受配電システム製作所の生きもの調査レポート

各事業所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
調査結果に基づくビオトープの整備
受配電システム製作所

受配電システム製作所では、2016年2月から、季節ごとに計4回の生きもの調査を実施しました。この結果を踏まえて、試行錯誤しながら、生きものとの共生を目指した環境づくりに力を注いでいます。

2017年1月には、社員の手で小規模なビオトープづくりに挑戦。その結果をもとに、専門家に依頼して新たなビオトープを造成しました。この新たなビオトープは野鳥などの休息地とすることを目的としたもので、2018年2月に竣工した新生産棟からその様子を観察できるよう、場所も工夫しています。また、2020年3月に鳥類、9月にはトンボ類の生息状況について追加の調査を実施するなど、経過を観察しています。

このほか、社員や地域の子どもたちに生きもののことを知ってもらう機会の創出にも取り組んでいます。

事業所所在地

〒763-8516 香川県丸亀市蓬萊町8番地

業務内容

受配電システムエンジニアリング、84kV以下ガス絶縁開閉装置、スイッチギヤ、真空遮断器、ガス遮断器、真空コンタクタ、低圧気中遮断器、直流高速度遮断器、真空バルブ、監視制御盤、モータコントロールセンタ、受配電監視制御システム、開閉装置用電子機器、保全支援システム


主な取組テーマ

  • 事業所敷地内および周辺地域で生きもの調査を実施、確認した生きものを社員に周知 [A-2-(1)]
  • 調査で確認した希少種を新生産棟建設地付近より移植し保全 [A-2-(2)]
  • 専門家のアドバイスのもと、鳥類が休息・採餌に利用できるビオトープを造成
    [B-4-(1)] [B-4-(2)] [B-4-(3)] [B-4-(4)] [C-7-(1)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 周辺地域でも生きもの調査を実施、敷地内外の確認種を比較して方針を検討
  • 動物(主に哺乳類)の敷地利用状況を把握するため、自動撮影カメラによる調査も実施
  • 社員の手で植栽や水場整備の実験を行い、「手づくりビオトープ」を製作
  • 社員が生きものを観察できるよう、ビオトープの造成場所などを工夫
  • 野鳥の休憩地となる新たなビオトープを造成し、水浴び場や止まり木の設置など種々の施策を実施

受配電システム製作所の活動テーマ

「鳥類」が利用しやすい環境を整備

造成したビオトープの様子を目視と自動撮影カメラで継続的に観察している
造成したビオトープの様子を目視と自動撮影カメラで継続的に観察している

ここ受配電システム製作所は、海に突き出した埋立地の中にあります。人工的な環境ですが、周辺には川や公園もたくさんあり、調査ではそれらの場所から飛来したとみられる生きものが確認されました。特に多かったのが鳥類で、敷地内の樹林や草地を、餌探しや休息に利用していると見られます。

この鳥たちとどのように共生していったらよいのか。専門家のアドバイスでは、敷地内にない「水辺」を新たにつくることで、湿地を好む野鳥やトンボを呼び込めるのではないかとのことでした。そこで、まずは自分達の手でビオトープをつくることとし、2017年1月に「手づくりビオトープ」を完成させました。その後の観察で野鳥が水辺を利用していることが確認できたことから、「手づくりビオトープ」とは別に、専門家に依頼して新たなビオトープを造成することを決定。2018年3月に完成しました。

これらのビオトープでは、水辺を設け、水生植物を植えるとともに、ビオトープの周りには野鳥が好む実のなる木を植えています。さらに新たなビオトープには、巣台や止まり木を設置したり、トンボが好む開けた水面を整備したりするなど、野鳥や昆虫が休息、営巣しやすいよう設計。周囲には、在来種の草木を植栽し、地域環境との調和にも配慮しています。

  • 「兵庫の貴重な自然 兵庫県版レッドリスト2013(鳥類)」(兵庫県, 2013)でBランク、「高知県レッドデータブック(動物編)」(高知県, 2002)で準絶滅危惧(NT)に該当

水辺を含むビオトープの造成
つがいで飛来したカルガモ
つがいで飛来したカルガモ
マイコアカネ(オス)
マイコアカネ(オス)

2018年3月に完成したビオトープには、多くの生きものが訪れています。

頻繁に観察できるのが、モズやハクセキレイ、ジョウビタキ、カルガモなどの野鳥です。ビオトープの水辺や周辺の樹林帯で餌を探したり、中ノ島や止まり木で休息したりしていると見られます。

また、複数種類のトンボやチャイロチビゲンゴロウなどの水生昆虫も確認。トンボは、事前に周辺地域で実施した生きもの調査で確認できた種が多く、敷地内の水辺はトンボが利用しやすい環境になっていると考えらえます。10月には、香川県のレッドデータブックで絶滅危惧Ⅱ類に指定されている希少なトンボ「マイコアカネ」の飛来・産卵も確認できました。

ビオトープの様子は、2018年2月に竣工した新生産棟から、野鳥を驚かさない程度の距離を保って観察できます。受配電システム製作所では、ビオトープへのアプローチ(歩道)の整備も進めており、「手づくりビオトープ」(下の記事を参照)とあわせて、生きものの休息地としてだけでなく、社員や地域の子どもたちが生きものについて考える場としても活用していきます。

  • ビオトープの全体像
ビオトープの全体像
小さな野鳥が水浴びできる浅瀬と飛び石
小さな野鳥が水浴びできる浅瀬と飛び石
草に隠れて休息できる中ノ島
草に隠れて休息できる中ノ島
高さを変えた止まり木。野鳥やトンボが利用する
高さを変えた止まり木。野鳥やトンボが利用する
野鳥向けの木製デッキ
野鳥向けの木製デッキ

社員による「手づくりビオトープ」の製作

2017年1月に完成した「手づくりビオトープ」は、その設計から水張りや植栽まで、すべてが社員の手づくりで生まれたビオトープです。3m×1.5mほどの小さな池を中心に、近くに野鳥が好む実のなる木を植樹しており、池の中には敷地内の側溝沿いで見つかった希少な植物「コガマ」も移植。その保全地としての役割も果たしています。

規模としてはささやかなものですが、少しでも自分達の手を動かしてみることで、人と生きものとのかかわりの大切さを体感することができました。

現在は水量の管理などのメンテナンスを行いながら経過を観察しており、「池の底にヤゴを見つけた」という社員も。今後もこの環境を維持していく予定です。

  • 「香川県レッドデータブック 香川県の希少野生生物 2004」で準絶滅危惧に該当
  • ビオトープづくりダイジェスト
社員がビオトープを手づくり
社員がビオトープを手づくり
完成したビオトープ
完成したビオトープ

ビオトープ設置後の生きもの調査
定点カメラを設置
定点カメラを設置
多様な鳥類が緑地を利用
多様な鳥類が緑地を利用

受配電システム製作所では、ビオトープ設置後の変化を確かめるため、生きもの調査を2020年に再度実施しました。今回の調査では、3月6日に鳥類、9月14日にトンボ類の調査を実施。ビオトープおよび周辺のクロマツ林を中心とする事業所北西のエリアと、事業所北東の神社周辺にある鎮守の杜、事業所南側の樹林帯を対象に設定し、目視調査を行ったほか、ビオトープには定点カメラを設置して、日中の鳥類・トンボ類の利用状況を確認しました。

調査の結果、ビオトープ周辺を中心に鳥類21種とトンボ類9種を確認。水辺ができたことでマイコアカネなどのトンボの定着が見られました。また、カルガモがビオトープを利用している痕跡なども確認されました。南側の樹林帯では面積に比して生きものの数が少なかったことから、樹木の剪定や草刈りの頻度・程度を抑えるなど、今後の管理方法を検討していく方針です。

生物多様性に配慮したクロマツ林の管理
ビオトープ周辺のクロマツ林
ビオトープ周辺のクロマツ林

事業所北西のビオトープ周辺にはクロマツ林が広がっています。以前はクズやシダが生い茂っていて、枯れている木もあり、2019年のSEGES認証審査の際にもこれらの点を有識者から指摘されていました。このときいただいたアドバイスや調査会社の意見を参考に、生物多様性に配慮した管理に取り組んでいます。

倒木の危険もある枯れ木は原則として除去するほか、繁茂のスピードが速いクズなどの刈り込みを定期的に実施。見通しの良い部分と草木の陰になる部分が両方残るようにし、昆虫などのすみかとするほか、荒天・台風接近時には鳥類の避難所としても機能させることを目指しています。

保育園児を対象とした生きもの観察会
メダカの姿をマイクロスコープで観察
メダカの姿をマイクロスコープで観察

2020年10月には、ビオトープを活用して生きもの観察会を実施しました。当日は地域の保育園から年長クラスの子どもたちを招待し、NPO法人「みんなつくる自然史博物館・香川」から講師を招いてクイズで楽しく生きもののことを学んだあと、ビオトープでトンボやメダカを観察しました。

参加した子どもたちからは、「池の中に生きものがいっぱいいてびっくりした」「虫がもっと大好きになりました」などの声が寄せられました。

担当者のコメント

ビオトープの設置当初は何もかも手探りの状況でしたが、数年が経過した現在は状況も変わりました。 一番の変化は、管理する上で様々な知識が増えたことです。管理してきた結果、「この時期に、これぐらいの気温だと藻が大量に発生しやすいかな」といった特性を発見するなど、今ではビオトープの変化により対策を実施することが可能となりました。また、野鳥やトンボなど、生きものたちの命のつながりを目の当たりにすると、あらためて自然の奥深さを感じます。

2020年には地域の子供たちを招き、生きもの観察会を実施しました。未来を担う地域の子供たちに、身近な自然や生きものに触れてもらうことにより、命の大切さを感じてもらう良いきっかけの一つになったと感じています。

まだまだ知らないことも多く、「自然」や「生物多様性」について学ぶことはたくさんあります。また、この活動は一人から二人、二人から三人と従業員の意識を変え、協力する人を増やしていく必要があります。今後、活動において、“自然が相手なのだから、何が起きるかわからない。だけど、有識者のアドバイスを聞き、知識を高めると共に周囲の環境と生きものが動き回る姿を見るのは楽しい”ということ。その想いを皆さんへ伝え、共有し「生きものたちが安心・安定して暮らせる場所・従業員との共生」、そしてより周囲の環境と調和する緑地をつくるべく引き続き取り組んでいきます。

生産システム部 製造管理課 中西 希美子


外部認証の取得

SEGES

受配電システム製作所では、生物多様性に関する取組の活動レベルを、客観的に評価する目的で、2019年1月にSEGES(シージェス)認証※1を取得しました。SEGESは公益財団法人 都市緑化機構による評価制度で、企業などが創出した緑地と、関連する日頃の活動・取組を評価し、その方向性と現状に応じて3種類・5段階の認定ラベルを発行します。

当製作所の緑地と取組は、「そだてる緑※2」のExcellent Stage 1と認定されました。評価のポイントは以下の通りです。

  • ※1SEGES:Social and Environmental Green Evaluation System(社会・環境貢献緑地評価システム)
  • ※2そだてる緑:SEGESの3種類の認定のうち、事業者が所有する緑地(300m²以上)について優良な保全、創出活動を認定するもの。新規の申請に対しては4段階で認定を行い、第4段階を一定期間にわたり維持すると最終段階と認定される

受配電システム製作所の緑地・取組の優れている点

  • ビオトープには専門家の指導のもと、近傍の河川に生育する動植物を反映しており、地域の自然環境の保全に取り組んでいる。
  • ISO 14001のマネジメントシステムと連携した緑化管理に取り組んでいる。
  • 新生産棟には様々な緑化技術・省エネルギーを導入、社内外に環境マインドの向上を示している。

これらに加え、今後のビオトープ生態系の発展に向けた課題、改善すべきことなど、アドバイスをいただいており、これらは今後の活動の参考としていきます。SEGESでは3年ごとに更新審査があることから、次の審査でより高い評価を得ることをひとつの目安とし、活動レベルのさらなる向上を図ります。

SEGES認定証
SEGES認定証
授賞式での様子(所長 野間 元暢)
授賞式での様子(所長 野間 元暢)
生産システム部 部長 北山 二朗(右) 生産システム部 製造管理課 課長 遠藤 康彦(左)

生産システム部 部長
北山 二朗(右)

生産システム部 製造管理課 課長
遠藤 康彦(左)

様々な人に、環境と生態系への興味を育んでもらいたい。
手づくりから本格的なビオトープの造成へ、さらにはその管理・活用へ。当製作所が徐々にレベルアップを図ってきた緑地への取組は、社外からも評価を得られるようになりました。最近ではビオトープを見に行く人が増え、幹部からもしばしば様子を聞かれます。また、工場見学などの機会に、社外の方にも取組を紹介しています。当製作所のビオトープがきっかけとなり、環境と生態系に興味を持つ人が増えてくれれば嬉しいです。

生産システム部 部長 北山 二朗

ビオトープを「生態系を勉強する場」に。
ビオトープができてはや2年。周辺に植えた植物は青々と成長し、春には実が成るようになりました。また、池には珍しいトンボが訪れ、カルガモも産卵。行くたびに新たな発見があり、四季を通した生きもの・植物の変化を見ているだけでも勉強になると感じます。今後はこのことを従業員や地域の方にも伝えられるよう努力していきます。

生産システム部 製造管理課 課長 遠藤 康彦


フォトギャラリー



このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報