ここから本文



オプションメニュー

セキュリティー機能 

 

暗証式シークレットコール
あらかじめ特定の階に暗証番号を設定しておくことで、その暗証番号を知っている人だけがかご呼びの登録をすることができます。設定後の暗証番号の変更も可能です。同一ビル内にオーナーの方の住居がある場合など、特定の階への部外者の出入りを制限したいときに最適です。
※設定できる暗証階は16階床までです。
※緊急時には呼び登録制限階に停止する場合があります。

 

かご内防犯カメラ
かごの中に防犯カメラを設置することで、管理人室等からエレベーター内を監視することができ、犯罪抑制や万が一の場合、早期発見に役立てます。また、液晶インジケーターを2画面構成とし防犯カメラの映像を下画面に映し出すことも可能です。(有償付加仕様)
※建物用途が共同住宅の場合、基本仕様となります。(レコーダーは有償付加仕様)

 

防犯警報装置
かご内に設けたボタンを操作することにより、かごのブザーを鳴動し、各階強制停止運転を行います。 防犯警報装置

 

大形窓
フロート合わせガラスの採用と大形化で、乗場からもかご内がより見やすくなりました。
※扉に遮炎性能が必要な場合、乗場側の扉の窓は網入り合わせガラスとなります。
※窓付扉を特定防火設備とすることはできません。

 

エレコールセキュリティシステム

特長
セキュリティー性の向上
玄関ロビーとエレベーターのエントランス階乗場の両方に設置された非接触キーを用いた照合機能により、セキュリティー性を大幅に向上しました。
利便性の向上
より利便性を向上するため、非接触キーによる自動登録を採用しました。

お住まいの方がご帰宅の場合




お住まいの方へのご来客の場合



 

かご内映像表示
かご内の映像をかごに設置した液晶インジケーターの専用画面に表示し、犯罪抑止効果を高めます。
※防犯カメラをご採用いただいた場合のみお選びいただけます。

 

キースイッチ(サービス切放し一時解除運転)
専用の鍵を使って、エレベーターの行先階の設定/解除を簡単に行うことができます。
※ 緊急時には呼び登録制限階に停止する場合があります。

 

ブロックサイン(サービス切放し一時解除運転)
車いす専用乗場ボタンを兼ねたダミーボタンを操作した場合のみ、かご呼びや乗場呼びを登録できます。鍵やカードの紛失の心配がありません。
※ 緊急時には呼び登録制限階に停止する場合があります。

 

乗場液晶モニター
かご内防犯カメラからの映像を乗場に設置したモニターに表示し、防犯効果を高めます。また、保守サービスのご利用によるニュース/天気予報などの情報を提供。5.7インチ/15インチの2タイプから選べます。
※ご利用には三菱電機ビルテクノサービス(株)とのご契約が必要です。
エレベーター専用カードリーダー