伊丹地区の生きもの調査レポート

各事業所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
希少種保全と工事に伴う代替環境の整備をテーマに
伊丹地区

伊丹地区では、2016年度に実施した生きもの調査の結果を踏まえ、外来生物の防除や希少種の保全に取り組んでいます。2019年には、生きものが暮らしやすい環境を整えるため、また、工事で失われた水路に生息していたトンボなどの生きものの代替環境として、ビオトープ(愛称:イタトープ)を新設しました。社員が職場で身近な自然との関係を構築できる場となるよう、生物多様性勉強会やビオトープの維持管理作業など、社員参加型の活動を積極的に展開しています。

また、同じ敷地内にある関係会社の菱彩テクニカ(株)も2020年3月にビオトープを造成し、4月から定期観測を進めています。

事業所所在地

〒661-8661 兵庫県尼崎市塚口本町八丁目1番1号

主な取扱製品

<伊丹製作所>

交通システム・エンジニアリング(車両システム、交通情報通信システム)及び車両用電機品(主電動機、制御装置、電源装置、ブレーキ電機品、車上情報装置、車上保安装置ほか)

<系統変電システム製作所>

電力系統・変電システムエンジニアリング、ガス遮断器、ガス絶縁開閉装置

<通信機製作所>

情報通信システム、端末機器、電子応用機器および電子デバイスの設計、製造、試験

<コミュニケーション・ネットワーク製作所>

情報通信システム、機器の設計、製造、試験

<先端技術総合研究所>

電機、電子、産業、情報、環境等の関連技術の研究開発


主な取組テーマ

[三菱電機伊丹地区]

  • 生きもの調査で確認された外来生物の防除を検討 [A-1-(1)] [A-1-(2)]
  • 生きもの調査で発見した希少種を保全 [A-2-(2)]
  • 従来存在した水環境を回復するビオトープを造成 [A-1-(1)] [B-4-(1)] [B-4-(2)] [B-4-(3)] [B-4-(4)] [B-5-(1)]
  • 新道沿いでの緑地造成にてビオトープ拡大を狙う [B-4-(1)] [B-4-(2)] [B-4-(3)]
  • 社員のストレス低減にみどりを活用 [C-6-(1)]

[菱彩テクニカ(株)]

  • 社員のマインド育成と地域社会との接点としてビオトープを設置 [C-7-(1)] [C-7-(2)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

[三菱電機伊丹地区]

  • 敷地内で大規模な工事が続いていることから、「工事前後で生物や植物がどう変わるのか」というテーマを設定して生きもの調査を実施
  • 構内にある鎮守の森で希少な「ムクロジ」が発見されたことから、この保全を検討
  • 工事に伴い環境が大きく変わる場所もあることから、生きものが暮らしやすい環境を残すための工夫を検討。そのシンボルとして、水場を含み、地域在来の植物からなるビオトープを造成
  • 敷地内での緑地面積の回復に向けて、新ビオトープと連携する緑地帯造成を構想。圃場としての地域種苗導入を計画
  • 緑の持つストレス低減効果の活用の一環として、産業医室利用者の心理へ配慮した鉢植えの設置やオフィス内での鉢植えの机上設置を開始

[菱彩テクニカ(株)]

  • ビオトープを社員が手づくり

伊丹地区の活動の方向性

以下は三菱電機グループの各事業所による生物多様性保全活動の方向性を示した一覧表です。

伊丹地区の活動がどの方向性に当てはまるのかを、色で示しています。

地元の自然と調和し、生きものを呼び込める緑地づくり

活動の方向性

A
生きものへの
負の影響を低減する

  • 1.「開発圧※1」「外来種圧※2」の抑制  ※3
  • (1)生きものに対する影響把握
  • (2)外来種管理
  • 2.「希少種」「固有種」への注意喚起と保全
  • (1)構内生物リストの公開
  • (2)希少種、固有種の保全
  • (3)周辺の保全課題への協力
  • 3.農薬影響の管理や、緑地・天然資源の保全
  • (1)生きもの殺傷の抑制
  • (2)水や土壌等の天然資源への配慮

B
生きものとの
より豊かな共生を目指す

  • 4.機能緑地の設定
  • (1)緑地管理の体制
  • (2)飛翔性生物の利用地の整備
  • (3)「みどり+生きもの」優先地の整備
  • (4)事業所周辺への「みどりの連続性」の提供
  • (5)事務所周辺の生物多様性保全活動への貢献
  • 5.緑地の単純化、特定化など、産業的志向からの脱却
  • (1)植生の多様化・多層化
  • (2)植物などの特性に合致した緑地管理
  • (3)地域への貢献・配慮

C
働く中で社員が
自然との関係を取り戻す

  • 6.生態系サービスの職場での積極的享受
    (休憩所、フロア)
  • (1)文化的サービスの享受・場づくり
  • (2)供給サービスの享受・場づくり
  • 7.「無関心」「無関係」状態から、
    「全員が関係ある」状態へ
  • (1)理解と行動促進の教育
  • (2)職場・業務での関係創出
  • ※1開発圧:棲みかの破壊。事業拠点を新たに建設することや、天然資源の採取などのために開発が行われること(サプライチェーンでの開発を含めて)、などが該当。操業による水の使用が周辺地域や水源、ひいては生きものの生息環境に影響を与える場合などもこれに含まれると考えられる。
  • ※2外来種圧:その地域にもともと存在しない生きものが、外構や建物の脇の緑地、生垣などをつくる際に地域の外から樹木や草木を導入することがある。何気なく行われる生きものの移動が、地域固有の種の生息を脅かしたり、遺伝的な汚染の原因となることがある。
  • ※3外来生物法の「特定外来生物の飼育、栽培、保管又は運搬」に関する規定に則り活動を実施。

生きもの調査結果

伊丹地区は、外部の調査会社の協力のもと、2016年5月、8月、11月、2017年2月の4回に分けて生きもの調査を実施しました。この結果、205種の植物と、115種の昆虫、23種の水生生物(一部昆虫と重複)を確認できました。

また、2021年度には第2回調査を進めています。この結果についても、生きものリストとして公表予定です

新しいウィンドウが開きます伊丹地区 生きものリスト(PDF:127KB)


考察と行動

伊丹地区では、毎年振り返りをして活動のステップアップを図っています。直近では、2021年8月に伊丹地区の生物多様性保全推進担当者が集まって「生物多様性保全連絡会」を開催しました。

1. 2020年度の振り返り

生物多様性保全連絡会には2016年度の調査から協力いただいている専門家にも参加いただき、2019年に完成したビオトープに関する報告と今後の活動へのアドバイスをいただきました。

2020年度の活動を振り返って

<良かった点>

  • イタトープで昨年度に引き続きトンボの繁殖が確認された。
  • 2020年度も事務局メンバーを中心としたモニタリングにより、多数のトンボの繁殖が確認された。基本的には現在の環境を維持することで、現在生息しているトンボは保全できると思われる。社員による除草作業等によってイタトープの環境は維持されている。今後も植栽した植物が繁茂し過ぎないように適切な管理を継続することが大切である。
ガマにとまるアオモンイトトンボ
ガマにとまるアオモンイトトンボ
トンボの幼虫 ギンヤンマ(上)、シオカラトンボ(下)
トンボの幼虫
ギンヤンマ(上)、シオカラトンボ(下)
在来種のチビゲンゴロウ
在来種のチビゲンゴロウ
  • 生物多様性についての基礎的な情報を共有できた。また、リモートによる啓発活動の有用性が確認できた。
  • 従来の実地勉強会の代替として生物多様性保全勉強会を実施、伊丹地区の生物多様性保全の活動の基礎的な部分について知るための良い機会となった。活動のコンセプトに対する認識がより深まったと思われる。
    対面の方が分かりやすい場合もあるが、密集せずに勉強会が開催できるのは大きな利点である。
イタトープ
イタトープ
  • ビオトープの愛称が決まり、看板を設置した。
  • 社員自ら付けた名前があれば愛着が湧きやすいと思われる。また、看板があれば活動内容が社内に浸透しやすくなり、来客者に対する活動のアピールにもなる。さらにイタトープを観察する際に注目すべきポイントも分かりやすい。

<今後の活動における注意点>

  • 生物を移動させない。
  • 伊丹地区内のビオトープには外来の水生生物や植物も生息している。これらの生物はモニタリングや維持管理の際に、バケツや魚網などに付着して別のビオトープに意図せず持ち込まれる可能性がある。今後、ビオトープでの活動においては、使用後の道具に生物が付着していないかをよく確認する必要がある。ビオトープごとにバケツや魚網を使い分けても良い。
  • ガマの刈り取りを継続する。
  • イタトープに生育するガマはアオモンイトトンボの成虫の生息場所になっているが、他の植物を圧迫するので、引き続き抜き取りや刈り取りを実施する。ガマを刈り取るとアオモンイトトンボの生息環境が減少するが、イタトープにはガマの他にもアオモンイトトンボの利用できる抽水植物が生育しているため、ガマを刈ることによるダメージは小さいと推測される。
    月1回程度のペースを理想としつつ、可能な範囲で刈り取りを実施することが望ましい。
  • 年数回のモニタリングを実施する。
  • 2020年度は新型コロナウイルスの流行に伴ってイタトープのモニタリング回数を減らしたため、生物の生息状況の把握がやや不十分であった。新型コロナウイルスの流行状況によるが、可能であれば2021年度は年3回程度(春、夏、秋)のモニタリングを実施することが望ましい。

2. 2021年度の活動概要

2020年度の活動に関する評価や改善点を踏まえ、また、ビオトープに限らず伊丹地区全体の生物多様性向上のために、2021年度は下記の活動を実施しています。

  • 引き続きビオトープを中心とした「生物モニタリング」「維持管理」「啓発」の実施
  • 生物モニタリング:ビオトープにおける生物の保全効果を確認し、課題を発見する
    • 日常の生物観察
    • 定点撮影
    • トンボ調査
    • 水生生物調査
    • 植物調査
  • 維持管理:生物の生息環境の維持及び向上を図る
    • 外来植物の抜き取り
    • 藻の除去
    • 植物の間引き
    • 植物の刈り取り
    • ムクロジの施肥
  • 啓発:勉強会や情報発信に加え、観察などの機会を設ける
    • 勉強会
    • ニュースレターの発行
  • ビオトープへの看板設置
  • ビオトープのコンセプト、伊丹地区の取り組みを社員・来客に向けて分かりやすく説明
  • ビオトープ以外の、既存緑地の質の向上
  • 敷地内の神社周辺などの工場内緑地における外来植物の駆除
  • 敷地内の南ビオトープ(1998年設置)のかいぼりによる外来種駆除と、トンボや水生生物の生息環境の向上
  • 伊丹地区ビオトープのコンセプトに沿った新規緑地の計画
  • 新しく作られる緑地をビオトープのコンセプトに沿ったものとするための植栽樹種やゾーニングについて検討
    (鳥や昆虫など地域の生物の生息場所となり、伊丹地区の社員9,000人が身近な自然と触れ合うことができる緑地を目標とする)

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報