ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

FATECトレーニングスクール FA機器・配電制御機器関連

SCADA MC Works64

MC Works64基礎 コース

MC Works64を用いた視認性に優れた監視画面の作成、データ収集による製造工程の「見える化」を実習します。また、MESインタフェースユニットを組み合わせたFA機器のデータ収集、およびデータ活用のためのデータベース連携も実習します。

受講対象者 ・初めてMC Works64を使う方
MESインタフェース基礎コースの修了者またはMESインタフェース使用経験者
使用テキスト
実習用プログラム 近日公開予定
実習機 ・iQ-R MESインタフェース用実習機
・パソコン
・GX Works3
・MC Works64リアルタイムデータアナライザ用実習機


(注)実習での作成画面とは異なります。

内 容
  1. MC Works64、SCADAなどの概要
  2. 実習機の立上げ
  3. データベースやソフトウェア環境の構築
  4. パラメータ設定
  5. 実習1(稼働監視画面の作成)
  6. 実習2(MESインタフェースユニットとの連携))
(注)
会場により、実機や内容が多少異なることがありますが、どこの会場で受講いただいても同じ製品知識を習得いただけます。
 

開催会場及び日程・空席状況

名古屋