相模地区の取組レポート

各事業所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
構内の大規模工事にあわせ、生物多様性に配慮した緑地を整備
相模地区

相模地区ではヤード整備計画に伴う構内大規模工事が予定されていました。この機会を活用し、生きものに配慮した「生物多様性緑地」と、景観を重視した「景観緑地」の2つの緑地を整備。それぞれコンセプトに沿った植栽としているほか、緑地の管理方針も別々に設定しています。

このうち「生物多様性緑地」には、昆虫や鳥類の休息地とすることを目指して、水辺を含むビオトープを造成。近隣の河川で採取されたメダカやヌマエビを導入するなど、地域本来の生態系に近い環境を整えています。

事業所所在地

〒252-5295 神奈川県相模原市中央区宮下一丁目1番57号

主な取扱製品

誘導飛しょう体システム、火器管制システム、人工衛星、人工衛星搭載機器、宇宙用輸送システム・搭載機器

主な取組テーマ

  • 「生物多様性緑地」の整備、管理[B-4-(1)] [B-4-(2)] [B-4-(3)] [B-4-(4)] [B-5-(2)] [C-6-(1)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 構内での大規模な工事計画に緑地の再整備を盛り込み。緑地の機能ごとに「景観緑地」「生物多様性緑地」の2種類を整備
  • 「生物多様性緑地」内に水辺を含むビオトープを造成し、専用マニュアルを設けて管理。
    目視での経過観察も実施

相模地区の活動テーマ

「景観緑地」と「生物多様性緑地」を分けて整備・管理

相模地区の担当者(相模事務所 環境施設課)
相模地区の担当者(相模事務所 環境施設課)

相模地区は、2014年11月に構内の樹木の種類や本数を把握する調査を実施しました。この調査で、およそ1800本の植栽には希少種こそ含まれないものの、注意すべき外来種はほとんどないこと、また南側のエリアには地域在来の生態系が色濃く残っていることがわかりました。また当時、構内ではヤード整備計画に伴う大規模工事が予定されていました。そこで、工事計画の立案にあたり、生物多様性に配慮した緑地の整備計画を組み込むことを決定しました。

相模地区では、かねてから地元・相模原市の「木もれびの森(相模原中央緑地)」の整備活動に取り組んでいるほか、市内の企業などが組織する環境保全団体「相模原の環境をよくする会」の生物調査などにも参加しています。緑地整備においては、こうした活動を通じて蓄積した地域の自然やその保護に関する知識・ノウハウを活かして、環境と調和するプランを検討する一方、お客様や従業員の目を楽しませ、ストレスを緩和するといった工場緑地の機能を維持することも重視。最終的に、生きものに配慮した「生物多様性緑地」(約6,000m2)と景観を重視した「景観緑地」(約1,000m2)とを分けて、別々に管理していくことにしたのです。

「生物多様性緑地」については、エリアの点在を避け、一定の面積を確保。より多くの生きものが利用しやすい環境にするとともに、管理のコストや手間を減らし、長期的に維持していけるよう工夫しています。さらに、在来の環境を意識したビオトープを造成することで、鳥や昆虫が休息などに利用できるようにしています。2020年8月のビオトープ完成以降、トンボの飛来などが多数確認されています。今後は緑地管理を継続しながら、従業員の教育の場、憩いの場としても活用できるよう、事業所内での情報発信の強化も進めていく計画です。

「景観緑地」と「生物多様性緑地」は別々の場所に整備
「景観緑地」と「生物多様性緑地」は別々の場所に整備
正門周辺に整備した「景観緑地」にも、在来種を極力取り入れている
正門周辺に整備した「景観緑地」にも、在来種を極力取り入れている
  • 空中写真は菱栄テクニカのドローンにて撮影(2020年11月撮影)
地域の生態系と調和する「生物多様性緑地」

相模地区の「生物多様性緑地」は約6,000m2、その中に120m×40mのビオトープを造成しています。コンセプトは、「野鳥や昆虫の休息地」と「生態系のサイクルの構築」。コンセプトに沿って、地域の緑地・水辺の環境を可能な限り再現するよう工夫しています。

具体的には、在来の環境を残す構内南側の緑地をベースに、倒木のリスクがある高齢の樹木や、地域本来の植生に含まれない一部の外来種を伐採。相模原市内にある「木もれびの森」の植生も参考にして、在来のコナラ、ヤマボウシ、ヤマザクラなどを植樹しました。

ビオトープには浮島を設置し、植物の繁茂を促す。トンボなどが利用しやすいよう、水際の雑草も極力刈らない
ビオトープには浮島を設置し、植物の繁茂を促す。トンボなどが利用しやすいよう、水際の雑草も極力刈らない
ビオトープまでの散策路を整備
ビオトープまでの散策路を整備
繁殖したメダカ
繁殖したメダカ

水辺については、工場からの間接冷却水や地下水を活用して造成。ここに近隣の相模川で採取したメダカ(クロメダカ)、ヒメタニシ、ヌマエビなどの動物を導入し、相模原市内の水辺に近い環境としました。完成後はすぐに多数のトンボが飛来し、数か月後にはヤゴの羽化も確認されています。また、メダカやヒメタニシは繁殖していることもわかっており、この環境に定着したことがうかがえます。

相模地区では、「できる限り人の手を入れず、自然の手に任せる」という「生物多様性緑地」の管理方針を定めています。例えば、樹木と草については、「極力剪定を行わない」「草は膝丈まで残す」などのルールを細かく設定。これを「緑地管理要項」としてまとめ、管理を担当する関係会社などに共有しています。また、水辺についても同様の管理ルールを定め、地域の生態系に近い環境の維持に努めています。

マネジメントの声
一朝一夕には育たないのが緑地。長いスパンで育てていきたいと考えています。

緑地は“木を植えたら終わり”ではなく、長い時間をかけて育てていく必要があります。そのため今回の緑地計画では、生物多様性に配慮するというコンセプトに加えて、長く取組を続けていくための工夫を凝らしました。例えば、「生物多様性緑地」があるのは新たな施設を建てにくい、三角や細長い形状のエリアです。また、管理に大きな手間やコストがからないようにしていることもその一環です。

特に管理については、通常よりも草刈りや剪定の頻度を減らし、水面を覆う藻も極力除去しないなど、自然環境に近づけながら手間も減らせるルールを設定しました。「手を出さない」ことをルールとして共有しないと、樹木をきれいに剪定してしまったり、地面が見えるまで草を刈りこんでしまったりすることもあります。人が見た時にきれいな緑地、歩きやすい草地であったとしても、他の生きものにとって魅力的だとは限りません。もちろん、現在の方法がベストだとは考えていませんし、今後改善すべき点も出てくると思いますが、日々の経過を見守り、地道に、そして着実に取組を進めていきます。

相模事務所 環境施設課長 金子 勇

今回新たに植えたヤマザクラ。これも大木に育つまでには数十年を要する
今回新たに植えたヤマザクラ。これも大木に育つまでには数十年を要する

相模地区の活動の方向性

以下は三菱電機グループの各事業所による生物多様性保全活動の方向性を示した一覧表です。
相模地区の活動がどの方向性に当てはまるのかを、色で示しています。

生物多様性緑地の整備・管理

活動の方向性

A
生きものへの
負の影響を低減する

  • 1.「開発圧※1」「外来種圧※2」の抑制  ※3
  • (1)生きものに対する影響把握
  • (2)外来種管理
  • 2.「希少種」「固有種」への注意喚起と保全
  • (1)構内生物リストの公開
  • (2)希少種、固有種の保全
  • (3)周辺の保全課題への協力
  • 3.農薬影響の管理や、緑地・天然資源の保全
  • (1)生きもの殺傷の抑制
  • (2)水や土壌等の天然資源への配慮

B
生きものとの
より豊かな共生を目指す

  • 4.機能緑地の設定
  • (1)緑地管理の体制
  • (2)飛翔性生物の利用地の整備
  • (3)「みどり+生きもの」優先地の整備
  • (4)事業所周辺への「みどりの連続性」の提供
  • (5)事務所周辺の生物多様性保全活動への貢献
  • 5.緑地の単純化、特定化など、産業的志向からの脱却
  • (1)植生の多様化・多層化
  • (2)植物などの特性に合致した緑地管理
  • (3)地域への貢献・配慮

C
働く中で社員が
自然との関係を取り戻す

  • 6.生態系サービスの職場での積極的享受
    (休憩所、フロア)
  • (1)文化的サービスの享受・場づくり
  • (2)供給サービスの享受・場づくり
  • 7.「無関心」「無関係」状態から、
    「全員が関係ある」状態へ
  • (1)理解と行動促進の教育
  • (2)職場・業務での関係創出
  • ※1開発圧:棲みかの破壊。事業拠点を新たに建設することや、天然資源の採取などのために開発が行われること(サプライチェーンでの開発を含めて)、などが該当。操業による水の使用が周辺地域や水源、ひいては生きものの生息環境に影響を与える場合などもこれに含まれると考えられる。
  • ※2外来種圧:その地域にもともと存在しない生きものが、外構や建物の脇の緑地、生垣などをつくる際に地域の外から樹木や草木を導入することがある。何気なく行われる生きものの移動が、地域固有の種の生息を脅かしたり、遺伝的な汚染の原因となることがある。
  • ※3外来生物法の「特定外来生物の飼育、栽培、保管又は運搬」に関する規定に則り活動を実施。

フォトギャラリー


このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報