このページの本文へ

ここから本文

ニューノーマル

業務効率化ソリューション

「RPAgent」

8 働きがいも経済成長も

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

11 住み続けられるまちづくりを

17 パートナーシップで目標を達成しよう

本当の働き方改革はここから!
デジタルコンシェルジュが、社内DXを推進します!!

New Normal社会の働き方改革のために

労働人口減少に伴う生産性改善、ワークライフバランスの推進など、業種を問わず働き方改革への取り組みが進んでいます。働き方改革ツールのひとつにRPA※1がありますが、申請業務など様々な定型業務を効率化できるもののデータ入力などの手作業が残り、一層の効率化が求められています。さらにNew Normal社会では在宅勤務などの働き方の変化に伴い、BCP※2の観点からも、より効率的にスマートに業務を遂行できるシステムへのニーズが高まっています。

  • ※1Robotic Process Automation、コンピューター上で行っていた定型業務をロボットで自動化すること。
  • ※2Business Continuity Planning、事業継続計画。

POINT 01

AIチャットボットとRPAが連携、
あなたのデジタルコンシェルジュとして業務を代行し、業務効率化を推進

AIチャットボットは、カスタマーサービスなどに利用されてきましたが、近年は業務の効率化を目的に社員のFAQ対応などに活用範囲が広がっています。「RPAgent 」はAIチャットボットとRPAを組み合わせることで、チャットボットの質問に答えるだけで様々な業務システムとの連携を簡単に行える、新しい発想のシステムです。

AIチャットボットとRPAが連携、あなたのデジタルコンシェルジュとして業務を代行し、業務効率化を推進の動画

POINT 02

複雑な申請業務も
スマートフォンで簡単にその場で

デスクのPCなどで行っていた申請業務が移動中や休憩中のカフェ、自宅からでもスマートフォンさえあれば、場所・時間に縛られることなく行えます。AIチャットボットが必要な項目を質問し、利用者が回答を入力するので入力漏れがなく、申請はRPAが代行します。Teams®やLINE®のインターフェースを利用したり、APIを使って様々な外部サービスとの連携も可能です。

システムイメージ

システムイメージ

AIチャットボット

使い勝手を追求したチャットボットであり、ノーコードで開発が可能なため、非常に短期間でシナリオが作成でき業務拡張も容易です。

導入効果

1.チャットボットが
問い合わせ業務を代行

  • チャットボットが24時間受付対応、問い合わせ業務の負荷軽減
  • 問い合わせの内容が自動で蓄積され、メンテナンスや分析も簡単

2.ユーザを付加価値の
高い業務へシフト

  • 日々よく使う業務を集約し、チャットボットとの対話だけで申請や登録が完了
  • チャットボットに聞くだけで、必要情報を即座に発見可能

3.今までにない
活用方法をご提供

  • 単なるFAQに留まらないチャットボットの社内活用、RPAの活用範囲を拡大
  • 社内の業務効率化やDXを推進する担当者を支援

活用例

RPA活用により、共通インターフェースで複数の業務に対応できます。さらにNFCタグを活用し、座席・在宅管理などにも応用が可能です。

[残業・休暇申請][出張旅費精算][入館申請][出張報告][勤怠登録][名刺登録][障害対応][監視抑止][座席・在宅管理][備品貸出管理]

アバター相談端末

受付/相談端末を設置して、アバターによる受付や自動相談もできます。「RPAgent」を活用した業務連携や、ビデオ会議連携によるリモート相談への切り替えなども可能。お客様専用アバターの作成もご支援します。

アバター相談端末

POINT 03

既存システムの改修が不要、
クラウド上のチャットボットサービスとセキュアに簡単接続

AIチャットボットとRPAをセットで導入する方法に加え、AIチャットボットを既存のRPA製品と組み合わせて利用することも可能です。既存システムの改修が不要なので、導入が容易です。さらにクラウド上のAIチャットボットとRPAの連携に独自方式を採用しており、セキュアなシステムが構築できます。

共創パートナー

本技術はコンシェルジュ社様との「共創」により、開発を行ってきました。

株式会社コンシェルジュ 代表取締役CEO 太田匠吾

株式会社コンシェルジュ
代表取締役CEO 太田 匠吾

弊社は「チャット」という日常のコミュニケーションで、よくある問い合わせ対応から、社内の様々な業務を自動化できるAIチャットボット「KUZEN」を提供しています。コロナ禍で従来にない働き方が求められる中、「チャットボット×RPA」の組み合わせで革新的なソリューションを提案します。

トップページへ戻る