ここから本文




オプションメニュー



福祉仕様 

視覚障害者対応仕様
乗場やかごの操作ボタンに点字表示、エレベーターの運行状況を音声で知らせる「音声合成アナウンス」、ドアの開いている時間にゆとりを持たせる「戸開放時間延長」を装備することで、いっそうの利便性を図れます。

発音式かごボタン
行先ボタンを押したとき、電子音でボタンが操作されたことを伝えます。

 

インターホン呼び出しボタン応答灯(聴覚障害者対応仕様)
かご操作盤のインターホン呼び出しボタンを押したとき、呼出中はランプが点灯し、外部からの応答があるとランプが点滅します。

 

車いす用標準仕様

かご 乗場
(注)かご操作盤は、袖壁操作盤と車いす専用操作盤が付きます。

車いす用標準仕様
仕様 備考
乗場 専用乗場ボタン 1面
床上1000mm程度の位置に設ける
車いすに座ったまま操作できる専用乗場ボタンを一般用乗場ボタンの下に設けます。


専用操作盤 正副(計2面)
床上1000mmの位置に設ける
車いすに座ったまま操作できる専用操作盤を両側面壁に設けます。行先ボタン、戸開閉ボタン、非常呼びボタンのほか、特に正専用操作盤にはインターホンとインジケータを設けます。
合わせガラス製鏡またはステンレス鏡面材
サイズ570mm×1400mm
鏡の下端は床上500mm
かご内の鏡は、破損したときの危険性や防火上の内装制限によって材質や大きさに制限があります。
手すり ステンレス製(標準)または木製(オプション)
左右両側壁に設ける
手すりは車いす利用者や、足腰の不自由な方の介助として取り付けます。この手すりにそって、専用操作盤のところまで行くことができます。





マルチビームドアセンサ
<2D>
マルチビーム
セーフティシュー(片面)付き
エレベーターの出入口に設けた赤外線ビームが、ドアが閉まり終わるまでの乗客の乗り降りを見守り、乗り降りが終わるとすみやかにドアが閉まります。
戸閉速度制御 通常の戸閉速度より遅くする 閉じてくる戸にはさまれたときの衝撃を小さくするため、専用ボタンが押されたときの戸閉速度を
遅くします。
戸開放時間制御 通常より長くする 専用ボタンを押したときには、戸が開いている時間を通常より長くします。
自動着床修正制御 規定以上の段差が生じた時に修正する 車いすの出入りに支障のある段差が生じた場合、着床して戸を開く前に再度床合わせをします。

この車いす用標準仕様は、日本エレベータ協会標準(JEAS)による車いす兼用エレベーター仕様を満足するほか、戸閉速度制御、自動着床修正制御を装備しました。


バリアフリー新法に適合するかごサイズ
(少なくとも1台のエレベーターが下記基準を満たす必要があります。)
建築物移動等円滑化基準のエレベーター
  建築物移動等円滑化基準  建築物移動等円滑化誘導基準 
特別特定建築物 特定建築物 特別特定建築物 特定建築物
適合かご
サイズ
間口 140cm以上 - 160cm以上 140cm以上
奥行 135cm以上 135cm以上 135cm以上 135cm以上
出入口幅 80cm以上 80cm以上 90cm以上 80cm以上
機種 乗用11人乗り以上
寝台用1000kg
(住宅用は適用不可)
乗用11人乗り以上
住宅用9人乗り以上
寝台用750kg以上
乗用13人乗り以上
(住宅用、寝台用は適用不可)
乗用11人乗り以上
寝台用1000kg
(住宅用は適用不可)

※その他のすべてのエレベーターには利用円滑化基準を適用。
特定建築物 多数の者が利用する建築物
特別特定建築物 特定建築物のうち不特定多数の者が利用するもの及び主として高齢者・身体障害者等が利用するもの

移動等円滑化のために必要な旅客施設のエレベーター
適合かご
サイズ
一方向出入口 二方向出入口
(戸の開閉方向を音声で知らせる装置を付加すること)
乗用11人乗り以上
寝台用1000kg
(住宅用は適用不可)
乗用11人乗り以上
住宅用9人乗り以上
寝台用750kg以上