ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 サーボシステムコントローラのソフトウェアを探す

設定・プログラミング製品 - MELSOFT MT Works2 - MELSOFT MT Works2 Ver.1

MELSOFT MT Works2(英語版)

一覧画面に戻る

お知らせ (R32MTCPU/R16MTCPU使用の場合)

バージョン 1.111R以降では、本体OSソフトウェアバージョン 02以前に対してデータを書き込むことができません。
バージョン 1.111R以降を使用する場合は、本体OSソフトウェアバージョン 03以降にアップデートしてご利用ください。
本体OSソフトウェアのダウンロードは、

言語

英語

概要

  • モーションコントローラを使用したシステムを構築/保守するためのエンジニアリングソフトウェアのアップデート版です。
  • バージョン1.111R以降ではR32MTCPU/R16MTCPU本体OSソフトウェアバージョン01, 02に対応していません。
    本体OSソフトウェアバージョン01, 02のR32MTCPU/R16MTCPUと通信する場合はバージョン1.105K(旧バージョン)をご使用ください。
  • バージョン1.100E以降ではWindows2000に対応していません。
    Windows2000にインストールする場合はバージョン1.70Y(旧バージョン)をご使用ください。

対象形名

SW1DND-MTW2-E、SW1DNC-MTW2-E

ソフトウェア

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル備考
MELSOFT MT Works2
(アップデート 英語版)
1.155M1,144,575,0492019-11-14sw1dnd-mtw2-e_155m.zip関連ソフトウェア: MR Configurator2 Ver.1.105K
R32MTCPU/R16MTCPU
本体OSバージョン02以前用
1.105K922,657,2592014-11-14sw1dnd-mtw2-e_105k.zip関連ソフトウェア: MR Configurator2 Ver.1.33K
Windows 2000 対応最終版1.70Y531,621,7752014-03-26sw1dnc-mtw2-e_70y.zip関連ソフトウェア: MR Configurator2 Ver.1.21X

対応OS

  • Windows® 10、 
  • Windows® 8.1、 
  • Windows® 8、 
  • Windows® 7、 
  • Windows Vista®、 
  • Windows® XP

関連ソフトウェア

  • 本ダウンロードモジュールにてインストールいただくと、「MR Configurator2」もインストールされます。
  • を参照願います。現在のアップデートバージョンは、です。

関連マニュアル

マニュアル BCN-B62008-364-E MELSOFT MT Works2 Installation Instructions[ 英語 ]
マニュアル IB-0300142-AF MT Developer2(Version1) Setup Guidance[ 英語 ]


MT Developer2で追加した主な新規機能

  • CPUの略称は、次のとおりです。
    R:R32MTCPU/R16MTCPU、QDS:Q173DSCPU/Q172DSCPU、QD:Q173DCPU(-S1)/Q172DCPU(-S1)、QMS:Q170MSCPU(-S1)、
    QM:Q170MCPU、QH:Q173HCPU/Q172HCPU、Q:Q173CPU(N)/Q172CPU(N)、全CPU:CPUすべて

○:該当,-:非該当

No. 内容 CPU SV13 SV22 SV43 SV54 対応Ver. カテゴリ
253 同期制御モニタ画面において、合成ギアの結合状態に関わらず、モニタ表示できるように改善しました。 R/QDS
QMS
1.155M 操作性向上
252 同期制御イメージ/モニタ画面にて、対象の出力軸が存在しない場合、出力軸なしのイメージを表示して対象の出力軸が存在しないことが判断できるように改善しました。 R/QDS
QMS
1.155M 操作性向上
251 同期制御パラメータ画面において、機械構成画面の倍率表示に対応しました。 R/QDS
QMS
1.155M 操作性向上
250 デバイスの検索において、ワードデバイス名でワードデバイスのビット指定されたデバイスも検索されるように改善しました。 全CPU 1.155M 操作性向上
249 デバイス使用リストにおいて、ワードデバイスのビット指定されたデバイスを使用している場合も表示されるように改善しました。 R 1.155M 操作性向上
248 ラベルのインテリセンス機能において、ラベル選択中に表示するツールヒントにデバイス名、コメントが表示されるように改善しました。 R/QDS
QMS/QD
QM
1.155M 操作性向上
247 モーションSFCプログラムウィンドウについて、プログラム名称の前にプログラム番号を表示するように改善しました。 全CPU 1.155M 操作性向上

【これまでに追加した新規機能】


MT Developer2 Ver.1.150G → Ver.1.155Mへの主な改善履歴(2019/11)

○:該当,-:非該当

No. 内容 SV13 SV22 SV43 SV54
1 Rシリーズプロジェクトにおいて、モーションシミュレータにRシリーズ共通パラメータ-マルチCPU設定のリフレッシュ(I45実行時)が未設定でも、定周期データ送信区間超過を「停止する」に設定すると、「エラー2622(H):マルチCPU間同期処理異常」が発生してしまう場合がある問題を解決しました。(シミュレータ)
2 Q173DSCPU/Q172DSCPU/Q170MSCPUにおいて、サーボプログラムが未変換状態でCPU書込みすると、サーボプログラムテキスト情報が正しく書込みできず、CPUからサーボプログラムを読み出したプロジェクトでサーボプログラムのRUN中書込みできなくなる場合がある問題を解決しました。(サーボプログラム)
3 R64MTCPU/R32MTCPU/R16MTCPUにおいて、非常に大きなサーボプログラムをCPU書込みすると書込みエラーが発生することがあり、その後にサーボプログラムの読出しを実行するとMT Developer2の動作が不安定になることがある問題を解決しました。(サーボプログラム)
4 Rシリーズプロジェクトにおいて、サーボプログラムのプロジェクト照合を行う場合に、未使用の軸番号を指定すると、pulse単位として照合してしまう問題を解決しました。(サーボプログラム)
5 Q173DSCPU/Q172DSCPU/Q170MSCPUにおいて、プログラムステップ数が非常に大きいCPSTART命令を作成し、プログラム変換を行うとMT Developer2の動作が不安定になることがある問題を解決しました。(サーボプログラム)

【これまでの改善履歴】


改善履歴の注意事項

  1. 改善履歴は主要な内容について記載しております。
  2. お客様の使用条件等により現象が記載内容と異なることがあります。

ダウンロードからインストールまでの手順

圧縮ファイルの展開手順

  1. パソコンのハードディスク上に任意のフォルダを作成する。
  2. 作成した任意のフォルダにファイルをダウンロードし保存する。
  3. ダウンロードしたファイルを右クリックして「すべて展開」を選択する。
    ※ZIP対応の解凍機能がないOSの場合にはZIP形式のファイル対応の解凍ツールを利用して解凍してください。
    ※解凍ツールを利用する際には、ディレクトリ付きで解凍してください。
  4. 任意のフォルダ中にsw1dnd-mtw2-e_xxxフォルダが解凍される。(xxxはバージョンにより異なります)
    ※パス名の全長は半角100文字以内となるようにしてください。インストールが正しく行われないことがあります。

インストール方法

  1. sw1dnd-mtw2-e_xxxフォルダの中のsw1dnd-mtw2_xxx.exeを実行する。
  2. インストーラーのメッセージに従いインストールを行う。

MELSOFT MT Works2がインストールされていない場合の新規インストール手順

インストール時の注意事項

  • .NET Framework2.0およびDirectX9.0c以降が搭載されている必要があります。
  • MELSOFT MT Works2製品ディスクよりインストール後、.NET Framework 2.0、DirectX 9.0c 以降をアンインストールしている場合は下記手順にて再インストールを行ってください。

Windowsのバージョンにおけるモジュールの標準搭載状況

○:搭載済み,×:非搭載

モジュール名 Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 Windows XP Windows 2000
.NET Framework 2.0 × ×
DirectX 9.0c 以降 ○(SP2以降) ×
  • 各モジュールが搭載されているかを確認するには、下記ページの内容に従ってください。

.NET Framework 2.0およびDirectX 9.0cが搭載されていない場合

下記インストール方法の手順1または手順2でダウンロードモジュールのインストールを行ってください。

手順1.製品ディスクを使用してインストールする方法

  1. MT Developer2をアンインストールする。
  2. 製品ディスクを使用してMT Developer2をインストールする。
  3. 本ダウンロードモジュールを使用してアップデートを行う。

手順2.マイクロソフトのダウンロードサイトを使用してインストールする方法

  1. .NET Framework 2.0をダウンロードしインストールする。(インストール済みの場合は不要)
    マイクロソフト ダウンロードセンター新しいウインドウで「マイクロソフト ダウンロードセンター」ページが開きます
  2. DirectX 9.0cもしくは以降のバージョンをダウンロードしてインストールする。(インストール済みの場合は不要)
    マイクロソフト ダウンロードセンター新しいウインドウで「マイクロソフト ダウンロードセンター」ページが開きます
  3. 本ダウンロードモジュールを使用してアップデートを行う。

その他


その他のダウンロード