このページの本文へ

ここから本文

カーボンニュートラル

ZEB関連技術実証棟

「SUSTIE®(サスティエ)」

7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに

8 働きがいも経済成長も

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

11 住み続けられるまちづくりを

13 気候変動に具体的な対策を

建物まるごとゼロエネルギー!
次のサステナブル・テクノロジーをめざす開発拠点。

建物のゼロエネルギー化が、
脱炭素への大きな一歩に

カーボンニュートラルへの取り組みとして、代表的なものにZEB※1があります。政府は、2030年に「新築される住宅・建築物についてZEH・ZEB基準の水準の省エネ性能が確保されていること」などを目指すべき姿として取りまとめています。今後、多くの建物にZEBを広めていく必要がありますが、建物の規模が大きいほど電力削減効果が大きい反面、ZEB達成には技術・ノウハウともにまだまだ課題が残されています。

POINT 01

国内初、中規模建物単体で『ZEB』を達成、
培った技術・ノウハウを社会のために

「SUSTIE®(サスティエ)」は持続可能な開発目標(SDGs)達成に向け、 ZEB関連技術の実証実験を行う研究施設です。「SUSTIE®」は最新技術を導入し、6千平米を超える中規模建物単体で、設計段階での『ZEB』認証を国内で初めて取得しています。従来、『ZEB』認証を取得する建築物は小規模が主でしたが、ここで培った技術・ノウハウを中規模建物に活用することで、低炭素社会の実現に確実に一歩近づくはずです。

ゼロエネルギーのその先へ。三菱電機 ゼブプラスのロゴ「SUSTIE®」は当社独自の「ZEB+®(ゼブプラス)」※2の考え方に基づき、技術開発を推進しています。

国内初、中規模建物で『ZEB』を達成、培った技術・ノウハウを社会のためにの動画

  • ※1ZEB = net Zero Energy Building、ビルの快適な室内環境を保ちながら、高断熱化・日射遮へい・自然エネルギー利用・高効率設備などによる省エネと、太陽光発電などによる創エネにより、年間で消費する一次エネルギー消費量がゼロ、あるいは概ねゼロとなる建築物のこと。
  • ※2ZEBに加え、生産性や快適性、利便性、事業継続性などの価値をビルのライフサイクルにわたって維持するサービスも含めてビルを高度化するという当社のコンセプト。

POINT 02

ビルの一年を高精度でシミュレーション、
『ZEB』のエネルギー管理を事後対処から事前計画へ

ZEB運用のために独自のビル・シミュレーション技術を導入しています。計算機上の仮想空間に「SUSTIE®」のビル・シミュレーターを生成。ビル・シミュレーターにはビル設備の動作を模擬するモデルが実際の「SUSTIE®」と同じように配置され、消費エネルギーと快適性を高精度に予測することができます。これにより従来は1年間の経験に基づき調整をしてZEBを運用する必要がありましたが、あらかじめシミュレーター上で予測値に基づいて調整を済ませることができるため、運用開始当初から適切なZEBのエネルギー管理が可能になります。

POINT 03

『ZEB』とウェルネスを両立、
省エネ時代に、働く人に理想的な空間を実現

「SUSTIE®」は省エネの認証制度であるBELSで最高評価の5スター(☆☆☆☆☆)と『ZEB』認証を取得。さらに健康性・快適性の認証制度であるCASBEEウェルネスオフィスでも最高のSランクを取得。徹底的な省エネ環境の実現と快適で働きやすい環境の維持をもっとも高い次元で両立しました(日本初※3)。
また、ビル管理システム「Facima®(ファシーマ)」などを活用し、運用段階でも『ZEB』を達成できるよう、様々な実証を行っています。

  • ※32020年1⽉31⽇時点、当社調べ。

設計一次エネルギー消費量106%削減×ウエルネスオフィス2020のロゴ

SUSTIE®では、エネルギー収支や各種センサーの情報をリアルタイムで表示、監視しています。

SUSTIE®のエネルギー収支グラフ表示画面

SUSTIE®のエネルギー収支グラフ表示画面

SUSTIE®の時間帯ごとの平均消費エネルギー量を、設備ごとに棒グラフで表示しています。加えて、太陽光パネルの平均発電量を折れ線グラフで表示しています。

SUSTIE®内に設置されている環境センサーの情報表示画面

SUSTIE®内に設置されている環境センサーの情報表示画面

SUSTIE®内に設置されている環境センサー(温度・湿度・CO2・CO・ホルムアルデヒド・TVOC・花粉など)のデータをリアルタイムで表示しています。

Virtual SUSTIE®

通常は一般公開していないSUSTIE®館内をまるでその場にいるかのような臨場感でご覧いただけます。

Virtual SUSTIE®

製品紹介

「SUSTIE®」で導入されている主な製品をご紹介します。

D-SMiree®(ディースマイリー)

三菱スマート中低圧直流配電ネットワークシステム

D-SMiree®(ディースマイリー)

一般的に、太陽光発電や蓄電池は直流から交流に変換し、照明などは交流の商用電源を直流に変換して利用しています。D-SMiree®(ディースマイリー)では、こうした交流・直流への変換時の電力ロスを抑え、省エネに貢献します。さらに再生可能エネルギーへの対応やEMS(エネルギー・マネジメント・システム)による蓄電池充放電制御で、創エネ・蓄エネもサポートします。

トップページへ戻る