ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

電力管理機器 省エネ支援機器のソフトウェアを探す

省エネ支援機器 - エネルギー計測ユニット EcoMonitorLight/EcoMonitorPlus - 三菱エネルギー計測ユニットMODBUS対応データ収集ソフトウェア

三菱エネルギー計測ユニットMODBUS対応データ収集ソフトウェア

一覧画面に戻る

言語

日本語

概要

本ソフトウェアは、MODBUS RTU 通信によりエネルギー計測ユニット EcoMonitorLight/EcoMonitorPlusの設定値書き込み/読み込み、計測データモニタ/ロギングおよび、ロギングデータの帳票出力が可能なソフトウェアです。

ソフトウェア

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
MODBUS対応データ収集ソフトウェア1.2.110,041,6672019-03-01emu4-sw1.zip

関連マニュアル

マニュアル YM-I-IB63775-E エネルギー計測ユニット MODBUS対応データ収集ソフトウェア 取扱説明書[ 日本語 ]

EMU4-SW1 サンプル帳票スタイル

EMU4-SW1 サンプル帳票スタイル(Zipファイル)


次の格納先にサンプル帳票スタイル(Excel®ファイル)を格納し、帳票作成時に選択することによりサンプル帳票スタイルのフォーマットで帳票を出力することができます。


【格納先】
選択した言語によりExcel®ファイルの格納先が変わります。

  • 言語が日本語の場合の格納フォルダ
     C:\Mitsubishi\Emu4sw1\Language\0411\MasterData\Monthly ←サンプル月報_EMU4-SW1.xls
     C:\Mitsubishi\Emu4sw1\Language\0411\MasterData\Daily ←サンプル日報_EMU4-SW1.xls
     C:\Mitsubishi\Emu4sw1\Language\0411\MasterData\Detailed ←サンプル詳細帳票_EMU4-SW1.xls
  • 言語が英語の場合の格納フォルダ
     C:\Mitsubishi\Emu4sw1\Language\0409\MasterData\Monthly ←SampleMonthlyReport_EMU4-SW1.xls
     C:\Mitsubishi\Emu4sw1\Language\0409\MasterData\Daily ←SampleDailyReport_EMU4-SW1.xls
     C:\Mitsubishi\Emu4sw1\Language\0409\MasterData\Detailed ←SampleDetailedMinReport_EMU4-SW1.xls

※インストール先がデフォルトの場合の格納先です。

改善履歴

No.内容対応Ver.
9MODBUS通信経由での小形表示ユニットEMU4-D65の表示モード設定機能に対応しました。
【対応機種】EMU4-BM1-MB、EMU4-HM1-MB、EMU4-VA2、EMU4-A2
1.2.1
8Microsoft® Windows®10、Excel®2016に対応しました。1.2.0
7バージョンアップ時に設定値を引き継げるようになりました。1.2.0
6端末登録画面、端末設定画面にCSV出力機能を追加しました。1.2.0
5サポート機種を追加しました。
【追加機種】EMU4-AX4、EMU4-PX4
1.2.0
4Microsoft® Windows®8.1、Excel®2013に対応しました。1.1.0
3現在値表示とデータ収集が同時に実施できるようになりました。
本機能により、S/W起動状態でのみデータ収集を行う仕様に変更となりました。
1.1.0
2サポート機種を追加しました。
【追加機種】EMU4-BM1-MB、EMU4-HM1-MB、EMU4-LG1-MB、EMU4-A2、EMU4-VA2
1.1.0
1計測点登録画面の動作を改善しました。1.0.1

ご注意

圧縮ファイルの展開手順

任意のフォルダに、ファイルをダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルを解凍すると、emu4-sw1フォルダが作成されます。

解凍方法 1)ZIP対応の解凍機能のあるOSの場合

  1. ダウンロードしたファイルを右クリックします。
  2. 「すべて展開...」を選択してください。
    「すべて展開...」の表示が無い場合は、解凍方法 2)を行ってください。
  3. 展開先を指定して、「展開」ボタンをクリックすると解凍されます。


解凍方法 2)ZIP対応の解凍機能のないOSの場合

  1. ZIP対応の解凍ツールをお持ちでない方は、解凍ツールを入手してください。
  2. 解凍ツールを使用して解凍します。解凍する際には、ディレクトリ付きで解凍してください。


※解凍ツールの使用に関しては、全てお客様の責任において行ってください。

インストール方法

  1. 「Ver1.2.1」フォルダ内の"Setup.exe"をダブルクリックすることで、簡単にセットアップを行えます。取扱説明書(第2章 ご使用前の準備)に従ってインストールを行ってください。

バージョンアップ方法

本ソフトウェアのバージョンアップを行う場合は、下記の手順に従ってください。

  1. 現行バージョンの設定ファイル(xmlファイル)をエクスポートする
  2. 現行バージョンのソフトウェアをアンインストールする
  3. 新しいバージョンのソフトウェアをインストールする
  4. 手順1でエクスポートした設定ファイル(xmlファイル)をインポートする
  5. バージョンアップ完了

※ver.1.2.0以降のソフトウェアは、バージョンアップ後に設定を引き継ぐことができます。

LAN変換器、USB変換器使用時の接続方法について

  1. 取扱説明書(5.8章、5.9章)の接続手順に従って設定を行ってください。