三田製作所の生きもの調査レポート

各事業所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
社員自ら生きもの調査を実施
三田製作所

三田製作所では、2014年から、社員が自ら生きもの調査を行い、その結果を製作所内の他の社員に公表する取組を続けています。生きものに詳しくない社員に、生きものへの興味を持ってもらいたいという考えによるものです。

その後、徐々に取組の範囲を広げ、参加メンバーを公募するなど、担当者だけでなく事業所全体を巻き込んだ活動への育成を図っています。このほか、専門家のアドバイスを参考に「自然観察エリア」を設置し、経過観察を続けています。

事業所所在地

〒669-1513 兵庫県三田市三輪二丁目3番33号

主な取扱製品

カーマルチメディア機器(ナビゲーション、リアシートエンターテインメントシステム、カーオーディオ、BD、DVD、CD、TV他)、自動車用装備品(エアバッグコントロールユニット、HID点灯装置他)、自動車用アクチュエーター・バルブ類、DVD・CDデッキ類

主な取組テーマ

  • 社員が取り組む生きもの調査[C-7-(1)] [C-7-(2)]
  • 自然観察エリアの設定[C-7-(1)]
  • 活動に関与する社員の拡大[C-7-(1)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 担当の社員が敷地内で見つけた生きものを記録し、その結果を定期的に他の社員に向けて発信
  • 生きものに詳しい社員を見つけ、参加を促すことで活動の輪を広げていく

三田製作所の活動テーマ

製造管理部 環境・施設管理課
製造管理部 環境・施設管理課

三田製作所では2014年春に、環境・施設管理課所属の社員たちによる生きもの調査を開始しました。専門家に頼らなかったのは、「最初は自分たちで調べないと、興味を持てない」と思ったからです。また、「生物多様性」という言葉が持つ「難しい」「専門的」というイメージを払拭し、社員に活動を身近に感じてもいたいという思いもあったことから、社員自ら調査し、他の社員に紹介することから始めることにしました。調査結果は「生きもの図鑑」にまとめ、構内向けの環境ニュースや地域交流イベントで発信しています。

生きもの図鑑を読んだ社員から内容への指摘が出るなど、生きものへの興味や知識がある社員とコミュニケーションする機会も生まれてきました。さらに2017年からは、「生物多様性活動参加メンバー募集」と題して、ポスターなどによる公募で社員の取組参加を図っています。こうした取組を経て、いつか、事業所全体を巻き込む活動へと育てていけたらいいと考えています。

活動内容をメンバーで相談
活動内容をメンバーで相談
カメラを持ち歩き、生きものを見つけて撮影
カメラを持ち歩き、生きものを見つけて撮影
調査結果を地域交流イベントでも公開
調査結果を地域交流イベントでも公開

取組の展開

2018年10月現在、三田製作所では、「社員が取り組む生きもの調査」「自然観察エリアの設定と観察」「活動に関与する社員の拡大」の3つの取組を展開。徐々に範囲を拡大しています。

さらに今後は、2030年までに緑地の拡大も計画しています。

三田製作所の主な取組

三田製作所の主な取組

A. 自ら行う生きもの調査

2014年から調査を継続。調査結果は図鑑にまとめて社員に発信しています。当初は調査結果を網羅的に報告するという内容でしたが、2016年以降は、「植物図鑑」「鳥図鑑」といった種類ごとの図鑑、季節ごとの開花スポットが分かる「さくらMAP」など、様々な切り口で社員の興味を喚起しています。

A. 自ら行う生きもの調査

B. 自然観察エリアの設定と観察

2015年中に候補地を選定
2015年中に候補地を選定

生きもの調査結果に基づいて、2015年12月に有識者ダイアログを開催。いただいたご意見を基に、敷地内に「自然観察エリア」を設置することにしました。手入れをせず自然の形成に任せるエリアとしていましたが、今後はチガヤの草地形成を目指し経過を観察しています。

  • イネ科の多年草。全国的に見られる普通種で、70~80cm程度の高さとなる。ツリガネニンジンやゲンノショウコなどの在来の野草と共存する。

自然観察エリアの設定と観察

B. 自然観察エリアの設定と観察

C. 活動に関与する社員の拡大

もともと生きものへの興味や知識を有する社員や、情報発信を通じて生きものに興味を持った社員に働きかけて、活動への“巻き込み”を図っています。

生きもの調査についての情報発信を始めた2015年ごろから、各担当者が、生きものに興味を持つ社員とコミュニケーションする機会が自然と増えてきました。こうした社員にも活動にかかわってほしいと考え、2017年から参加メンバーの公募を開始。応募者には調査のほか、今後の取組について検討するディスカッションにも参加してもらっています。 また、当製作所で開催されたMELCOゼミナール「事業所で行う生物多様性保全実践」では、受講者が所属する事業所での取組状況と三田製作所との比較ワークなどを行い、活動の狙い・実施体制・実践方法などを学習してもらいました。

2017年以降、毎年メンバーを募集
2017年以降、毎年メンバーを募集
応募メンバーは取組の内容や考え方を学んだ上で、調査や検討会に参加
応募メンバーは取組の内容や考え方を学んだ上で、調査や検討会に参加
MELCOゼミナール「事業所で行う生物多様性保全実践」では、社外有識者の講演、関連施設の見学、参加者とのディスカッションなども実施
MELCOゼミナール「事業所で行う生物多様性保全実践」では、社外有識者の講演、関連施設の見学、参加者とのディスカッションなども実施

フォトギャラリー


番外編:三田製作所の四季

春 桜

春 桜

夏 緑葉

夏 緑葉

秋 紅葉

秋 紅葉

冬 雪化粧

冬 雪化粧

(桜)
(緑葉)
(紅葉)
(雪化粧)
撮影時期:2014年~2015年

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報