ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 シーケンサ MELSEC - ネットワーク関連製品のソフトウェアを探す

サンプルプログラム・ライブラリ - CC-Link IEフィールドネットワーク - IO-Linkユニット

NZ2GF12A-60IOLH8用FBライブラリ(MELSEC-Q/L対応)

一覧画面に戻る

言語

日本語 英語

概要

CC-Link IEフィールドネットワーク防水タイプリモートIO-Linkユニット用のFBライブラリです。

対象形名

NZ2GF12A-60IOLH8

対象エンジニアリングツール

GX Works2

タイプ

FB

サンプルライブラリ

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
NZ2GF12A-60IOLH8用FB(日本語)1.00A3,544,0812018-04-27fb-nz2gf12a-60iolh8_v100a_j.zip
NZ2GF12A-60IOLH8用FB(英語)1.00A3,428,0582018-04-27fb-nz2gf12a-60iolh8_v100a_e.zip

関連マニュアル

マニュアル FBM-M213-A CC-Link IEフィールドネットワーク防水タイプリモートIO-LinkユニットFBリファレンス(MELSEC-Q/L対応)[ 日本語 ]
マニュアル FBM-M214-A CC-Link IE Field Network Waterproof Remote IO-Link Module Function Block Reference (For MELSEC-Q/L)[ 英語 ]

FB名 機能名 内容 Ver.
M+NZ2GF12A-60IOLH8_CCIEFIOAdv アドバンス設定 各CHのプロセスデータサイズ及び動作の設定を行います。 1.00A
M+NZ2GF12A-60IOLH8_RdEventData イベントデータ読出し 指定CHのイベントデータの読み出しを行います。 1.00A
M+NZ2GF12A-60IOLH8_RdIdtData ゲートウェイ識別データ読出し 防水タイプリモートIO-Linkユニットのゲートウェイ識別データの読み出しを行います。 1.00A
M+NZ2GF12A-60IOLH8_RdInitOprSet イニシャル動作設定読出し 防水タイプリモートIO-Linkユニットのイニシャル動作設定の読み出しを行います。 1.00A
M+NZ2GF12A-60IOLH8_RdISDUData ISDUデータ読出し 指定CHのISDUデータの読み出しを行います。 1.00A
M+NZ2GF12A-60IOLH8_RdStrData ストレージデータ読出し 指定CHのストレージデータの読み出しを行います。 1.00A
M+NZ2GF12A-60IOLH8_WtDataStrSet データストレージ設定書込み 各CHにデータストレージ設定の書き込みを行います。 1.00A
M+NZ2GF12A-60IOLH8_WtInitOprSet イニシャル動作設定書込み 防水タイプリモートIO-Linkユニットにイニシャル動作設定の書き込みを行います。 1.00A
M+NZ2GF12A-60IOLH8_WtISDUData ISDUデータ書込み 指定CHにISDUデータの書き込みを行います。 1.00A
M+NZ2GF12A-60IOLH8_WtDeviceValid デバイス検証設定書込み 指定CHのデバイス検証の設定を行います。 1.00A

ファイルの使用注意事項

以下のGX Works2がインストールされているパソコンにFBライブラリのインストールを行ってください。

  1. GX Works2(日本語版) Version1.09K以降
  2. GX Works2(英語版) Version1.09K以降

インストール方法

  1. fb-nz2gf12a-60iolh8_v100a_jフォルダまたはfb-nz2gf12a-60iolh8_v100a_eフォルダの中のsetup.exeを実行します。
  2. インストーラーのメッセージに従いインストールを行ってください。

MELSOFT Libraryの使用方法

  1. プロジェクトメニューより、[ライブラリ操作]-[ライブラリをプロジェクトに取得]を選択します。
  2. [ライブラリをプロジェクトに取得]ダイアログにて、インストールしたライブラリと必要なFBを選択して[OK]ボタンを押下します。
  3. 部品選択ウィンドウから取得したFBをプログラムに貼り付けます。

MELSOFT Libraryの使用注意事項

  1. MELSOFT LibraryのFBライブラリをシステムへ流用するときは、対象システムにおいて、制御に問題がないことを十分検証してください。


その他のダウンロード