地に生える植物の重要な生育場所になっている可能性がある。
良好な草地環境に生息する昆虫を確認。
一部の草地で成立していたチガヤ草地では、良好な草地環境に生息する昆虫のホシササキリを確認した。
構内の樹林帯が鳥類の利用やニホンアマガエルの生息に寄与。
構内の北側に耕作地と隣接した樹林帯があることで、一部の生きものにとって利用しやすい環境が維持されていると考えられる。例えば、スズメやキジバトなどの鳥類は、北側耕作地で餌を採り、構内の樹林帯で休息している行動が確認された。また、ニホンアマガエルは幼生が水田で成長し、成体が樹上で生活するため、構内の樹林帯によって生息に適した環境が拡大していると考えられる。
鳥類が越冬場所として構内の緑地を利用。
構内の緑地は面積が小さく周囲の樹林との連続性も乏しいので、樹林性の鳥類が繁殖場所として利用するのは難しいものの、冬季には樹林性の鳥類の種数が増加しており、越冬場所として利用されていると考えられる。
一部のトンボ類が池を生息場所として利用。
構内における水辺環境は正門横の小さな池のみだが、ヤブヤンマの羽化殻を確認した。オオシオカラトンボがなわばりを示す行動も確認した。数種のトンボ類がこの池を利用して成長、羽化していると考えられる。

主なアドバイス内容

構内のチガヤ草地を生きものにとってより利用しやすい環境にしていくと良い。
・草地に好んで生息するバッタ類が成虫になる夏直前の時期までは、草を根元まで刈らず、ある程度の草丈を維持する。
・構内の草地全域を一度に刈ると昆虫などの生息場所がなくなるため、範囲を区分けし、草刈り実施箇所の草丈がある程度伸びてから、別の場所の草刈りを行うようにする。
中央広場に「草地ビオトープ」を設置してはどうか。
中央広場は比較的まとまった面積があり、植栽樹群と日当たりの良い草地で構成されており、観察会などのイベントを行うのにも適した場所と言える。
・構内に生育しているチガヤを播種、移植して、多くの生きものが利用しやすいチガヤ草地を創出する。
・周辺の耕作地に生育している草地の植物(特にオミナエシ、カワラナデシコなど花を咲かせる種)を播種・移植して、様々な草地の植物が生育する空間を創出する。

「草地ビオトープ」を整備

今回の調査で、工場緑地の管理において駆除対象としてきた雑草が生物多様性に貢献していることが分かったことから、2018年度に「草地ビオトープ」を整備することとしました。中央広場に構内のチガヤ、オミナエシ、カワラナデシコを移植し、ある程度草丈の高い草地にして、生物多様性に配慮した草刈(一度に刈らない)を行います。

また、社員の生物多様性保全への関心を高めるため、各職場に設置されているサイネージ(電子看板)を情報発信や啓発に活用することも検討していきます。

中央広場の草地ビオトープのイメージ
中央広場の草地ビオトープのイメージ

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報