ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

文字サイズ変更

注目のトレンドをあなたに、
FAデジタルメディア

ビジネスコラムビジネスコラム

三菱電機のFA技術や、ビジネスに役立つ各種レポート・コラムをご紹介します。

鈴木愛氏
私たちにはまだまだ伸び代があるから

2020年8月公開【全4回】

今回は、昨年のJLPGAツアーで7回の優勝を飾り、2017年に続く2度目の賞金女王に輝いた女子プロゴルファー・鈴木愛さんの登場です。メンタルスポーツとも呼ばれるほど、心の持ちようが結果を大きく左右するゴルフ。喜びと苦しみに揺れ動くなかで得た貴重な経験と知見、自分をさらに成長させるための秘訣などについて、今をときめく鈴木愛さんの “心の声” をお届けします。

今回は、昨年のJLPGAツアーで7回の優勝を飾り、2017年に続く2度目の賞金女王に輝いた女子プロゴルファー・鈴木愛さんの登場です。メンタルスポーツとも呼ばれるほど、心の持ちようが結果を大きく左右するゴルフ。喜びと苦しみに揺れ動くなかで得た貴重な経験と知見、自分をさらに成長させるための秘訣などについて、今をときめく鈴木愛さんの “心の声” をお届けします。

要旨

鈴木愛氏

2013年、プロテストに一発合格。翌年の日本女子プロゴルフ選手権で初優勝を飾り、同大会の史上最年少勝利記録を更新。2017年には日本人として4年ぶりとなる賞金女王獲得。そして昨年は年間7勝を挙げ2度目の賞金女王に。そのキャリアを見れば、スター街道をひた走るエリートに他ありません。しかし、鈴木愛さんのゴルフ人生は決して順風満帆ではありませんでした。涙を流しながらゴルフの練習に打ち込んだ少女時代。プロとしての重圧と葛藤──。その道のりは、モノづくりの未来を担う読者のみなさんに大きな刺激と気づきを与えてくれるはずです。若き女王の本音に迫る全4話に、どうぞご期待ください。

(2020年3月のインタビューより)

鈴木愛(すずき・あい)

1994年、徳島県出身。11歳からゴルフを始め、その後、鳥取県の倉吉北高校に進学しゴルフ部の1期生として腕を磨いた。2013年のプロテストに合格し、2014年のメジャー大会「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」でツアー初優勝。2017年には初の賞金女王を獲得。2019年は11月に「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」優勝、「TOTOジャパンクラシック」で米LPGAツアー初優勝を果たすと、「伊藤園レディスゴルフトーナメント」にも優勝し、史上2人目の3週連続優勝を達成。同年は2年ぶり2度目の賞金女王にも輝き、2022年までの3年シードを獲得した。2014年以降、パーオンホールの平均パット数では6位→3位→1位→2位→1位→1位というパットの名手。

これまで掲載された記事はこちらから

「ビジネスコラム」トップページに戻る

ページトップに戻る