エレベーター・エスカレーター

技術・機能ヘルスエアー®

エレベーターかご内の空気をいつも清潔に保つ、「ヘルスエアー®」を搭載しました。電界・放電空間を形成することで、空気中に浮遊する様々な物質や、ウイルス、菌、花粉を抑制。PM2.5除去・脱臭効果により、かご内を常に快適にします。

Health Air

ヘルスエアー®の原理

放電電極と対向電極に直流電圧を印加し、空間に電界・放電空間を形成します。放電電極はリボン形状を採用し、デバイス吸込み全域でカーテン状の電界・放電空間を形成します。形成した電界・放電空間を浮遊菌などが通過することで、菌などを抑制します。

※乗用7人乗り及び住宅用6人乗りには適用できません。

ウィルス抑制

※ 実際の使用環境及び使用条件では同様の効能・効果が得られることは実証できていません。

  • 【試験機関】

    独立行政法人国立病院機構 仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター

  • 【試験方法】

    25m3の密閉空間にウイルスを噴霧し、一定時間後に試験空間内の空気を回収し、その中にいるウイルスをプラーク法で測定

  • 【抑制方法】

    「ヘルスエア―®機能」ユニット内を通過

  • 【対象】

    浮遊したウイルス

  • 【試験結果】

    ヘルスエアー稼働有無で408分で99%抑制(仙医R1-001号)。試験は1種類のウイルスで実施。

脱臭

※ 脱臭効果は室内環境や臭気の発生量などによって異なります。たばこの有害物質(一酸化炭素等)は、除去できません。常時発生し続けるにおい成分(建材臭、ペット臭等)はすべて除去できるわけではありません。(当社調べ)

  • 【試験機関】

    乗用エレベーター11人乗りのかご(4.4m3)においてアセトアルデヒドを充満させ、一定時間後に空気中の濃度を測定し、脱臭時間を算出

  • 【脱臭方法】

    ヘルスエア―を稼働

  • 【脱臭手段】

    触媒

  • 【対象( )内は測定方法】

    アセトアルデヒド(光音響ガスモニタ)

  • 【試験結果】

    ヘルスエアー稼働有無で44分で99%抑制。試験はアセトアルデヒドで実施。

※ 実際の使用環境及び使用条件では同様の効能・効果が得られることは実証できていません。

  • 【試験機関】

    (一財)北里環境科学センター

  • 【試験方法】

    25m3の密閉空間に菌を噴霧し、一定時間後に試験空間内の空気を回収し、その中にいる菌を測定

  • 【抑制方法】

    「ヘルスエアー®機能」ユニット内を通過

  • 【対象】

    浮遊した菌

  • 【試験結果】

    「ヘルスエアー®機能」搭載循環ファンJC-10K(強運転)の稼働有無で、388分で99%抑制(北生発2015-0046号)。試験は1種類の菌で実施

花粉

  • 【試験機関】

    ITEA株式会社東京環境アレルギー研究所

  • 【試験方法】

    空中に浮遊させたアレル物質を「ヘルスエアー®機能」ユニット通過後、サンドイッチELISA法で測定

  • 【抑制方法】

    「ヘルスエアー®機能」ユニット内を通過

  • 【対象】

    浮遊した花粉

  • 【試験結果】

    「ヘルスエアー®機能」ユニットの稼働有無での花粉抑制率88%(15M-RPTMAY021)。試験は1種類の花粉で実施

PM2.5

※ 実使用環境下での効果とは異なります。換気等による屋外からの新たな粒子の侵入は考慮しておりません。PM2.5とは2.5μm以下の微小粒子状物質の総称です。この循環ファンでは0.1μm未満の微小粒子状物質については、除去の確認ができていません。また、空気中の有害物質のすべてを除去できるものではありません。

  • 【試験方法】

    27.5m3密閉空間での試験結果(風量:40m3/h、370分後)。

  • 【試験結果】

    JEM 1467に基づく。「ヘルスエアー®機能」搭載 循環ファンJC-10Kを運転(強運転)

ページトップへ戻る