ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 シーケンサ MELSEC-Lのサンプルライブラリを探す

サンプルプログラム・ライブラリ - 情報/ネットワークユニット - シリアルコミュニケーションユニット

MELSEC-Q/Lシリーズ位置決め通信プロトコル支援FBライブラリ(アイエイアイ編)

一覧画面に戻る

言語

日本語

概要

MELSEC-Q/Lシリーズからシリアルコミュニケーションユニットを介して、アイエイアイ社製ロボシリンダコントローラとRS-485通信を行うためのFBライブラリです。
※本FBライブラリを使用するには、位置決め通信プロトコル支援ツールの通信プロトコル情報書込み機能で、通信プロトコルのプロトコル設定データをあらかじめ書き込んでおく必要があります。

対象形名

QJ71C24, QJ71C24-R4, LJ71C24

対象エンジニアリングツール

GX Works2

タイプ

FB

サンプルライブラリ

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
位置決め通信プロトコル支援FB1.00A3,718,5262020-07-17fb-positioningsupportiai_v100a_j.zip

関連ソフトウェア

ソフトウェア名 形名
位置決め通信プロトコル支援ツール

関連マニュアル

マニュアル BCN-P5999-1178-B 位置決め通信プロトコル支援FBライブラリリファレンス(株式会社アイエイアイ編)[ 日本語 ]

FB名 内容 Ver.
M+CPU-IAIPosiSp_StartHomePosi-ST 初期位置へ移動します。(原点復帰) 1.00A
M+CPU-IAIPosiSp_JogInching-ST JOG/インチング運転を行います。 1.00A
M+CPU-IAIPosiSp_ReadPosiTable-ST 指定したポジションテーブルデータを読出します。 1.00A
M+CPU-IAIPosiSp_TeachingPosi-ST 指定位置を指定のポジションテーブル(目標位置)に設定します。 1.00A
M+CPU-IAIPosiSp_StartPosi-ST 指定したポジションテーブルのデータをもとに位置決め運転を始動させます。 1.00A
M+CPU-IAIPosiSp_Monitoring-ST 現在位置、アラームなどの監視やアラームリセットを行います。 1.00A
M+CPU-IAIPosiSp_ServoControl-ST サーボのON/OFFを要求します。 1.00A
M+CPU-IAIPosiSp_CPRTCL-ST 通信プロトコル交信用命令を実行します。 1.00A

ファイルの使用注意事項

以下のGX Works2がインストールされているパソコンにFBライブラリのインストールを行ってください。

  1. GX Works2(日本語版) Version1.570U以降
  2. GX Works2(英語版) Version1.570U以降
  3. GX Works2(中国語(簡体字)版) Version1.570U以降
  4. GX Works2(中国語(繁体字)版) Version1.570U以降
  5. GX Works2(韓国語版) Version1.570U以降

インストール方法

  1. fb-positioningsupportiai_v100a_jフォルダの中のsetup.exeを実行します。
  2. インストーラーのメッセージに従いインストールを行ってください。

MELSOFT Libraryの使用方法

  1. プロジェクトメニューより、[ライブラリ操作]-[ライブラリ一覧に登録]-[ライブラリ]を選択します。
  2. [ライブラリをライブラリ一覧に登録]ダイアログにて、ダウンロードしたライブラリを選択して[OK]ボタンを押下します。
  3. 部品選択ウィンドウから取得したFBをプログラムに貼り付けます。

MELSOFT Libraryの使用注意事項

  1. MELSOFT LibraryのFBライブラリをシステムへ流用するときは、対象システムにおいて、制御に問題がないことを十分検証してください。
  2. 本FBを使用する際は、以下のツールの通信プロトコル情報書込み機能にて、通信プロトコルのプロトコル設定データの書込みを行ってください。
    ・位置決め通信プロトコル支援ツール


その他のダウンロード