ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

FATECトレーニングスクール FA機器・配電制御機器関連

シーケンサMELSEC

MESインタフェース基礎  コース  

MESインタフェースユニットにより、データ通信用のプログラムを作成することなく、シーケンス制御システムとITシステムのデータベースを連携させることなどを、実機を使用して学習します。 また、「FA機器eラーニング   生産の見える化基礎(MESインタフェースユニット編)」 を事前学習いただきますと、よりご理解いただけます。

受講対象者 初めてMELSEC MESインタフェースユニットを使う方。
基礎 : MELSEC iQ-Rプログラミング(GX Works3版)基礎 : MELSEC-Qプログラミング(GX  Works2版)のうち1コース修了者、またはシーケンサ使用経験のある方。
Windowsパソコンの操作経験のある方。
使用テキスト
実習用プログラム 実習で使用するプログラムをダウンロードできます。
実習用サンプルプログラム
実習機 iQ-R MESインタフェース用実習機

iQ-R MESインタフェース用実習機

内  容
  1. MESインタフェースの概要
  2. 実習機の構成
  3. MESインタフェース使用の準備
  4. 基本的な機能
  5. MESインタフェースユニットの設定
  6. トラブルシュート
(注)
会場により、実機や内容が多少異なることがありますが、どこの会場で受講いただいても同じ製品知識を習得いただけます。

開催会場及び日程・空席状況

名古屋