デザイン

産業用ロボット 「RV-Fシリーズのデザイン」

概要

産業用ロボット 「RV-Fシリーズのデザイン」

RV-Fシリーズは主に電子部品の組立などをおこなう産業用ロボットです。従来、人がおこなっていたセル生産現場の複雑な組立作業をロボットに代替させることにチャレンジした製品です。知能化をさらに進め、周囲の状況から次の動作を判断する賢いロボットです。人のような柔らな動きができるのも特徴です。ハンド部センサやアクチュエータへの配線・配管をアーム内部に内装化できる構造ながらコンパクトボディを実現し、ケーブルの干渉や断線等の問題を解決しました。ケーブルの内装化により機械の信頼性も高まり、生産現場の狭い空間への設置も可能になります。さらに凹凸を極力少なくした清掃性の良い滑らかなボディ形状で外観の美しさと機能性を両立したデザインとなっています。


デザインのポイント

産業用ロボット 「RV-Fシリーズのデザイン」

ロボットは関節が複雑に動くため、各部の干渉を様々な角度から確認する必要があり、デザイナーにとって非常に手強い製品です。RV-Fシリーズでは従来製品以上のコンパクト化、清掃性の良い滑らかな本体形状、世界で通用する美しい外観デザインがさらに求められ、非常にハードルの高い開発でした。デザイナーも開発の上流より参画し、関節回転軸位置の調整や内部部品の配置などを設計者と何度も議論することでカバー内に綺麗に実装し、目標とするデザインを実現することができました。

デザイナーの一言

デザイン研究所 三宅 高徳
デザイン研究所
三宅 高徳

工場のイメージは今日でも「3K」を払拭できておらず、工場で使われる製品も依然使いやすさや美観を十分配慮されたものが少ないのが現状です。ロボットのような産業機器の開発にデザイナーが関わるのも当社の特長で、機能性とデザインを両立した製品デザインで工場環境をより良いものに変えていこうと考えています。


このページを共有

研究開発・技術
カテゴリ内情報