ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 シーケンサ MELSEC iQ-Rのソフトウェアを探す

サンプルプログラム・ライブラリ - 情報/ネットワークユニット - C言語インテリジェント機能ユニット

iQ-RシリーズC言語インテリジェント機能ユニット(RD55UP06-V)用サンプルプログラム集

一覧画面に戻る

言語

日本語 英語

概要

RD55UP06-V形C言語インテリジェント機能ユニット用のサンプルプログラムです。

対象形名

RD55UP06-V

対象エンジニアリングツール

CW Workbench
Wind River Workbench

タイプ

C言語

サンプルライブラリ

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
サンプルプログラム(日本語版)1.01B3,030,8072018-02-21c-rd55up06-v_v101b_j.zip
サンプルプログラム(英語版)1.00A1,641,5022016-01-29c-rd55up06-v_v100a_e.zip

関連マニュアル

マニュアル SH-081563-F MELSEC iQ-R C言語インテリジェント機能ユニットユーザーズマニュアル(スタートアップ編)[ 日本語 ]
マニュアル SH-081564-I MELSEC iQ-R C言語インテリジェント機能ユニットユーザーズマニュアル(応用編)[ 日本語 ]
マニュアル SH-081565-C MELSEC iQ-R C言語インテリジェント機能ユニットプログラミングマニュアル[ 日本語 ]
マニュアル SH-081755-D MELSEC iQ-R C言語コントローラ/C言語インテリジェント機能ユニットプログラミングマニュアル(データ解析編)[ 日本語 ]
マニュアル SH-081372-K CW Workbench/CW-Sim オペレーティングマニュアル[ 日本語 ]
マニュアル SH-081373ENG-K CW Workbench/CW-Sim Operating Manual[ 英語 ]

フォルダ名 プログラム名 説明
Distribute Distribute_RD55.c 専用命令(G(P).CEXECUTE)により、実行を指示されるユーザ関数を登録するサンプルプログラム
Distribute_RD55.gx3(※1) 専用命令(G(P).CEXECUTE)を実行するサンプルプログラム
Gateway Gateway_RD55.c FTPサーバへ、バッファメモリから読み出した値を格納したファイルを送信するサンプルプログラム
LabelAccessChanRBF LabelAccessChanRBF_RD55.c MELSEC iQ-Rシリーズ通信関数サンプルプログラムバス経由ラベルアクセス
LabelAccessChanRBF_RD55.gx3(※1) 専用命令(G(P).CEXECUTE)を実行するサンプルプログラム
Logging Logging_RD55.c シーケンサCPUからロギング開始通知を受信し、デバイスをロギングするサンプルプログラム
Logging_RD55.gx3(※1) ロギングを実行するサンプルプログラム
CrossPoint_Test(※3) プロジェクト CrossPoint_Test CrossPoint_Test.c SDカードから波形データを取得し、基準値との交差点算出や上下限判定、上下限波形判定を行うサンプルプログラム
実行環境 ROM CrossPoint_Test.out CrossPoint_Testプロジェクトから生成されたサンプルプログラム実行ファイル
STARTUP.CMD ユニット立上げ時に起動するサンプルプログラムのロードやタスクの起動を記述するスクリプトファイル
波形データ LowerWave.CSV 上下限波形判定で使用する判定値(下限波形)データのサンプル
UpperWave.CSV 上下限波形判定で使用する判定値(上限波形)データのサンプル
wave.CSV 基準値との交差点算出と上下限判定、上下限波形判定で使用する波形データのサンプル
Filter_FFT(※3) プロジェクト Filter_FFT Filter_FFT.c ディジタルフィルタ演算・包絡線算出・FFT演算を行うサンプルプログラム
実行環境 ROM Filter_FFT.out Filter_FFTプロジェクトから生成されたサンプルプログラム実行ファイル
STARTUP.CMD ユニット立上げ時に起動するサンプルプログラムのロードやタスクの起動を記述するスクリプトファイル
- Filter_FFT.gx3 高速アナログ-ディジタル変換ユニットの連続ロギング機能で波形データを取得し、C言語インテリジェント機能ユニットに送信するGX Works3用サンプルプログラム(※2)
DataFeatureCalc(※3) プロジェクト DataFeatureCalc DataFeatureCalc.c SDカードから入力データを取得し、移動平均を求める。その移動平均データに対し、ピーク値算出・実効値算出・標準偏差算出・分散算出を行う。
実行環境 ROM DataFeatureCalc.out DataFeatureCalcプロジェクトから生成されたサンプルプログラム実行ファイル
STARTUP.CMD ユニット立上げ時に起動するサンプルプログラムのロードやタスクの起動を記述するスクリプトファイル
波形データ wave.CSV 移動平均算出で使用する入力データ(正弦波)のサンプル
LeastSquare(※3) プロジェクト LeastSquare LeastSquare.c SDカードからデータ(X座標、Y座標)を取得し、最小二乗法を用いて多項式の係数・定数と重相関係数を求める。
実行環境 ROM LeastSquare.out LeastSquareプロジェクトから生成されたサンプルプログラム実行ファイル
STARTUP.CMD ユニット立上げ時に起動するサンプルプログラムのロードやタスクの起動を記述するスクリプトファイル
入力データ DataXY.CSV 最小二乗法演算に使用するデータ(X軸、Y軸)のサンプル

(※1) GX Works3はバージョン1.019以降を使用して下さい。
(※2) GX Works3はバージョン1.036以降を使用して下さい。
(※3) サンプルプログラム(日本語版)のみ対応

ファイルの仕様注意事項

  1. CW Workbench(SW1DND-CWWR-E)がインストールされているパソコンにインストールを行ってください。

圧縮ファイルの展開手順

任意のフォルダに、ファイルをダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルを解凍すると、c-rd55up06-v_v101b_j(c-rd55up06-v_v100a_e)フォルダが作成されます。

解凍方法 1) ZIP対応の解凍機能のあるOSの場合

  1. ダウンロードしたファイルを右クリックします。
  2. 「すべて展開...」を選択してください。
    「すべて展開...」の表示がない場合は、解凍方法 2) を行ってください。
  3. 展開先を指定して、「展開」ボタンをクリックすると解凍されます。


解凍方法 2) ZIP対応の解凍機能のないOSの場合

  1. ZIP対応の解凍ツールをお持ちでない方は、解凍ツールを入手してください。
  2. 解凍ツールを使用して解凍します。


※解凍ツールの使用に関しては、全てお客様の責任において行ってください。

サンプルプログラムの使用方法

MELSEC iQ-R CW Workbench/CW-Simオペレーティングマニュアルを参照してください。

サンプルプログラム使用上の注意事項

本サンプルファイルを実システムで使用する際は、お客様の責任において事前にその動作の十分な検討を行ってください。


その他のダウンロード