ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 シーケンサ MELSEC-Fのソフトウェアを探す

設定・プログラミング製品 - MELSOFT iQ Works - MELSOFT iQ Works Ver.1

MELSOFT MT Works2(日本語版)

一覧画面に戻る

言語

日本語

概要

  • モーションコントローラを使用したシステムを構築/保守するためのエンジニアリングソフトウェアのアップデート版です。
  • バージョン1.111R以降ではR32MTCPU/R16MTCPU本体OSソフトウェアバージョン01, 02に対応していません。
    本体OSソフトウェアバージョン01, 02のR32MTCPU/R16MTCPUと通信する場合はバージョン1.105K(旧バージョン)をご使用ください。
  • バージョン1.100E以降ではWindows2000に対応していません。
    Windows2000にインストールする場合はバージョン1.70Y(旧バージョン)をご使用ください。

お知らせ

【重要なお知らせ】
MT Works2 ver.1.155Mについて、Q173CPU/Q172CPU/Q173HCPU/Q172HCPUのモーションSFC変換機能に不備がありました。
ダウンロードされたお客様でQ173CPU/Q172CPU/Q173HCPU/Q172HCPUを御使用のお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、以下に掲載しております最新版にバージョンアップをお願い致します。
本件に対するお問合せ、ご不明な点がございましたらお近くの支社までお問合せください。

【R32MTCPU/R16MTCPU使用の場合】
バージョン 1.111R以降では、本体OSソフトウェアバージョン 02以前に対してデータを書き込むことができません。
バージョン 1.111R以降を使用する場合は、本体OSソフトウェアバージョン 03以降にアップデートしてご利用ください。
本体OSソフトウェアのダウンロードは、

対象形名

SW1DND-MTW2-J、SW1DNC-MTW2-J

ソフトウェア

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル備考
MELSOFT MT Works2
(アップデート 日本語版)
1.165X1,169,257,6452021-02-12sw1dnd-mtw2-j_165x.zip同梱ソフトウェア: MR Configurator2 Ver.1.115V
R32MTCPU/R16MTCPU
本体OSバージョン02以前用
1.105K922,901,3572014-11-14sw1dnd-mtw2-j_105k.zip同梱ソフトウェア: MR Configurator2 Ver.1.33K
Windows 2000 対応最終版1.70Y521,244,2052014-02-07sw1dnc-mtw2-j_70y.zip同梱ソフトウェア: MR Configurator2 Ver.1.23Z


【インストール時の注意事項】
バージョン1.160S以降をインストールすると、同一パソコンにインストールしたMELSOFT製品のバージョンの組合せによって、問題が発生する場合があります。
詳細は以下のテクニカルニュースを参照してください。
)[ 日本語 ]
)[ 英語 ]

対応OS

  • Windows® 10、 
  • Windows® 8.1、 
  • Windows® 8、 
  • Windows® 7

関連ソフトウェア

ソフトウェア名 形名 バージョン
MR Configurator2
MELSOFT Update Manager

関連マニュアル

マニュアル BCN-B62008-355-H MELSOFT MT Works2インストール手順書[ 日本語 ]
マニュアル IB-0300141-AL MT Developer2(Version1)セットアップガイダンス[ 日本語 ]


MT Developer2で追加した主な新規機能

  • CPUの略称は、次のとおりです。
    R:R32MTCPU/R16MTCPU、QDS:Q173DSCPU/Q172DSCPU、QD:Q173DCPU(-S1)/Q172DCPU(-S1)、QMS:Q170MSCPU(-S1)、
    QM:Q170MCPU、QH:Q173HCPU/Q172HCPU、Q:Q173CPU(N)/Q172CPU(N)、全CPU:CPUすべて

○:該当,-:非該当

No. 内容 CPU SV13 SV22 SV43 SV54 対応Ver. カテゴリ
261 MELSOFT Update Managerに対応しました。 全CPU 1.165X 機能追加
260 MT Works2待機中におけるパソコンのCPU使用率が軽減されるように改善しました。 全CPU 1.165X 性能向上
259 モーションSFCプログラムのボックスの選択切換え時、ドッキングウィンドウ「デバイスコメント」を表示させているときの表示性能を改善しました。 全CPU 1.165X 性能向上
258 株式会社アイエイアイ製IAI電動アクチュエータ用コントローラのエラーコードを追加しました。 R/QDS
QMS
1.165X ユニット対応
257 複数コメント表示設定の「複数コメント表示を有効にする」を選択したことがあるプロジェクトにおけるクロスリファレンスの検索性能を向上しました。 R 1.165X 性能向上

【これまでに追加した新規機能】


MT Developer2 Ver.1.160S → Ver.1.165Xへの主な改善履歴(2021/2)

○:該当,-:非該当

No. 内容 SV13 SV22 SV43 SV54
1 R64MTCPU/R32MTCPU/R16MTCPUの機種間での流用・機種変更にて、同期制御パラメータの名称が流用されない問題を解決しました。(プロジェクト操作)
2 R64MTCPU/R32MTCPU/R16MTCPU/Q173DSCPU/Q172DSCPU/Q170MSCPU(-S1)にて、サーボデータ設定画面のタイトルセルに表示される軸ラベルについて、改行位置を見直し、軸名称が把握しやすくなるようにしました。(サーボデータ設定)
3 モーションSFCプログラムにて、RUN中書込みを実行してもウォッチ停止しないように改善しました。(デバイスモニタ)
4 デバイスコメント画面のコメント列をコピーしてMicrosoft Excelに貼り付けすると、1列余分に貼り付けされる問題を解決しました。(デバイスコメント)
8 デジタルオシロについて、サンプリング自動保存先フォルダの選択時、現在のユーザがアクセスできないフォルダを選択したときに、保存できないことを警告するように改善しました。(デジタルオシロ)

【これまでの改善履歴】


改善履歴の注意事項

  1. 改善履歴は主要な内容について記載しております。
  2. お客様の使用条件等により現象が記載内容と異なることがあります。

ダウンロードからインストールまでの手順


圧縮ファイルの展開手順

  1. パソコンのハードディスク上に任意のフォルダを作成する。
  2. 作成した任意のフォルダにファイルをダウンロードし保存する。
  3. ダウンロードしたファイルを右クリックして「すべて展開」を選択する。
    ※ZIP対応の解凍機能がないOSの場合にはZIP形式のファイル対応の解凍ツールを利用して解凍してください。
    ※解凍ツールを利用する際には、ディレクトリ付きで解凍してください。
  4. 任意のフォルダ中にsw1dnd-mtw2-j_xxxフォルダが解凍される。(xxxはバージョンにより異なります)
    ※パス名の全長は半角100文字以内となるようにしてください。インストールが正しく行われないことがあります。

インストール方法

  1. sw1dnd-mtw2-j_xxxフォルダの中のsw1dnd-mtw2_xxx.exeを実行する。
  2. インストーラーのメッセージに従いインストールを行う。

MELSOFT MT Works2がインストールされていない場合の新規インストール手順

  • 下記内容をご覧ください。

その他


その他のダウンロード