デザイン

冷蔵庫「MR-WXシリーズ」

概要

冷蔵庫「MR-WXシリーズ」

WXシリーズは、住空間と調和するすっきりとしたデザイン、高い省エネ性能、整理しやすい庫内が特長のプレミアム大容量冷蔵庫です。独自の薄型断熱構造により、同等の接地面積の冷蔵庫より30L以上の大容量化と高い省エネ性能を実現しています。外観は、フラットなガラスドアが見せる高級感と、使いやすさに配慮した柔らかなハンドルの造形を融合させ、インテリアに調和した美しさ・豊かさを表現しました。冷蔵室の2つの大型チルドケースは、自然に整理・保存ができる冷蔵室を目指して開発しました。生鮮食品や食べかけの食品など、これまで1つの冷蔵室でまとめて保管されていた食品を、保存目的に応じて入れる場所を分類できるようにしています。


デザインのポイント

冷蔵庫「MR-WXシリーズ」

冷蔵室は「自然と整理・保存ができ、気持ちが“アガる”冷蔵室」がコンセプトです。冷蔵庫を開けてパッと目に入る位置にショーケースのようなゆるやかにラウンドした大きなチルドケースを用意しました。早く食べた方が良い食品を入れたくなり、早く食べたくなるように、そのレイアウトと佇まいにこだわっています。デザインをする上で、スタイリングの美しさだけでなく、その形状がユーザーにどのような印象を与え、どのような行動をしたくなるかを意識しています。「ごちゃごちゃしがちの庫内が無理なく整理・保存できて、気持ちが“アガる”」ことを目指したMR-WXシリーズの冷蔵室はユーザーの行動の先にある“気持ち”を大切にしています。

デザイナーの一言

デザイン研究所 河村 玲永子
デザイン研究所
河村 玲永子

想いを共にしたプロフェッショナルチームと“いい”ものづくり

このWXシリーズでは開発の初期段階から設計や技術のメンバーと一緒に取り組みました。エンドユーザーと正面から向き合うことから始め、一緒にコンセプトをつくり、開発を進めてきました。様々な部門のメンバーが集まるため、意見がぶつかることもありましたが、同じひとつの目標があったからこそ、ブレずに開発を進めることができました。エンドユーザーが真に求める“いい”ものをつくりたいという同じ想いを持ち、それぞれが役割を果たすプロフェッショナルが混ざり合う、そんな開発体制が“いい”ものづくりに繋がると感じ、やり甲斐を感じています。


このページを共有

研究開発・技術
カテゴリ内情報