いまさら聞けないAI用語集

AIのこと、もっとくわしく!
今日から役立つ「あの言葉」の意味、
ちょっと教えます。

NEW

遺伝的アルゴリズム

「生物の遺伝と進化の仕組み」を模したアルゴリズム。

遺伝的アルゴリズム

あれも欲しい、これも欲しい、人間って欲張りですよね。私たちは1つの商品を買うときに、求めている機能やデザイン、価格などたくさんの目的を...

MORE

NEW

過学習

「学習」しすぎた結果、本来の予測がうまくできなくなった状態。

過学習

「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」…なんでも「過ぎる」とよくないですよね。AIの分野においても、その「偏り」がよくないことがあるんです。...

MORE

NEW

画像認識

「画像に何が写っているか」を判別するパターン認識技術の一種。

画像認識

「画像認識」という言葉、一度は聞いたことがあるかもしれませんね。画像認識(Image Recognition)とは、「その画像に何が写っているのか」を認識する技術...

MORE

チャットボット

文字や音声を使って会話ができるプログラム。

チャットボット

みなさんも[チャットボット]の言葉自体は、もうすっかりなじみがあるのではないでしょうか。[チャットボット(Chatbot)]は「チャット(Chat)」する...

MORE

ビッグデータ

通常では管理することが難しい「膨大な」データ。

ビッグデータ

AIが機能するには欠かせない[ビッグデータ]。名前の通り大きそうなのですが、一体何がそうなのでしょうか?[ビッグデータ]とは「今ある一般的な...

MORE

強化学習 / 逆強化学習

(きょうかがくしゅう /
ぎゃくきょうかがくしゅう)

【強化学習】目標に対して、最適行動を導き出す学習。【逆強化学習】それとは「逆」に、お手本の行動から目標を推定。お手本よりも良い行動を導き出す学習。

強化学習/逆強化学習(きょうかがくしゅう/ぎゃくきょうかがくしゅう)

さて、AI用語集の別の用語で、機械学習の一つである[教師あり学習]と[教師なし学習]をご紹介しましたね。この[教師あり学習]も[教師なし学習]も...

MORE

教師あり学習 /
教師なし学習

(きょうしありがくしゅう /
きょうしなしがくしゅう)

【教師あり学習】問題と正解を用意して区別させる機械学習。【教師なし学習】正解を用意せず、似た特徴を分類させる機械学習。

教師あり学習/教師なし学習(きょうしありがくしゅう/きょうしなしがくしゅう)

これまでの用語集でもお伝えしましたが、AIが自分の力で物事を学ぶための技術の一つ、それを[機械学習(Machine Learning)]と呼びます。その...

MORE

RPA

(アールピーエー / ロボティックプロセスオートメーション)

「ロボットによる業務の自動化」の総称。

RPA(アールピーエー/ロボティックプロセスオートメーション)

少子高齢化が問題になっている未来。今よりも深刻になる人材不足を背景に、どう労働力や生産性を上げていくのかが、企業の課題になっています。そこで今...

MORE

データサイエンス

ビッグデータから「なぜ?」を探るデータ活用法。

データサイエンス

「データ(Data)」の「科学(Science)」とは、いったいなんなのでしょうか?第0回その2で、ビッグデータは「人が行動し、発言することで集まる...

MORE

ニューラルネットワーク

「脳のやり取り」を模したアルゴリズム。

ニューラルネットワーク

もともとコンピュータの開発初期のころには、「ルールがない問題」は解決できないものでした。さまざまな経験によって人間の脳が学習を重ねていくように...

MORE

機械学習

(きかいがくしゅう)

AIが自分で物事を学ぶための技術のこと。

機械学習(きかいがくしゅう)

「コンピュータが人間のような知能を持てれば…」そこからはじまったAI(人工知能)技術の開発。そのAIが、自分の力で物事を学ぶための技術の...

MORE

シンギュラリティ

AIの技術が、人間の知能を超えるといわれる時のこと。

シンギュラリティ

人間が作ったAIが、人間を超える時。それは「特異点」の意味をもつ単語を用い、シンギュラリティ(singularity、技術的特異点)と呼ばれて...

MORE

ディープフェイク

AIが作り出す、本物と見間違うほどの「嘘の映像」。

ディープフェイク

[ディープフェイク]は「ディープラーニングで作られたフェイク映像」のことで、現在その動向が注目されています。「特徴を見つけ、緻密に表現する...

MORE