エレベーター・エスカレーター

技術・機能
エレベーター行先予報システム
エレ・ナビ

三菱エレベーター行先予報システムくエレ・ナビ>で心地良い移動を実現!
行先階へ、待たずに、触れずに、スムーズに。ストレスフリーのエレベーターで、ビル内の安心・安全な移動をスマートにサポートします。

主な機能

  • 1.行先階ごとに利用者を分散させるので、エレベーターホールでの渋滞や混雑を緩和します。
  • 2.エレベーター内では行先階が登録されているので、そのままタッチレスで移動できます。
  • 3.行先階ごとに利用者をまとめるので、停止階を減らし、乗車時間を短縮します。

ご利用は簡単。<エレ・ナビ>がスムーズに誘導します。

セキュリティーシステムと連動可能

<エレ・ナビ>導入前と導入後の違い

  • ※1当社セキュリティーシステム(MELSAFETY-G)との連動、操作方式ΣAI-2200C、4台-8停止以上を推奨します。三菱電機ビルテクノサービスとの保守契約により、迅速な対応を行います。
  • ※2平均停止数は、時間帯、ビル規模、及エレベーター台数によって変動します。
  • 掲載したCGは一例です。詳細は当社へお問い合わせください。

導入事例と実証結果

<エレ・ナビ>の導入で、エレベーターがストレスフリーに!
導入後すぐに長い行列が解消されました。

三菱電機の本社(東京ビル)に<エレ・ナビ>を導入しました。これまで朝の出勤ピーク時にエレベーターを待つ人たちの長い行列ができていましたが、導入後すぐに運行効率がアップし、混雑が緩和されました。

実証結果
導入前と導入後のそれぞれ5日間の出勤時間帯のデータを解析した結果、5分間輸送人数が約16%向上しました。
  • エレベーター8台、出勤時間帯の午前8:45〜午前9:00の15分間のデータを導入前後の平日5日間で比較。輸送能力の向上率・平均停止数の変化はエレベーター構成・利用状況によって異なります。

ページトップへ戻る