ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 シーケンサ MELSEC iQ-Rのサンプルライブラリを探す

サンプルプログラム・ライブラリ - デジタルリンクセンサ/通信ユニット - パナソニックデバイスSUNX株式会社

通信ユニットSC-HG1-C(CC-Link)/通信ユニットSC-HG1-CEF(CC-Link IE Field)を経由して接触式デジタル変位センサ用コントローラを制御するシステムのためのFBライブラリ

一覧画面に戻る

言語

日本語

概要

MELSEC CC-Link/CC-Link IE Fieldマスタと接続したパナソニックデバイスSUNX株式会社製CC-Link対応通信ユニットSC-HG1-C/CC-Link IE Field対応通信ユニットSC-HG1-CEFを経由して、接触式デジタル変位センサ用コントローラの出力情報および設定・管理を行うためのFBライブラリです。
パナソニックデバイスSUNX株式会社の詳細につきましては こちら を参照ください。

対象機種

SC-HG1-C
SC-HG1-CEF

対象エンジニアリングツール

GX Works3

タイプ

FB

サンプルライブラリ

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
SC-HG1シリーズ 三菱電機製MELSEC iQ-Rシリーズシーケンサ用 FBライブラリ1.001,866,4882018-07-02fb-sunx-sc-hg1_r.zip

関連マニュアル

関連マニュアル 種別
sunx-sc-hg1_r_ja-jp.pdf リファレンスマニュアル[ 日本語 ]

FB名 機能名 内容 Ver.
P+SUNX-SC-HG1_InitializeUnit_R_00A イニシャライズ 電源のON・OFFをせずに通信ユニットのイニシャライズを行います。 00A
P+SUNX-SC-HG1_ClearError_R_00A エラークリア 通信ユニットのエラーをクリアします。 00A
P+SUNX-SC-HG1_CheckOutData_R_00A コントローラ出力読み込み コントローラの出力と検出値を読み込みます。 00A
P+SUNX-SC-HG1_ExecuteCommand_R_00A 指定コマンド実行 指定コマンドを実行します。 00A
P+SUNX-SC-HG1_ExecuteTeaching_R_00A ティーチング実行 任意のタイミングで指定コントローラのティーチングを実行します。 00A
P+SUNX-SC-HG1_SetOutHold_R_00A 出力動作設定 出力動作の設定を行います。 00A
P+SUNX-SC-HG1_SetResponseSpeed_R_00A 応答速度設定 コントローラに対して応答速度の読み込み、書き込みを実行します。 00A
P+SUNX-SC-HG1_SetLeverRatio_R_00A レバー比設定 レバー比の設定を行います。 00A
P+SUNX-SC-HG1_SetOutputMode_R_00A 出力論理設定 コントローラへNO、NCの設定を行います。 00A
P+SUNX-SC-HG1_SetThreshold_R_00A 閾値設定 コントローラへHigh設定値、Low設定値、ヒステリシスの設定を行います。 00A
P+SUNX-SC-HG1_ExecutePreset_R_00A プリセット設定、解除 プリセット設定の実行、解除を行います。 00A
P+SUNX-SC-HG1_SetDataBank_R_00A データバンクセーブ、ロード データバンクのセーブおよびロードを実行します。 00A
P+SUNX-SC-HG1_SetAlarm_R_00A 突き上げチェック設定 突き上げチェック設定を行います。 00A
P+SUNX-SC-HG1_CheckMaintenance_R_00A メンテナンス情報取得 メンテナンス情報を取得します。 00A
P+SUNX-SC-HG1_ExecuteKeyLock_R_00A キーロック設定、解除 キーロックおよびEco設定の実行、解除を行います。 00A

Ver.1.00の改善履歴(2018/12)

No. 内容
1 関連マニュアルのバージョンUP
1)誤記修正

MELSOFT Libraryの使用方法

  1. ダウンロードしたfb-sunx-sc-hg1_r.zipを解凍します。
  2. プロジェクトメニューより、[ライブラリ操作]-[ライブラリ一覧に登録]-[ライブラリ]を選択します。
  3. [ライブラリをライブラリ一覧に登録]ダイアログにて、解凍したライブラリ(SUNX-SC-HG1_R.mslm)を選択して[OK]ボタンを押下します。
  4. 部品選択ウィンドウから取得したFBをプログラムに貼り付けます。

MELSOFT Libraryの使用注意事項

  1. MELSOFT LibraryのFBライブラリをシステムへ流用するときは、対象システムにおいて、制御に問題がないことを十分検証してください。


その他のダウンロード