ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 シーケンサ MELSEC iQ-Rのソフトウェアを探す

ファームウェア - 情報/ネットワークユニット - CC-Link IE TSN マスタ・ローカルユニット

RJ71GN11-T2用ファームウェアアップデート情報ファイル

一覧画面に戻る

言語

日本語 英語

概要

RJ71GN11-T2専用のファームウェアです。言語には依存しません。
ファームウェアバージョン01以降のユニットにインストール可能です。

対象形名

RJ71GN11-T2 

ソフトウェア

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
RJ71GN11-T212(最新版)5,253,9552020-11-12rj71gn11-t2_12.zip
RJ71GN11-T2115,252,8222020-07-30rj71gn11-t2_11.zip
RJ71GN11-T2105,253,9622020-05-29rj71gn11-t2_10.zip
RJ71GN11-T2055,253,9622020-01-16rj71gn11-t2_05.zip
RJ71GN11-T2045,253,1472019-10-31rj71gn11-t2_04.zip

関連マニュアル

マニュアル SH-081222-AA MELSEC iQ-R ユニット構成マニュアル[ 日本語 ]
マニュアル SH-081262ENG-AA MELSEC iQ-R Module Configuration Manual[ 英語 ]

ファームウェアバージョン12で追加した新規機能(2020/11)

No. 内容
1 CC-Link IE TSN 通信ソフトウェアに対応しました。

ファームウェアバージョン 11 → 12への改善履歴(2020/11)

No. 内容
1 Ethernet機能のTCP/IPによる交信において、コネクションをオープンしたまま、60秒より長い間隔を空けて送信要求を行うと、要求は正常完了するがデータが送信されない場合がある問題を解決しました。
2 Ethernet機能のSLMPによる交信において、要求伝文で指定したデータ長と実際のデータ長が異なるパケットを受信すると、通信異常が発生する問題を解決しました。
3 マスタ局のCPUで異常が発生したときに、ローカル局でSB0101/SB0111がONしない場合がある問題を解決しました。
4 マルチキャストモードにおいて、全スレーブ局のRYおよびRWwの割付けがない場合、ローカル局で他局からのRX/RWrを受信できない問題を解決しました。
5 ローカル局において、ユニット間同期対象不一致(エラーコード:3601H)が発生していても、サイクリック伝送を開始する場合がある問題を解決しました。
6 マルチキャストモードにおいて、スイッチングハブに接続した末端のスレーブ局が解列しても、ハブの末端側へサイクリックフレームが流れ続ける場合がある問題を解決しました。
7 マスタ局のネットワーク構成設定において、スレーブ局のパラメータ処理を実行すると、GX Works3でエラーが発生する場合がある問題を解決しました。
8 データリンク異常局設定を「クリア」、かつ局単位ブロック保証を「保証する」に設定したときに、全局が解列すると、RXの一部が早くクリアされる場合がある問題を解決しました。
9 スイッチングハブにネットワーク構成設定に存在しないスレーブ局が接続されている構成において、当該スレーブ局が解列/復列を繰り返すと、マスタ局で「ネットワークユニットの異常を検出した。(エラーコード:DA13H)」が発生する場合がある問題を解決しました。
10 リング接続の構成で、スレーブ局間のケーブルが断線すると、ローカル局からのトランジェント伝送ができなくなる場合がある問題を解決しました。
11 特定のリンクデバイスの割付設定を行うと、一部のSB/SWとCC-Link IE TSN/CC-Link IE Field診断画面のアイコンが正しく反映されない場合がある問題を解決しました。
12 認証ClassA機器を7台以上接続した構成で、電源立上げ時に、マスタ局のCPUユニットで中度異常「ユニット重度異常(エラーコード:2450H)」が発生する場合がある問題を解決しました。
13 特定のリンクデバイスの割付設定を行うと、CANopen通信に対応した機器とのサイクリックデータが不正な値になる場合がある問題を解決しました。
14 ユニキャストモードで、1Gbpsのマスタ局に100Mbpsの機器を接続するとき、ポート両方を使用できるように改善しました。
15 末端に接続されたローカル局でネットワーク同期通信のパラメータ異常が発生したときに、CC-Link IE TSN/CC-Link IE Field診断画面で当該異常局を表示するように改善しました。
16 <重要>脆弱性対策を強化しました。

アップデートに使用するエンジニアリングツールのバージョン

Version 1.060N 以降のGX Works3 を使用してアップデートを行ってください。

アップデートの注意事項

  1. GX Works3のファームウェアアップデート機能によりアップデートできます。


その他注意点はマニュアルを参照してください。