ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 サーボシステムコントローラのサンプルライブラリを探す

設定・プログラミング支援 - サンプル - サーボシステムソリューションサンプルプログラム

vol.13 予防保全 [NEW]

一覧画面に戻る

言語

日本語 英語

概要

サーボシステムソリューション(vol.13 予防保全)のサンプルプログラムです。

【システム構成】

«使用機器・ソフトウェア»

CPUユニット:R04CPU シンプルモーションユニット:RD77GF16 サーボアンプ:MR-J4-GF
基本ベース:R35B   サーボモータ:HG-SR
エンジニアリング環境:MELSOFT GX Works2(シーケンサ),MELSOFT GT Works3(GOT)

【概要】

シンプルモーションユニットRD77GF のサーボトランジェント伝送機能により,サーボアンプMR-J4-GFの機械診断データを収集するサンプルプログラムです。

【制御のポイント】

サーボアンプMR-J4-GFの機械診断データを毎月2回の収集日(1日,15日)の収集開始時刻に初回収集を実行し,2時間ごとに4回収集します。
収集されたデータは,CPUユニットのSDメモリカード上に作成されたデータベースに格納します。
収集日,収集開始時刻,収集間隔,収集回数はプログラム内で調整できます。
電源投入(CPUユニットのリセットまたは電源OFF→ON)時の時刻から30分が経過するまでは,収集開始時刻は無視されます。30分経過後の時刻が収集開始時刻を過ぎている場合,直ちに初回の収集が実行されます。
※時刻はCPUユニットの時計データを使用します。
※CPUユニットとサーボアンプMR-J4-GF の電源は,同時にONしてください。

例)毎朝9時から18時までを装置の稼働時間とし,初回収集時刻を10:00,収集間隔を2時間ごとに4回収集する場合,以下のように動作します。

サンプルライブラリ

名称サイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
vol.13 予防保全2,032,1692017-02-08vol13_prevention_r_a.zip


関連マニュアル

マニュアル    vol.13 予防保全 動作説明資料(日本語版)
マニュアル    RD77GF予防保全FBリファレンスマニュアル(日本語版)
マニュアル    RD77GF予防保全FBリファレンスマニュアル(英語版)

著作権

三菱電機株式会社

圧縮ファイルの展開手順

任意のフォルダに、ファイルをダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルを解凍すると,サンプルプログラム名のフォルダが作成されます。


[解凍方法① ZIP対応の解凍機能のあるOSの場合]

1. ダウンロードしたファイルを右クリックします。
2. 「すべて展開...」を選択してください。
「すべて展開...」の表示がない場合は,解凍方法②を行ってください。
3. 展開先を指定して、「展開」ボタンをクリックすると解凍されます。

[解凍方法② ZIP対応の解凍機能のないOSの場合]

1. ZIP対応の解凍ツールをお持ちでない方は、解凍ツールを入手してください。
2. 解凍ツールを使用して解凍します。
※解凍ツールの使用に関しては、全てお客様の責任において行ってください。


その他のダウンロード