ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

MELSEC-Fシリーズ

FX3S,FX3G,FX3GC,FX3U,FX3UCシーケンサの位置決め機能(基本ユニット:トランジスタ出力タイプ)

FX3S,FX3G,FX3GC,FX3U,FX3UCシーケンサの位置決め機能(基本ユニット:トランジスタ出力タイプ)

●位置決め専用の特殊増設機器を必要としないため、安価なシステム構成が実現します。
●1速位置決めや繰り返し位置決めがシーケンサ単体で手軽に行えます。
●位置決め専用命令を標準搭載しています。新搭載の一括設定位置決め命令(DTBL)では、GX Developerで設定した位置決め運転の番号をシーケンスで指定するだけで、位置決めが実行できます。
 (FX3S:DTBL命令は使用できません)
●独立3軸で、出力Y000, Y001, Y002(トランジスタ出力)に最大100kHzのパルス列を出力できます。
 (FX3SとFX3Gの14点/24点タイプとFX3GCは独立2軸)

システム構成(例)

システム構成(例)

※1:FX3SとFX3Gの14点/24点タイプとFX3GCは独立2軸

一括設定位置決め(DTBL)命令

一括設定位置決め(DTBL)命令

対応命令 内容
DVIT(FNC151)※2 割込み位置決め
PLSV(FNC157) 可変速パルス出力
DRVI(FNC158) 相対位置決め
DRVA(FNC159) 絶対位置決め

※2:FX3U,FX3UCのみ対応

仕様

項目 仕様
パルス出力 トランジスタ出力タイプの基本ユニットのY000,Y001,Y002に、それぞれ最大100kHzを出力可能(独立3軸、FX3SとFX3Gの14/24点タイプとFX3GCは2軸)。
回転方向信号出力付
出力(Y000〜Y002) トランジスタ出力:オープンコレクタ(必ずトランジスタ出力タイプの基本ユニットを使用してください)
使用電圧,電流範囲:DC5〜24V/10〜100mA
プログラム言語 【パルス出力命令:2種】
パルス出力(PLSY), 加減速付パルス出力(PLSR)

:FX3SとFX3Gの14/24点タイプとFX3GCはY000〜Y001