エレベーター・エスカレーター

技術・機能

世界最高クラスの技術で、真に快適な乗り心地を。
安心・安全、省エネ、そして効率化と利便性を高める
様々な技術と機能をご紹介します。

技術のご紹介

機能のご紹介

クイックドアシステム

戸開閉を従来より早いタイミングで開始し、戸開閉時間も短縮させることで、スムーズな戸開閉を実現します。

センシングドアシステム

TOFセンサ(かごドア上に設置)により、乗場に誰もいないことを検知し、戸閉の開始時間を早めることで、エレベーターの運行効率を向上させます。

乗場遮煙機能(ディフェンスドア)

特殊気密材により、乗場ドアを遮煙性能をもった防火設備として使用できます。

火災時管制運転(FER)

火災時に監視室のスイッチまたは火災報知信号等により全エレベーターを避難階へ呼び戻します。

停電時自動着床装置(MELD)

停電時にバッテリーによりエレベーターを最寄り階に停止させます。

冠水時管制運転

ピットの浸水を感知し、エレベーターを休止させます。

暴風雨時最上階休止機能

暴風雨時に雨水が昇降路に流れ込んだ場合に、かご上機器を濡れにくくするために、乗場のキースイッチを「退避」側に操作することで降雨前に最上階にエレベーターを休止させます。

ネクストランディング

ドアが開き切らないとき、他の階床に走行し戸開きします。

ドアロードディテクタ

ドアの開閉途中に物がはさまって、異常な力が加わると、ドアを反転させます。敷居の溝に小石やゴミが詰まったりしているときには、開閉動作を繰り返して排除に努めます。

P波センサ付
地震時管制運転 EER-P

地震を大きな揺れがくる前の初期微動(P波)で感知し、全エレベーターを最寄り階に停止させます。感知器はP波・低・高の3段設定となります。

地震時エレベーター
自動診断復旧システム ELE-Quick

地震時管制運転により休止したエレベーターについて、自動で診断を開始。異常がなければ自動で運転を再開します。

かご呼び取り消し機能

間違えて登録されたかご呼びは、2回そのボタンを押せば、取り消すことができます。

各エレベーターに搭載する機能につきましては、カタログでご確認ください。

ページトップへ戻る