ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 シーケンサ MELSEC iQ-Fのサンプルライブラリを探す

サンプルプログラム・ライブラリ - アライメントセンサ - コグネックス株式会社

AS200-CPUユニット内蔵Ethernetポート接続用FB・サンプルプロジェクト(iQ-F用)

一覧画面に戻る

言語

日本語 英語 中国語(簡体字)

概要

MELSEC iQ-Fシリーズの内蔵Ethernetを経由して、コグネックス社製AS200アライメントセンサと接続するためのFB・サンプルプロジェクトです。
コグネックス社製AS200を使用し、モーションステージによる高精度な位置決めを簡単に行うことができます。

対象機種

AS200 + FX5UJ/FX5U/FX5UC CPUユニット

対象エンジニアリングツール

GX Works3
GT Designer3

タイプ

FB
サンプルプロジェクト

サンプルライブラリ

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
AS200接続用FB・サンプルプロジェクト1.00A70,011,3352020-04-27fb-cognex-as200_f_v100.zip

関連マニュアル

ファイル名 マニュアル名 言語
sh082338a.pdf MELSEC iQ-F AS200アライメントセンサFBリファレンス 日本語
sh082338a.ema MELSEC iQ-F AS200アライメントセンサFBリファレンス(e-Manual) 日本語
sh082339enga.pdf MELSEC iQ-F AS200 Alignment Sensor FB Reference 英語
sh082339enga.ema MELSEC iQ-F AS200 Alignment Sensor FB Reference(e-Manual) 英語
sh082340chna.pdf MELSEC iQ-F AS200 Alignment Sensor FB Reference 中国語(簡体字)
sh082340chna.ema MELSEC iQ-F AS200 Alignment Sensor FB Reference(e-Manual) 中国語(簡体字)
動作概要

FB

FB名 機能名 内容 Ver.
P+CognexAS200_AutoCalib_F オートキャリブレーション モーションステージの移動量と撮影した画像の位置から、移動距離とピクセルの関係を算出します。 00
P+CognexAS200_Train_F 目標位置の登録 AS200アライメントセンサに目標位置を登録します。 00
P+CognexAS200_Align_F 位置決め AS200アライメントセンサに登録した目標位置への移動量を出力します。 00
P+CognexAS200_ShuttlingTP_F 2箇所の撮影による目標位置の登録 対象ワークの2箇所を撮影してAS200アライメントセンサに目標位置を登録します。 00
P+CognexAS200_ShuttlingAP_F 2箇所の撮影による位置決め 対象ワークの2箇所を撮影してAS200アライメントセンサに登録した目標位置への移動量を出力します。 00
P+CognexAS200_GetCurrentPose_F パターンの座標出力 AS200アライメントセンサで登録されたパターンの現在座標を出力します。 00

サンプルプロジェクト

プロジェクト名 機能名 内容 Ver.
Cognex-AS200_Sample_F.gx3 iQ-F用サンプルプロジェクト 本FBを使用してモーションステージ(ステッピングモータ)を制御するサンプルラダーです。 00
Cognex-AS200_Sample_F.GTX GT2000用サンプルプロジェクト 上記iQ-F用サンプルプロジェクトを簡単操作できるサンプル画面です。 00
画面サンプル

FBの使用方法

  1. プロジェクトメニューより、[ライブラリ操作]-[ライブラリ一覧に登録]-[ライブラリ]を選択します。
  2. [ライブラリをライブラリ一覧に登録]ダイアログにて、ダウンロードしたライブラリを選択して[OK]ボタンを押下します。
  3. 部品選択ウィンドウから取得したFBをプログラムに貼り付けます。

注意事項

  1. 以下のGX Works3がインストールされているパソコンにFBのインストールを行ってください。
    ・FX5UJ CPUユニットの場合 : GX Works3 Version 1.060N以降
    ・FX5U/FX5UC CPUユニットの場合 : GX Works3 Version 1.045X以降
  2. FB・サンプルプロジェクトをシステムへ適用するときは、対象システムにおいて、制御に問題がないことを十分検証してください。